Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover health, medicine, psychology and neuroscience.

Mita Stock Images / shutterstock.com

子どものころに経験したストレスと成人になってからの行動や心的状態、不安障害との関連性は、新たな研究結果が発表されるごとに明確になってきている。

私たちが子どものころに経験することは、長年にわたって私たちの心身から消えることなく残る場合が多い。特に、何の治療も受けなかった場合にはそうなる傾向がある。ペンシルベニア大学の研究チームが先ごろ医学誌「Journal of Clinical Psychiatry(臨床精神医学ジャーナル)」に発表した論文によると、10代の終わりまでに女性が経験したストレスや心的外傷(トラウマ)は、閉経周辺期(更年期)になってうつ病を発症するリスクを高める要因であることが分かった。

この関連性をもたらすものがどこにあるのかについては、完全には解明されていない。だが、ストレスや生殖ホルモン、炎症マーカーなど、分子レベルに存在する可能性が高いとみられている。

研究チームは閉経前(35~47歳)の243人の女性を対象に16年間に及ぶ追跡調査を実施した。調査対象者にはこの間、心的状態や認知的な問題に関する検査、ホルモン検査を定期的に実施。閉経の時期も報告してもらった。そして、調査期間の終了前、幼児期から10代のころに感じたストレスやトラウマになっている経験などについてのアンケートに答えてもらった。

女性たちが経験したことのうち、トラウマになっていることの大半は、思春期を迎える前に起きたことだった。それらには、精神的な虐待、依存症患者との同居、両親の離別や離婚が含まれる。そして、トラウマになっていることが2つ以上ある場合、その女性が更年期にうつ病を発症する可能性は2倍以上に高くなっていたことが分かった。

この新たな研究結果は、人生の非常に早い時期に受けたトラウマと閉経期のうつ病との関連性には、それを説明し得るメカニズムが存在する可能性を示している。ただ、潜在的な関連性を理解するためには、さらなる研究が必要となる。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい