Close

いつでもForbes JAPANが楽しめる
電子版最新号を全員にプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about technology's biggest companies

iPhone 7(左)とiPhone 6(右)、見た目はほぼ同じだ (photo by Gonzalo Arroyo Moreno / gettyimages)

アップルがiPhone 7を一番売り込みたいのは、iPhone 6のユーザーだ。6Sのユーザーの多くは購入時の契約期間がまだ残っているため、すぐにアップグレードすることはできない。それに対し、記録的な売上を達成したiPhone 6はユーザー数が非常に多く、格好のターゲットなのだ。

しかし、iPhone 6のユーザーにとって、iPhone 7は本当にアップグレードする価値がある端末なのだろうか。以下に両端末の違いを紹介してみよう。

デザインとサイズ

iPhone 6とiPhone 7のサイズはほとんど同じで、一見すると見分けがつかない。

・iPhone 6:138.1 x 67 x 6.9 mm / 129 g
・iPhone 7:138.3 x 67.1 x 7.1 mm / 138 g

しかし、似ているのは表面だけで中身は大きく異なる。iPhone 7には「7000シリーズアルミニウム」が採用されており、iPhone 6よりも強固だ。また、iPhone 7は防水仕様で水に浸かった状態で30分間耐えることができ、ホームボタンは感圧式に変更されている。また、iPhone 7はiPhone史上初めてステレオスピーカーを搭載している。

大きな物議を醸した変更点もある。それは、3. 5ミリのヘッドホンジャックの廃止だ。これにより、ユーザーは充電やヘッドホンで音楽を聴く際にはLightning端子で接続しなければならない。有線イヤホンを使いたいユーザーはアダプタを持ち歩かなければならないため、iPhone 7への切り替えを躊躇する人もいるかもしれない。アップルは、iPhoneではヘッドホンジャックを廃止したが、新型MacBook Proでは存続させている。

ディスプレイ

ディスプレイもスペックを比較しただけではiPhone 7とiPhone 6の違いはわかりづらい。

・iPhone 6:IPSテクノロジー搭載4.7インチLEDバックライトワイドスクリーン、解像度1,334 x 750ピクセル(326ppi)、本体に占める画面比率65.6%
・iPhone 7:IPSテクノロジー搭載4.7インチLEDバックライトワイドスクリーン、解像度1,334 x 750ピクセル(326ppi)、本体に占める画面比率65.6%、3Dタッチ

しかし、細かい点においては様々な相違点がある。例えば、iPhone 7は最も明るい設定ではiPhone 6Sよりも25%明るくなっている(6Sは6よりも明るい)。また、iPhone 7は色域が広がり、従来よりも正確に色を表現できる。有機ELのような黒さを表現することはできないが、モバイル液晶としては過去最高水準だ。

また、iPhone 7にはiPhone 6Sと同様に3Dタッチが搭載されている。画面を押す強さを端末が感知できるようになったことで、メールを確認する際などに軽く押して「Peek(プレビュー)」したり、強く押して「Pop(全画面表示)」させることが可能になった。しかし、こうした新しい操作方法はまだそれほど普及していないのが実情だ。

パフォーマンス

iPhone 7がiPhone 6に比べて最も優れている点は、処理能力の高さだろう。それぞれのスペックは以下の通りだ。

・iPhone 6:Apple A8: デュアルコアCPU、4コアGPU、 1GB RAM
・iPhone 7:Apple A10 Fusion: クアッドコアCPU、6コアGPU、2GB RAM

iPhone 7は世界で最も処理速度の速いスマートフォンの一つで、唯一対抗できるのはグーグルの「Pixel」と「Pixel XL」くらいだ。iPhone 6Sの処理速度は、iPhone 6よりもCPUで70%、GPUで90%上回るが、iPhone 7は、そのiPhone 6SをCPUで40%、GPUで50%上回る。

また、iPhone 7はメモリの容量が増えたため、アプリを切り替えた際のリロード頻度が減る。iPhone 7には、第2世代の「Touch ID」が搭載されており、指紋認証の精度とスピードが格段に向上した。Touch IDはグーグルの「Nexus Imprint」と並び、指紋認証機能においては他社を圧倒している。

最後にiPhone 7は通信速度が下り最大450Mbitで、iPhone 6の150MbitやiPhone 6Sの300Mbitを大きく上回る。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE