Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about photography and related subjects.

photo by Anadolu Agency / gettyimages

先日グーグルが発売したスマートフォンPixelで、カメラの不具合が報告されているが、「iPhone 7 Plus」でも同様のトラブルが発生した。アップル関連の情報サイトAppleInsiderによると、一部のユーザーから不満が噴出しているという。

アップルの公式サポートコミュニティサイトには、不具合を経験したユーザーたちがiPhone 7 Plusのカメラは画質が低く、iPhone 6やiPhone 6sよりも性能が劣ると投稿している。

現在、このトラブルに関するスレッドは5ページに及び、ユーザーが実際に撮影した写真が多く掲載されている。それらを見る限り、確かに期待される画質を大きく下回る。中には、iPhone 5sの方がマシだと述べるユーザーもいるほどだ。

不具合はiPhone 7でも報告されているため、iPhone 7 Plusだけに搭載されているデュアルレンズが原因ではなさそうだ。「ストレージ最適化」を無効にしたところ問題が解決したという報告もあるが、全てのユーザーに当てはまる訳ではないようだ。

最初にこの問題について投稿したユーザーは、iOS 10.0.2で不具合が生じたと報告しているが、別のユーザーは最新バージョンにアップデートしても解決しないと述べている。「samdale67」というユーザーは、次のようにコメントしている。

「iPhone 7でiOS 10.1を使っているけど、同じ問題が起きている。まるで水彩画フィルターで加工したようだ」

原因はハードウェアではないと思われる

一部のユーザーは、サードパーティ製のカメラアプリを使ったり、RAWモードで撮影すると画質が格段に改善したと報告している。「JoeConnell」というユーザーは、アドビのLightroomアプリを使ってRAW撮影した写真と、純正カメラで撮影した写真を並べて比較している。

純正カメラで撮影した写真は、色合いが鮮やかでコントラストも強調されているが、ディテールが大幅に失われているのがわかる。このため、トラブルの原因はハードウェアではなく、画像処理を行うソフトウェアにあり、ソフトウェアを修復すれば解消するとの憶測を呼んでいる。

筆者は問題の原因を探るため、画像のExif情報を確認してみたが、ISO感度が高すぎるといった画質に影響する要素を発見することはできなかった。投稿された写真は様々な明るさのもとで撮影されており、共通する要因は見当たらない。

フォーブスのコントリビューター、ゴードン・ケリーも、グーグルPixelのレビュー記事の中でiPhone 7 Plusで撮影した写真の画質が低いと指摘しているが、アップルのサポートフォーラムに投稿された内容はそれよりはるかに深刻だ。AppleInsiderによると、アップルは問題を抱えたユーザーに対してアップルケアに連絡をするか、Genius Barに予約を入れてサポートを依頼するようアドバイスしているという。

カメラのトラブルを除けば、iPhone 7 Plusは非常に高い評価を得ている。(一般的な評価としては、サムスンのギャラクシーS7とグーグルのPixelの方が高いが)従って、今回の「水彩画効果」に悩まされているユーザーはそれほど多くないと思われるが、どれだけの数に上るのかは不明だ。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい