Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

世界の大富豪分布図

10年前に0人だった中国のビリオネアの数は、今年251人だった。富はどこに集まっているのか? 勢力図とともに、各国のもっともリッチな人物(米国はトップ3)を見ていこう。

1位 アメリカ – 540人

1. ビル・ゲイツ(資産:750億ドル)
マイクロソフト創業者でフィランソロピストのビル・ゲイツは、2014年から3年連続で「世界のビリオネア」ランキング1位に君臨。00年に妻のメリンダと立ち上げたビル&メリンダ・ゲイツ財団を通して、世界で蔓延する感染症対策や、途上国の開発支援、米国内での教育支援に取り組んでいる。

2. ウォーレン・バフェット(資産:608億ドル)
著名投資家のウォーレン・バフェットは、世界第2位の富豪になった今でも、1958年に3万1,500ドルで購入したネブラスカ州オマハの自宅に住み続けている。曰く「人生最良の買い物は、ベンジャミン・グレアムの『The Intelligent Investor』(邦題『賢明なる投資家』)」。

3. ジェフ・ベゾス(資産:452億ドル)
アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾスの総資産は452億ドルで、前年の348億ドルから大きく増加した。同社は従業員の劣悪な労働環境が問題視されてきたが、ベゾスはこれを否定。また2000年に宇宙開発企業のブルー・オリジンを設立し、低価格の宇宙旅行の実現を目指している。

2位 中国251人

王健林(ワン・ジエンリン、 資産:287億ドル)
不動産王の王健林は近年エンターテインメント分野に注力している。王が率いる大連万達は今年1月、35億ドルでアメリカの映画制作会社レジェンダリー・エンターテインメントを取得。12年にもアメリカの映画館チェーンを買収していた。

3位  ドイツ120人

ベアテ・ハイスター & カール・アルブレヒトJr.(資産:259億ドル)
ドイツのディスカウントストア、ALDI(アルディ)の創業家。アルディはヨーロッパと北米で店舗展開しており、米国内の店舗数は1,500超。食料品チェーン「トレーダー・ジョーズ」の親会社でもある。

4位  インド84人

ムケシュ・アンバニ(資産:193億ドル)
リライアンス・グループの会長。今年5月には、リライアンス子会社のリライアンス・パワーがバングラデシュに液化天然ガス(LNG)発電所を建設すると発表した。なお、リライアンス・グループは「Forbes INDIA」の発行元でもある。

5位  ロシア77人

レオニード・ミケルソン(資産:144億ドル)
ロシアの天然ガス生産・販売会社ノヴァテクのCEO。同社の天然ガスの生産量は、同国内ではガスプロムに次ぐ2番目。ウクライナ危機後の米国による制裁や原油価格の高騰で前年は資産を減らしたが、今期は返り咲いた。

文 = Forbes JAPAN

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE