Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about science, nature and technology.

Andrew Burton / gettyimages

バイアコムは、家庭用ストリーミング事業を手掛けるRokuが4,550万ドル(約51億円)を資金調達したラウンドに参加し、投資を行った。バイアコムは消費者がテレビ番組からインターネット経由の動画視聴に流れる動きが続くとみて、布石を打ったようだ。

Rokuはストリーミングプレイヤー「Roku ストリーミングスティック」など、家庭用テレビと簡単に統合できるストリーミングのプラットフォームを提供し、この数年間注目を浴びている。eMarketerによると今年末時点の米国でのユーザー数は2,500万人に成長すると見込まれ、この数字はインターネットテレビユーザー全体の15.2%に相当する。同時期のグーグルのChromecastのユーザー数は3,020万人、AppleTVのユーザー数は2,050万人と予測されている。

Rokuのこれまでの資金調達額は少なくとも2億900億ドル(約236億円)にのぼるとされる。バイアコムは以前、VineやSnapchat、ユーチューブのようなソーシャルメディアのスターのライブ番組を制作するDigiTourにも投資している。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい