応募 閉じる

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

photograph by Junji Hirose | Hair & Make-up by hiro TSUKUI(Perle) スーツ155,000円、シャツ25,000円、タイ13,000円(すべてポール・スミス コレクション)、時計33,000円(ポール・スミス ウォッチ/すべてポール・スミス リミテッド TEL:03-3486-1500)

サー・ポールが来日のために移動した総距離は、623,416 km。“サー”の称号を持つポール・スミスは、遠距離恋愛の達人だった?

「愛は数値化できるか?」多くの人が考えたことがあるかもしれない空想のテーマだ。

ファッション界には、日本を愛することに関しては、他の追随を許さないデザイナーがいる。その名はポール・スミス。彼は1984年から、欠かすことなく毎年2回来日している。それはさしずめ離れ離れになった恋人たちの、遠距離恋愛といったところか。この習慣は、彼が2000年にナイト爵位(SIR)を授与されたあとも、11年に日本が震災に見舞われた時でも決して変わることがなかった。これだけでもサー・ポール・スミスが我々に対し、律儀にそして真摯に向き合ってくれていることがわかる。気難し屋の多いこの業界では、まさに奇跡の存在と言える。

ところで、彼が英国からはるばる来日するために移動した距離は、31年間で623,416kmになる。これは地球16周分に相当するとてつもない数字だ。これでも愛は数字で測ることはできないのか?

その答えは、いわずもがなだ。

大震災ニモマケズ、愛あるショーを開催!

2011年3月11日の震災以降、多くの外資系ブランドのスタッフが日本を離れていくなか、4月の展示会に向け単独で来日したのが、ポール・スミスだ。到着するやいなや、いつも通りのルーティーンで生活し、ミーティングや取材をこなすかたわら、全国のスタッフを励まし、さらには渋谷店、丸の内店、スペース店へ出向き、ゲストたちを手厚く接客した。

また、同年10月には、『メルセデス・ベンツ ファッション・ウイーク 東京』において、12年春夏のメンズ、ウィメンズのコレクションをTOKYO用にアレンジして披露。ファーストルックのモデルは、日本人カップルを登場させ、自身は「I LOVE JAPAN」のシャツを着用するという粋な演出をした。ポールが発した冒頭の挨拶は、復興に向けて頑張る我々を思いやる優しい言葉だった。

jp

編集 = Forbes JAPAN 編集部

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい