• 幼児から学ぶ、心の健康を維持する5つのコツ

    Danielle Brooker ,

    現代に生きる私たちが自分に課すストレスやプレッシャーは、一層明らかになっている。ストレス自体は精神の病とは考えられていないものの、うつ病や不安症を引き起こしてしまうことも多い。それでも私たちの生活には、自然なインスピレーションの源となり、ストレスさえ緩和してくれる存在がいる。私たちはこの存在を、今ま ...

  • 先入観が強いと、他の可能性は無視される

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    8月、山口県で行方不明になった男児を見つけたのは、地元の人ではなく、土地勘のない「ヨソ者」だった。「ここにいるはず」という強い思い込みが、目の前にいる人の存在を、意識から消し去ってしまうのだ。8月15日、山口県の山中で3日間も行方不明になっていた2歳男児が無事保護された。嬉しいニュースだ。2歳になっ ...

  • インフルエンザの予防接種 毎年受けると免疫は下がる?

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    インフルエンザのワクチンを打つことは、下着を着るのと同じだ。前年接種したからといって、今年も接種してはいけないわけではない。また、下着と同様、インフルエンザの予防注射の効果は永遠に続くわけではない。効果の持続期間は人によって大きく異なるものの、場合によっては6カ月ほどで消えてしまう。(それでも同じ下 ...

  • 渋谷とANRI、アンリとシブヤ。渋谷の魅力を彼なら知っている

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    1990年代後半からIT系ベンチャー企業が集まり始めた渋谷。それはビットバレーと呼ばれ、渋谷は新しい時代の象徴となった。そして、現在、あらたな躍動を見せる。先進的な区長のリーダーシップ、世界規模の企業のカムバック、100年に一度とも言われる大規模な再開発で、変貌を遂げる渋谷。新旧のあらゆる事象が絡み ...

  • 瞑想がキャリアアップにつながる理由

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    現代の米国で働く人は、これまでにないほど多くのストレスにさらされている。付与されている休暇を消化することなく、過剰に働く生活を送っている。国際労働機関(ILO)によると、米国人の年間労働時間は日本人と比べ137時間多い。米国は先進国の中で最も働き過ぎている国で、男性の85%、女性の66%が週40時間 ...

  • 洗練の乗り味を堪能できる、極上のラグジュアリーネス

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アウディのセリングポイントは?と聞かれれば、多くの人が“クワトロ”と答えるだろう。それほど四輪駆動の存在を強烈に印象づけたプレミアム・ブランドは珍しい。しかし、アウディの真骨頂は“軽量化”にある。その証左にネッカーズルム工場には、軽量化技術に特化した研 ...

  • 外観はほとんどそのままに「激変」 進化したジープ・ラングラー

    ピーター ライオン , Official Columnist

    11年という歳月は、多くを変えてしまうに十分の長さだ。アップルストアに初めてiPhoneが登場したのは今から11年前で、それから10回以上アップグレードされてきた。映画「トランスフォーマー」は2007年に封切られ、その後11年間に続編4本が制作された。来月には6作目が上映される。自動車の世界での11 ...

  • 週に一度のグランピング出勤? 地方創生の鍵は副業にあり

    守屋 美佳 ,

    白馬の「八方尾根開発」が運営する国内最高クラスのグランピングフィールド「FIELD SUITE HAKUBA produced by Snow Peak」(以下、「FIELD SUITE HAKUBA」)が来春、白馬八方尾根スキー場にオープンする。宿泊費は1泊2日で8万6400円となる予定だ。この事 ...

  • 自然か人工か 健康と幸福を左右する「光の選択」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    技術を活用することで、薬剤を使わない新たな興味深い治療法が生まれる。こうした治療の選択肢からは、人間の生理学的側面を維持管理する新たなアプローチが生まれることもある。光が持つ可能性については臨床診療の分野で確立されているが、デジタルヘルス分野でも面白い機会点をもたらしてくれる。私たちは光の中に生きて ...

  • オペラという芸術こそ「最高の初体験」をするべき理由

    武井 涼子 , CONTRIBUTOR

    私の信念として、そもそも音楽とは官能的なものであると思っている。ことに、クラシック、中でも人の声、オペラは、上質の官能以外の何物でもないと確信している。だって、最初の導入から最後の最後まで、曲もセリフも全く同じ。曲に至っては聴いておぼえちゃってたりする舞台を見にいくのである。何が楽しいって「ここでこ ...

  • アリアナ・グランデが見せた「EQの高い破局の仕方」

    Christopher Rim ,

    心の知能指数(EQ)とは、自分や他人の感情を認知、理解し、自分の気持ちを適切に表現できる能力で、私生活や仕事での成功に不可欠なものだ。だが、そうした自分の気持ちへの健全な向き合い方が、ヒットチャートに入る別れの歌を生み出すことは通常ない。アリアナ・グランデは今月初め、発売予定のアルバムからのシングル ...

  • 大人の男の余裕を漂わす「ジャケット」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    持ち物にはその人の品格が出る。よい物には理由があるのだ。ファッションディレクターの森岡 弘とベテラン編集者の小暮昌弘が「紳士淑女が持つべきアイテム」を語る連載。今回は、日本のスーツブランドの代表「ダーバン」のジャケットとベストをピックアップ。森岡 弘(以下、森岡):一般的にはあまり知られていないこと ...

  • 平成最後の年に振り返る、タイと日本の「米」の変遷

    柏木 智帆 ,

    平成もまもなく終わる。米ライターとしては、米にまつわる平成史を振り返ると、平成5年(1993年)の米騒動が真っ先に頭に浮かぶ。記録的な冷夏によって米が不足し、タイ、中国、アメリカから米を緊急輸入した。そのとき、タイの長粒米は、粘りのある短粒の日本米に慣れている日本人の嗜好に合わなかったことや、炊飯器 ...

  • コーヒーが好まれるのはなぜ? 興味深い「心理的」影響が明らかに

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    コーヒー好きなら誰でも、その豊かな香りや気分が安らぐ温かさ、いれたてのコーヒーを入れたカップを手に腰を下ろす習慣がもたらす感覚などから、コーヒーを飲むことが複雑でニュアンスに富んだ経験であることを知っている。だが、コーヒーは苦く、必ずしも「最もおいしい」と感じられる味ではない。実際のところ、私たちは ...

  • マクラーレンで鈴鹿を激走、日本初「ホット・ラップ」体感。720S特別試乗体験、受付開始

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    英国に本拠を置くF1のトップコンストラクター「マクラーレン」。2009年を境にレース界だけでなく、ロードカー(市販車)市場にも本格参入し、現在はF1での地位の奪還とともに、スーパーカーの販売で、「McLaren」というブランドを再構築している。今回、Forbes JAPAN編集部は、まさにF1が開催 ...

  • 無能だった私を変えてくれた凄い人たち──クリエイティブディレクター 横尾嘉信さん(前編)

    松尾 卓哉 , Official Columnist

    このコラムでは、私の仕事の仕方、向き合い方を根本から変えてくれた恩人を紹介します。業種は違っても、何かを極めた一流の人たちの言動は、きっと、皆さんの仕事に役立つこともあると思います。6人目の今回は、クリエイティブディレクター(CD)の横尾嘉信さんです。アヒルのテレビCMでお馴染みのアフラックの担当C ...

  • 創業時からのスピリットを受け継いだ、カール F. ブヘラらしい腕時計

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    レトロ調の最新モデルここ数年、時計界のトレンドのひとつに復刻モデルがある。過去にあったモデルを現代の技術で蘇らせた腕時計である。だからデザインは、どこか懐かしい感じで、スーツスタイルなどにあわせやすい。レトロ調の最新モデルといったところだろうか。カール F. ブヘラにも復刻ではないが、過去のモデルか ...

  • 「意志あるテンプレ化」が重要 クリエイターが毎日すること、苦手なこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    これまでForbes JAPANに登場したクリエイターやアーティストに、仕事からプライベートなことまでを聞くアンケートを実施。毎週木曜日、その回答を順次紹介していく。第1回:尊敬している人物は?第2回:愛用している仕事道具は?第3回:クリエイティビティが高まる瞬間は?今回のテーマはクリエイターたちが ...

  • 日本は輸入量世界一 そもそもボジョレー・ヌーボーとは

    守屋 美佳 ,

    今年のボジョレー・ヌーボー解禁日は、11月15日。この日は毎年多くのイベントが開催され、各地で賑わいをみせる。日本人に愛されるワインの代表格「ボジョレー・ヌーボー」とは、そもそもどんなワインなのか。全輸出量の約半分は日本にボジョレー・ヌーボーとは、フランスのブルゴーニュ地方南部、ボジョレー地区でその ...

  • 代替肉商品の食塩含有量 一部は海水以上という驚きの調査結果に

    Lana Bandoim ,

    肉を含まない代替肉商品を対象とした新調査では、一部が海水以上のナトリウム濃度を持つという結果が出た。調査を行ったのは、ロンドン大学クイーン・メアリー校を拠点とし、24人の科学専門家をメンバーとする団体アクション・オン・ソルト(Action on Salt)だ。同調査が対象としたのは、ビーガンとベジタ ...