Contributor

Bay McLaughlin

I write about underreported tech stories out of China.

I've supported technology startups for the last decade. Over half of this time was spent at Apple as a founding team member of their global SMB channel and as the founder of their first Entrepreneurship Evangelism channel. To support startups at Apple, I partnered with the world’s best founders, venture capitalists, incubators and accelerators to identify and solve their most pressing strategic issues. My division at Apple has grossed more than $350M USD in sales and is still the best team globally in Apple SMB's division. The other half of my career has been spent inside of or founding startups, two of which failed, one of which exited successfully. Currently, I have equity positions in 38 companies across 18 countries, ranging from B2B SaaS platforms to the number one website in surfing and medical and drone technologies that improve lives and our world every day. Most recently, I've co-founded Brinc.io, a hardware accelerator, education platform, and product development studio, to unlock the world's data so we can improve our lives. We have offices in Hong Kong, Guangzhou, Bahrain, Barcelona, London, and Tel Aviv and have supported 400 founders and shipped 32 new products in the last 3 years. I speak at events around the world with the US State Department, China Speakers Bureau, GLG and Stamford and am a KOL / Influencer for Huawei and Insta360.

  • フェイスブックを撃破、中国の動画SNSアプリ「MAU1億人」の衝撃

    調査会社「Sensor Tower」のデータで、2018年第1四半期に世界で最もダウンロードされたiOSアプリ(ゲーム以外)が、中国の「Tik Tok(ティックトック)」であることが分かった。Tik Tokは日本でも人気の15秒のショート動画をメインとしたSNSアプリで、直近の四半期で約4600万回 ...

  • テンセントが「カーシェア事業」本格化、EV活用もアピール

    中国テンセントCEOのポニー・マーは今年4月、「WeChat」のユーザーに向けて、新たなカーシェアサービスを始動するとしたら、どの都市が望ましいかを尋ねた。その結果、目立って多くの要望が集まったのが、中国南部の広東省の珠海市や中山市などの沿岸地域だった。テンセントが始動したカーシェアサービスには2つ ...

  • 中国「顔だけで飛行機に搭乗できる」空港、広州に出現

    旅行ブームに沸く中国で顔認証のみで航空機に搭乗できる空港が出現した。広州にある広州白雲国際空港のターミナル2では、顔認証による荷物のチェックインやセキュリティーゲートの通過が可能になった(ただし、現時点ではバックアップとしてIDカードを持参することが求められている)。 広州白雲国際空港は画像認識分野 ...

  • テンセント、高速鉄道WiFiに500億円出資へ 年間15億人が利用

    テンセントは中国の高速鉄道にWiFiサービスを提供する企業の株式を、4億8500万ドル(約520億円)の資金を投じて買い取ろうとしている。中国の国営企業「China Railway Corporation(中国鉄路総公司)」傘下で通信サービスを運営する「Bullet Train Networks T ...

  • 中国で勃興のスマホ「レンタル」 1千万人が利用のサービスも

    中国で携帯電話のレンタルサービスを手がけるスタートアップ企業「Xianghuanji.com(享换机)」が4月11日、2500万ドル(約27億円)の資金を調達したと宣言した。スマートフォンが浸透する中で、数年に一度の買い替えでは満足できないユーザーも増えてきた。XianghuanjiのCEOによると ...

  • 転換期の中国「自転車シェア」市場、大手Mobikeが美団に買収

    ここ2、3年で急成長を遂げた中国の自転車シェアサービスは、指定駐輪スペースを持たないドックレス形式で運営され、巨大な利用人口を抱えつつもほとんど利益を生んでいないことで知られている。そんな無謀ともいえるビジネスモデルに限界が見えてきた。現地メディアの報道によると、自転車シェア大手の「Mobike」が ...

  • 中国OPPO、深センにAI開発拠点 米スタンフォード大とも連携

    中国のテック企業らは先を争うようにAI(人工知能)の研究開発を行っている。アリババは先日、北京の清華大学とパートナーシップを結び、AIを現実世界に投入する動きを加速させると宣言した。これは、アリババが持つ巨大なデータベースを、清華大学の研究チームがディープラーニングの学習に活用するプロジェクトだ。従 ...

  • テンセントが初の自動運転「公道テスト」開始、北京で目撃

    4月2日、中国の北京市の高速環状道路「北京四环路」を走行中の自動運転車両の写真が中国メディアに掲載された。英字メディア「China Money Network」によるとこの車はテンセントが開発中の自動運転車のプロトタイプとみられている。目撃者がソーシャルメディアに投稿した写真には、天井部分にLiDA ...

  • 中国テック界のエイプリルフール、大手4社の面白ネタ

    米国のテクノロジー業界では毎年4月1日に、手の込んだエイプリルフール企画で笑いをとるのが恒例となっている。今年は通信キャリア大手の「Tモバイル」が“世界初のスマート・シューズ・フォン”を発表したほか、自動車業界では「レクサス」が遺伝子検査企業と提携し、唾液から顧客の好みに完全 ...

  • ファーウェイがブロックチェーン基盤の「保険サービス」開発へ

    中国のファーウェイはスマートフォンに限らず、あらゆる領域でイノベーションの最先端に立とうとしている。海外でファーウェイはハードウエアメーカーとして有名だが、中国で最大規模のクラウドサービスも運営している。そのファーウェイが先日、ブロックチェーンを活用した保険サービスの開発に乗り出すことを発表した。こ ...

  • 中国テンセントが10億ドル注ぐゲーム系「ライブ動画」2社

    先日、米テキサス州で開催された「SXSW映画祭」でベストドキュメンタリー作品に選ばれたのが、中国の女性監督が撮った「People’s Republic of Desire」と呼ばれる作品だった。この映画は中国でのライブ動画やSNSの人気の高まりが、いかに凄まじいかを描いたもの。監督のHa ...

  • 中国WeChatも「仮想通貨」排除へ、有名チャットグループが閉鎖

    仮想通貨に対する熱狂が世界で高まっているが、一攫千金を狙う人が詐欺的な広告に騙されるケースも後を絶たない。ツイッターやグーグル、フェイスブックらは既に仮想通貨関連の広告を問題視し、特にICO(イニシャル・コイン・オファリング)関連の広告は一切掲載しないポリシーを導入した。中国最大のSNSである「We ...

  • シャオミCEOも認めた中国民泊サイト「路客」が支持される理由

    民泊サービスの「エアビーアンドビー」は中国市場に注力する姿勢を見せているが、彼らの強敵となる現地のスタートアップは数多い。その中でも最近の注目株といえるのが、新興企業の「路客(Local)」だ。中国のスタートアップ情報サイト「36気」によると、路客は先日1600万ドルの新規資金調達を行ったことを宣言 ...

  • 中国で激化の「中古車Eコマース」 テンセントら870億円を出資

    中国ではここ数年、自動車販売の分野にも大きな変化が訪れている。新たなトレンドは新車に限らず中古車販売の分野にも革新をもたらそうとしている。自動車販売企業「Chehaoduo (车好多)」は先日、テンセントの主導で8億1800万ドル(約867億円)のシリーズC資金調達を行った。同社は個人間の中古車販売 ...

  • 中国1億人の「暇つぶしゲーム」に米ナイキが注ぐ期待

    世界のモバイルゲーム市場が拡大するなかで、この分野でも中国の伸びが顕著だ。調査企業「NewZoo」のデータによると、世界のゲーム市場は2017年に1089億ドル(約11.5兆円)の売上を生み出した。その42%をモバイルが占めており、2020年にはモバイルの比率が50%を超えると予測されている。201 ...

  • 中国ニュース大手「今日頭条」 美顔アプリFaceuを300億円で買収

    AI(人工知能)を活用したニュース配信プラットフォームとして絶大な支持を集めているのが中国の「今日頭条(Toutiao)」だ。“今日のヘッドライン”を意味する今日頭条は、最新ニュースや動画などの様々な情報を、AIがキュレーションして届けるアプリ。2017年の広告収入は25億ド ...

  • 中国チャイナモバイルが「5G」計画加速、来年には商用化宣言

    次世代のモバイル通信規格「5G」の実用化に向けて、各国の政府やテック業界の大手らがしのぎを削っている。5Gの強みは現状の4Gよりも、高速で大容量の通信が可能になることだ。4Gの場合、1秒あたりに送れるデータ量は最大で1ギガビットだが、5Gではその20倍のデータが送れるようになる。これにより、利用者数 ...

  • 中国アリババが養豚場でAI活用 豚たちの幸福度も測定

    中国のアリババは養豚所にAIを導入し、効率的な豚の育成を行おうとしている──。アリババ傘下のクラウドサービス企業「アリクラウド」は「Te Qu(四川特驱集团)」と「Kang De(德康集团)」の2社と提携し、養豚場での豚の健康や生育状況、交配や出産を管理する試みを始動させた。アリクラウドは消費者によ ...

  • アマゾンの先を行く中国アリババ支援の「新型食品スーパー」

    米国ではアマゾンのレジなしコンビニ「アマゾン・ゴー」が話題だが、中国では同様のコンセプトを持つ生鮮食品スーパーが2016年1月に開設され、全国に拡大。今年は北京に30店舗をオープンさせる予定だ。その企業の名前は「盒馬鮮生(Hema Xiansheng、以下Hema)」。物流業界で20年のキャリアを持 ...

  • 中国で急増のブロックチェーン活用事例、失踪者の捜索も可能に

    テクノロジー業界ではブロックチェーンに関するニュースが盛んに報じられているが、多くの大企業は技術の進歩に追いつけていない。しかし、10億人のアクティブユーザーを抱えるWeChatの運営元の中国テンセントの動きは迅速だ。テンセントCEOのポニー・マーは先日、WeChatの投稿で今後のブロックチェーンへ ...