Close

PICK UP

I write about underreported tech stories out of China.

       

PR Image Factory / shutterstock

中国最大の不動産情報サイトを運営する「58集団」は、低コストの3Dモデリング技術を提供する企業「123KanFang」への出資をアナウンスした。58集団は、人々が不動産を購入したり、アパートの賃貸を申し込む場合にVR(仮想現実)技術を用い、わざわざ現地に足を運ぶ手間を省こうとしている。

不動産分野では長年、自宅に居ながらヘッドマウントディスプレイを用いて、物件の内部を確認する技術の登場が期待されていた。しかし、3Dモデリング技術を用いて詳細なマッピングを行なうための費用は高額で、多くの場合プロのカメラマンの手を借りる必要があった。

123KanFangが開発したソリューションは低コストでそれを可能にした。不動産業者の社員がスマホに約150ドルの専用3Dカメラを取り付けて現場に向かうだけで、詳細な画像データが取得できるという。

この仕組を用いれば、100平方メートルの広さのアパートの室内を、10分以下で撮影可能だ。58集団は今後、123KanFangのソリューションを部屋の内覧以外の目的にも活用していく。

3Dで撮影した部屋のデータをもとに58集団は、人々が新居にそろえる家具の購入や、内装のリフォームを支援するサービスなどを展開していく計画だ。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい