Forbes Staff

Biz Carson

I write about Uber, the sharing economy and startups.

I’m a San Francisco-based staff writer for Forbes with a focus on Uber, the sharing economy, and startups. I previously worked for Business Insider, Gigaom, and Wired. I also spent a year as newspaper designer for Gannet. I’m a native of Atlanta, Georgia and a proud graduate from Indiana University’s journalism school. Email me story tips at bcarson [at] forbes.com or follow me on Twitter @bizcarson.

  • 米フードデリバリー業界で勃発した「チップ論争」の行方

    食料品デリバリーを手掛ける「インスタカート(Instacart)」は、昨年10月に配達員に対する報酬プランを変更し、1回の配達当たり最低10ドルを支払うと発表した。しかし、この金額に配達員が受け取るチップが含まれていることが明らかになると、同社に対する批判が湧きあがり、同社はプランの撤回を余儀なくさ ...

  • エアビーアンドビー「航空業界の大物」採用で見えた、空への野望

    エアビーアンドビーはこれまでの宿泊という事業領域を超え、移動の領域へ乗り出す構えだ。2月7日、同社は航空業界のベテランでヴァージン・アメリカの設立時のCEOを務めたフレッド・レイド(Fred Reid)を、採用したと発表した。レイドはエアビーアンドビーに新設される交通部門を率いる。ただし、同社のブラ ...

  • 売上10億ドル達成が見えてきた「ウーバーイーツ」苦闘の歴史

    2009年にウーバーが事業を開始した当初、この企業が食事の宅配で売上をあげるようになるとは誰も想像していなかった。しかし、約10年が経過した今、同社のフードデリバリー部門である「ウーバーイーツ(Uber Eats)」は巨大な存在感を誇っている。ウーバーCEOのダラ・コスロシャヒは、ウーバーイーツが今 ...

  • IPO目前のデリバリーPostmatesが新規調達、ソフバン系企業と激突へ

    昨年9月に3億ドルの資金調達を実施したばかりの米サンフランシスコ本拠のフードデリバリー企業「Postmates」が、さらに1億ドルの資金を調達した。今回の調達ラウンドはBlackRockやTiger Global、Glynn Capitalらが主導し、Postmatesの企業価値は前回の12億ドルを ...

  • テック業界で「最も影響力が高い女性」 ユーチューブCEOが1位

    フォーブスが毎年発表する「世界で最も影響力の高い女性(Most Powerful Women list)」のテクノロジー部門で、今年のトップに選ばれたのはユーチューブCEOのスーザン・ウォジスキだ。テクノロジー業界のダイバーシティ運動を牽引する彼女は、4月にユーチューブ社内で発生した銃撃事件(3人が ...

  • ウーバーの運転手に広告収入を与える企業「Firefly」が25億円調達

    ウーバーやリフトの車両の屋根に広告を表示する、デジタルスクリーンを提供する企業「Firefly」が2150万ドル(約24億円)の資金調達を実施し、今後の事業の拡大戦略を発表した。Fireflyのスマートスクリーンは広告を表示するだけでなく、大気汚染や道路の渋滞状況などのデータを取得し、都市の環境を改 ...

  • プロジェクト管理ツールで急成長のAsana、東京オフィスも開設へ

    プロジェクト管理ツール分野の競争が激化するなか、フェイスブックの共同創業者のダスティン・モスコビッツが立ち上げた「Asana」の存在感が高まっている。11月29日、Asanaは元米国副大統アル・ゴアが会長を務めるGeneration Investment Managementから、5000万ドル(約 ...

  • 「出張」に特化の旅行予約サイトTripActionsが新ユニコーン企業に

    企業の出張での利用に特化した旅行予約サービス企業「TripActions」の企業価値が10億ドルを突破した。11月7日、TripActionsはアンドリーセンホロウィッツが主導したシリーズC資金調達ラウンドで、1億5400万ドル(約175億円)を調達したことをアナウンスした。TripActionsは ...

  • 10億ドル企業続出、フォーブス「次世代スタートアップ」75社の今

    フードデリバリー企業「DoorDash」の創業は2013年のことだった。それから5年が経過した今年8月の資金調達ラウンドで、同社は企業価値40億ドルと評価され、累計資金調達額は10億ドル近くに達した。同社CEOのTony Xuは「資金調達を行うために最も有効なのは、良いビジネスを作ることだ。昔はお金 ...

  • 食品宅配「インスタカート」が企業価値8500億円に、IPOも視野

    生鮮食料品の買い物代行を行う米国のスタートアップ「インスタカート」が、新たに6億ドル(約670億円)の資金を調達し、食品デリバリー分野でのアマゾンとの戦いに備えている。同社は6か月前に3億5000万ドルを調達したばかりで、累計の資金調達額はこれで16億ドルに達した。同社の企業価値は76億ドル(約85 ...

  • シリコンバレーで絶賛、スニーカー「Allbirds」評価額14億ドルに

    タイム誌が「世界一快適な履き心地」と称賛し、シリコンバレーの著名人の間でも人気となったスニーカーが「オールバーズ(Allbirds)」だ。2年前にブランドを立ち上げたオールバーズは当初、1つのモデルのみで始動した。最高級のメリノウールを用いて作られたグレーのスニーカーは、カジュアルでもフォーマルでも ...

  • ウーバーと滴滴が激突「世界の配車サービス」10数社の動向

    今から3年ほど前、世界を制覇したかにみえたウーバーは今、各国でライバルとの競争に直面している。ロシアや中国、東南アジアでは現地企業に事業を売却した一方、中東では競合の「Careem」の買収を画策中と伝えられる。ここでは世界各国でのウーバー及び、競合企業の動向を明らかにしてみたい。欧州のフランスと英国 ...

  • 孫正義が即決で300億円出資の米「カーシェア」企業の成長戦略

    モビリティ分野のソフトバンク・マフィアに新たに加わった企業が、車の貸し借りを仲介するサービス「ゲッタラウンド(Getaround)」だ。8月21日、同社はソフトバンクから3億ドル(約331億円)のシリーズD資金調達を行ない、累計調達額が4億ドルに達したことをアナウンスした。ソフトバンクはモビリティ分 ...

  • 企業価値20億ドルの電動スクーター企業Birdがofo幹部を引き抜き

    元ウーバー社員で中国の自転車シェア企業「ofo」の米国事業部長を務めたChris Taylorは、自転車こそが交通のラストワンマイル問題を解決すると考えていたが、その考えを改めたようだ。米国の電動スクーターシェア企業「Bird」は7月30日、同社の幹部に元ofoのTaylorを招き入れたことを発表し ...

  • ウーバーの「置き菓子」サービス、米Cargoが独占提供を開始

    ウーバーやリフトのドライバー向けに、車内の「置き菓子」サービスを提供する企業として急浮上したスタートアップが「Cargo」だ。7月19日、ニューヨーク本拠の同社はウーバーと独占契約を締結したとアナウンスした。Cargoは今後、スナック菓子がつまった専用ボックスをウーバーのドライバーらに独占的に提供す ...

  • 自転車シェア「ofo」が米国事業を縮小、現地社員7割を解雇

    中国の自転車シェア企業「ofo」は7月18日、米国の社員の大半を解雇し、海外の市場から撤退を開始した模様だ。関係筋によると約100名の米国社員のうち70%程度がレイオフの対象となるという。ofoは米国の数都市のサービス拠点を閉鎖するという。今年6月時点で同社は米国の30都市に拠点を構え、シアトルやワ ...

  • 米国新モビリティ革命、電動スクーターBirdが20億ドル企業に

    今から1年前、バードという言葉を聞いて人々が思い浮かべるのは鳥以外になかった。しかし、電動スクーターのシェア企業「バード(Bird)」は今やシリコンバレーで最もホットなスタートアップになりつつある。ベンチャーキャピタル「CRV」のSaar Gurは次のように話す。「彼らがやろうとしていることは、新た ...

  • 事業拡大のウーバー、モバイル決済やレンタカーの新部門設立

    ウーバーの野心は車の領域のみにとどまらない。同社は先日の組織改編で、過去7年にわたり米国でのライドシェア事業を率いてきたRachel Holtを、新規部門の「New Modalities」グループの責任者に任命した。Holtが今後注力するのが、同社が先日提携を結んだP2P型のカーシェアリング企業、「 ...

  • アルファベット投資部門が獲得した女性の「スケールさせる力」

    2016年にウーバーを辞めたフレデリック・デイムは、従業員80名で始動したスタートアップが7000名以上の大企業に成長する現場に居合わせた。その後、彼女にふさわしい新天地を探し続けた結果、ぴったりの場所が見つかった。デイムは先日、かつて「グーグルベンチャーズ」として知られたアルファベット傘下の投資会 ...

  • 米国1位のレストラン出前サービス「グラブハブ」CEOの野望

    レストランの出前を行うフードデリバリー業界では、ここ数年で競争が高まった。アマゾンやウーバーなどの大手とスタートアップの「Postmates」や「DoorDash」らがシェアを奪い合う状況だ。しかし、全米1位のシェアを誇るデリバリー企業「グラブハブ(GrubHub)」のCEOのMatthew Mal ...