Forbes Staff

Biz Carson

I write about Uber, the sharing economy and startups.

I’m a San Francisco-based staff writer for Forbes with a focus on Uber, the sharing economy, and startups. I previously worked for Business Insider, Gigaom, and Wired. I also spent a year as newspaper designer for Gannet. I’m a native of Atlanta, Georgia and a proud graduate from Indiana University’s journalism school. Email me story tips at bcarson [at] forbes.com or follow me on Twitter @bizcarson.

  • ウーバー役員会に異常事態、アリアナ・ハフィントンらが辞任

    ウーバーの役員会から、2人の重要人物が離れることになった。7月24日、「ハフィントン・ポスト」の創設者であるアリアナ・ハフィントンと、ベンチマークキャピタルのパートナーのマット・コーラーが、ウーバーを去るとアナウンスした。ウーバーからは今年5月末にも、同社の初期従業員でビリオネアのライアン・グレーブ ...

  • 出張に特化の旅行予約サイト「TripActions」、企業価値40億ドルに

    企業の出張での利用に特化した旅行予約サービスで、急成長を遂げたのが「TripActions」だ。同社はビジネス利用に特化した旅行予約サービスを提供し、社員らが割安な宿を利用した場合、アマゾンのギフトカードなどの特典を与えている。6月27日、TripActionsは新規で2億5000万ドル(約27億円 ...

  • 米国版メルカリ「Poshmark」がインテリアに進出、今秋IPOの噂も

    米国のフリーマケットアプリ「Poshmark」が始動したのは今から8年前のことだ。女性たちが中古衣類を気軽に転売できるPoshmarkは急成長を遂げ、取引額の20%を徴収する同社の売上は2018年に推定1億4000万ドル(約152億円)に達した。Poshmarkは今ではメンズウェアや化粧品、子供服の ...

  • 上場1カ月で幹部2人が辞職、ウーバーが直面する「組織再編」

    IPOから1カ月を経たウーバーが2人の幹部の辞任を発表した。ウーバーは6月7日、COOのバーニー・ハーフォードと、マーケティング責任者(CMO)のレベッカ・メッシーナが退社するとアナウンスした。今回の人事で、以前からウーバーの配車部門とイーツに対する直接的関与を深めたがっていた、CEOのダラ・コスロ ...

  • ウーバーの車両を広告ツールにするFirefly、グーグルと連携開始

    ウーバーやリフトの車両の屋根に広告を表示する、デジタルスクリーンを提供する企業「ファイアーフライ(Firefly)」は昨年12月に2150万ドルを調達して注目を浴びたが、それから6カ月が経過した今、さらに3000万ドル(約32.5億円)の資金を調達した。ニューヨーク本拠のファイアーフライの今回の資金 ...

  • 企業価値20億ドルの「電動キックボード」Limeの成長戦略

    電動キックボードのレンタルサービスを手掛ける「Lime」は、共同創業者のBrad Baoが新CEOに就任すると発表した。2017年1月の設立以来、CEOを務めてきた共同創業者のToby Sunは、Baoの配下でR&Dや企業文化を担当するという。同社はまた、COOのJoe KrausがBaoの ...

  • 多発する「電動キックボード」の怪我、脳に障害与えるケースも

    世界各地で電動キックボードのレンタルサービスが拡大する中で、事故の発生件数も増えている。この業界の大手として知られるのが、2017年に設立され、翌年には企業価値が10億ドルを突破したLime(ライム)だ。同社は今年2月、ソフトウェアの不具合により、少なくとも30名が負傷する事故をニュージーランドで発 ...

  • ビヨンセも出資、ウーバー上場で巨額を得た「意外な面々」

    ウーバーのIPOによって巨額の富を得たのは、5月10日のニューヨーク証券取引所の上場セレモニーに出席した人だけではない。同社の元CEOのトラビス・カラニックは、出席を希望していたが、その願いは叶わなかった。カラニックに代わりセレモニーに出席したのは、2017年8月にカラニックからCEOの職務を引き継 ...

  • リフトIPO成功でも、創業者がビリオネアにならなかった理由

    米配車サービス大手の「リフト(Lyft)」はウーバーに次いで、業界2位のポジションとされている。しかし、リフトはウーバーに先行して株式市場にデビューを果たした。3月29日、リフトは米ナスダック証券取引所に上場。初値は87.24ドルとなり、公募売り出し価格の72ドルを21%上回った。当日の終値は78. ...

  • VR施設で急伸の香港Sandbox社、アリババ出資で日本進出も計画中

    VR(仮想現実)のエクスペリエンス施設の運営企業として、注目を集める香港のスタートアップが「Sandbox VR」だ。同社は今年1月にアンドリーセン・ホロウィッツが主導するシリーズA資金調達ラウンドで、6800万ドル(約74億円)を調達した。また、中国のアリババも同社に出資している。Sandbox ...

  • テック業界の次世代を創る、Yelp出身ベンチャー投資家の野望

    レストラン検索サービスのYelp(イェルプ)に約7年間在籍し、フードデリバリーサービスのEat24の運営を手がけたMike Ghaffaryが、ベンチャーキャピタルのCanvas Venturesのパートナーに就任することが3月11日、明らかになった。Canvas Venturesはウェディングギフ ...

  • 「航空機のウーバー」目指す米スタートアップ、10億円を調達

    旅客機版のウーバーとして注目を集めるのが、USA Todayとグルーポンで役員を務めたRudd Davisが立ち上げた「BlackBird」だ。「贅沢な空の旅をしたい人は、このサービスを選ぶべきではない。BlackBirdが用意する飛行機に豪華なソファは置いていない」とDavisはフォーブスの取材に ...

  • ウーバーも出資する電動キックボードLimeに不具合、30人が負傷

    このところ世界各地で勢力を拡大中なのが、電動キックボードのレンタルサービスだ。ウーバーは2018年4月、電動キックボードと自電車のシェアサービス「ジャンプ(Jump)」を買収した。また、この業界のトップとされるのが、2017年の設立直後から注目を集め、翌年には企業価値が10億ドルを突破したLime( ...

  • フードデリバリー「ドアダッシュ」の企業価値が約8000億円に

    投資家たちのフードデリバリー分野に対する投資意欲は、衰えていない。2月21日、ドアダッシュ(DoorDash)はさらに4億ドル(約440億円)の資金を、シンガポールの政府系投資会社テマセクや、ドラゴニア・インベストメントグループが主導するシリーズFラウンドで調達したとアナウンスした。ドアダッシュの累 ...

  • 米フードデリバリー業界で勃発した「チップ論争」の行方

    食料品デリバリーを手掛ける「インスタカート(Instacart)」は、昨年10月に配達員に対する報酬プランを変更し、1回の配達当たり最低10ドルを支払うと発表した。しかし、この金額に配達員が受け取るチップが含まれていることが明らかになると、同社に対する批判が湧きあがり、同社はプランの撤回を余儀なくさ ...

  • エアビーアンドビー「航空業界の大物」採用で見えた、空への野望

    エアビーアンドビーはこれまでの宿泊という事業領域を超え、移動の領域へ乗り出す構えだ。2月7日、同社は航空業界のベテランでヴァージン・アメリカの設立時のCEOを務めたフレッド・レイド(Fred Reid)を、採用したと発表した。レイドはエアビーアンドビーに新設される交通部門を率いる。ただし、同社のブラ ...

  • 売上10億ドル達成が見えてきた「ウーバーイーツ」苦闘の歴史

    2009年にウーバーが事業を開始した当初、この企業が食事の宅配で売上をあげるようになるとは誰も想像していなかった。しかし、約10年が経過した今、同社のフードデリバリー部門である「ウーバーイーツ(Uber Eats)」は巨大な存在感を誇っている。ウーバーCEOのダラ・コスロシャヒは、ウーバーイーツが今 ...

  • IPO目前のデリバリーPostmatesが新規調達、ソフバン系企業と激突へ

    昨年9月に3億ドルの資金調達を実施したばかりの米サンフランシスコ本拠のフードデリバリー企業「Postmates」が、さらに1億ドルの資金を調達した。今回の調達ラウンドはBlackRockやTiger Global、Glynn Capitalらが主導し、Postmatesの企業価値は前回の12億ドルを ...

  • テック業界で「最も影響力が高い女性」 ユーチューブCEOが1位

    フォーブスが毎年発表する「世界で最も影響力の高い女性(Most Powerful Women list)」のテクノロジー部門で、今年のトップに選ばれたのはユーチューブCEOのスーザン・ウォジスキだ。テクノロジー業界のダイバーシティ運動を牽引する彼女は、4月にユーチューブ社内で発生した銃撃事件(3人が ...

  • ウーバーの運転手に広告収入を与える企業「Firefly」が25億円調達

    ウーバーやリフトの車両の屋根に広告を表示する、デジタルスクリーンを提供する企業「Firefly」が2150万ドル(約24億円)の資金調達を実施し、今後の事業の拡大戦略を発表した。Fireflyのスマートスクリーンは広告を表示するだけでなく、大気汚染や道路の渋滞状況などのデータを取得し、都市の環境を改 ...