CONTRIBUTOR

Adi Gaskell

I write about the innovations affecting the world of work.

I am a free range human who believes that the future already exists, if we know where to look. From the bustling Knowledge Quarter in London, it is my mission in life to hunt down those things and bring them to a wider audience. I am an experienced innovation consultant and writer, and the author of The 8 Step Guide To Building a Social Workplace. I have worked across private and public sectors, helping organizations discover fascinating projects and work from around the world to help trigger the innovation process. With a post graduate degree in computing, my posts will hopefully bring you complex topics in an easy to understand form that will allow you to bring fresh insights to your work, and maybe even your life.

  • 今後10年で生まれる「未来の仕事」21選

    技術の進歩が雇用に与える影響については、まるでこの世の終わりといった悲観的な予測が、この1年ほどで増えてきた。これまで発表された調査の大半は、自動化などの技術の影響で多くの職業が失われると断言する結果が出ている。こうした調査にはさまざまな欠陥があるが、中でも最も大きな誤りは「労働塊の誤謬(ごびゅう) ...

  • 「移動の自由」がイノベーション実現の肝である理由

    前回の記事では、自身を「世界市民」だと考え、多様性の存在するグローバル都市での生活を心地良く感じる人が増えていることを取り上げた。高度な技能を持つこうした人々は、大小さまざまな企業からますます求められ、科学やイノベーションの発展に欠かせない存在となっている。マッキンゼー国際研究所が先日発表した報告書 ...

  • どこの国にも属さない「世界市民」の素顔

    私は先日、グローバル求人情報掲載サイトを運営するジョバティカル(Jobbatical)のカロリ・ヒンドリクス最高経営責任者(CEO)と話した際、テリーザ・メイ英首相の「世界市民は、どの場所にも属さない市民」という有名な発言について議論した。そこで、オランダの社会心理学者、ヘールト・ホフステードの有名 ...

  • イノベーションを生む英国の孤島 マン島で進む地方活性化施策

    欧米諸国の大半では「クラスター」と呼ばれる地域が経済政策の重要な一端を担っている。クラスターとは、特定産業のスタートアップ育成に適した環境を整備した地域のことで、こうした地域を設定することでその産業の規模拡大につなげることが狙いだ。数年前に国際会計事務所KPMGが発表した報告書では、英国の主要クラス ...

  • 機械は本当に人の仕事を奪うのか? 「雇用なき景気回復」をめぐる誤解

    ここ数か月間でよく叫ばれているのが、産業の自動化によってかつてない規模で人々の職が機械に奪われているという意見だ。これに伴い、国民全員に一定の収入を保証するユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)といった政策も改めて注目を浴びている。しかし私は、こうした動きは一時的な流行にすぎず、現在のテクノロ ...

  • 健康管理データ、上司と共有できますか?

    新年は一般に、多くの人が体を鍛えたり健康的な生活をしたいと考えるタイミングだ。その健康は、ますます“個人的な問題”から“雇用主が気にかける問題”になってきている。実際、健康に関する全米実業家団体(雇用主団体)と投資会社のフィデリティとが先ごろ実施した調 ...

  • 給料に影響する政治的指向とは 勤め先の取締役会は保守、それともリベラル?

    米国では大統領選に向け、共和・民主両党の戦いが本格化している。職場では政治の話などするものではないと思いたいかもしれないが、実際には社内のどのフロアでも、席を離れればこの話題で持ち切りのはずだ。インターネット上でも現実の社会でも、多くの人を集めるときには政治と宗教の話に細心の注意を払う必要があるとい ...

  • 採用機会は「胸の谷間」で増すのか? 調査結果が示す可能性と危険性

    仕事の採用面接の結果は、偏見や差別に大きく左右されやすい。これは、最も優秀な候補者を採用する機会を逃しかねない要因だ。そうした要因にはこの他にも、候補者の外見、面接担当者との類似点の有無、指定された面接開始の時刻(担当者が疲れていると、適正な合否判断ができなくなる)などがある。例えば私たちは生来、力 ...