渡邊雄介

千葉県出身、Forbes JAPAN Web編集部在籍。ライター。早稲田大学院文学研究科 表象・メディア論コース博士課程単位取得満期退学。専攻は思想史・批評理論。

  • ブラックフライデーの喧騒の後に 米国で盛り上がる「寄付の日」とは

    感謝祭、ブラックフライデー、サイバーマンデー(今年は順に11月26日、27日、30日)に続く、ギビング・チューズデーと呼ばれる「寄付の日」のことをご存知だろうか。ギビング・チューズデーとは、ニューヨークの非営利団体「92Y」と国連基金が2012年から始めたムーブメントで、全米で消費意欲が高まる感謝祭 ...

  • コロナ禍でも活躍 AI通訳機「ポケトーク」の意外な使われ方

    「いまはポケトークを接客に使う機会はめっきり減りましたね」こう語るのは、コロナ禍前には、多くの外国人が買い物のために訪れていた東京・上野のディスカウントストア「多慶屋」の従業員だ。日本政府観光局の発表によれば、10月の訪日外客数は前年同月比98.9%減の2万7400人。冒頭のディスカウントストアでは ...

  • 音痴でも大丈夫、グーグルの「鼻歌検索」のスゴい精度

    「この曲、何だっけ……」ひとつのメロディーが頭の中でループし続ける現象のことを「イヤーワーム(earworm=耳の虫)」と呼ぶが、そんな時に流れる曲の名前がどうしても思い出せないでモヤモヤした経験のある人も少なくないだろう。グーグルが、10月15日に発表した、鼻歌で楽曲を ...

  • 元祖「金沢カレー」がアメリカ進出 コロナ禍でも売り上げ好調のカギは

    「アメリカ西海岸のロングビーチに出店した店舗は、テイクアウトだけの小型店ですが、店舗サイズと事業環境を考慮すれば、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れているといっても言い過ぎではないと思います」。こう語るのは、チャンピオンカレー代表の南恵太だ。1961年創業、「金沢カレー」の元祖として知られる「チャンピオンカレ ...

  • ニトリ「島忠買収」報道に意外な声、DIY業界からは期待も

    「戦々恐々? いえ、異業種であるニトリによる買収を期待する声は少なくないですよ」と語るのは、ホームセンター経営者である。コロナ禍の「巣ごもり消費」で各社業績を上げているホームセンター業界。ここで目下話題となっているのは、家具日用品大手のニトリホールディングスによる「島忠買収」報道だ。島忠は首都圏を中 ...

  • 『鬼滅の刃』で不況を跳ね返し好調の東宝 V字回復へと向かうか

    新型コロナウイルスの感染拡大が続いたことで、世界の映画業界が苦境に立たされている。映画館運営で世界2位の英シネワールドは10月5日、米国と英国の全映画館を一時閉鎖すると発表。この決定は、従業員約4万5000人に影響するとされており、業界関係者に衝撃が走った。そんな中、日本の映画市場が好調を取り戻しつ ...

  • カリフォルニア大学入試で「ペーパーテスト」廃止へ 揺れるアメリカの受験制度

    アメリカのカリフォルニア州アラメダ郡高等裁判所は、8月31日、バークレー校やロサンゼルス校など10のキャンパスで計30万人の学生を抱えるカリフォルニア大学に対して、「SAT」や「ACT」と呼ばれる全米共通のペーパーテストのスコアを、入学や経済援助の決定をする際に考慮することを禁止する仮差止命令を出し ...

  • アベノミクスは成功したのか? 海外メディアの安倍政権への辛口評価

    約8年におよぶ長期政権を率いてきた安倍晋三首相が8月28日、体調などを理由に辞意を表明し、誰が「ポスト安倍」の座に着くのか注目が集まっている。石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長に続いて、有力候補の一人である菅義偉官房長官は9月2日、自民党総裁選への出馬を表明した。新型コロナウイルス対策を最優先課題と位 ...

  • もしものときに「食品用ラップ」実は防災グッズとして役に立つ活用法5選

    9月1日は「防災の日」。どこの家庭にもある食品用ラップが、便利な防災グッズになるということをご存知だろうか。新型コロナウイルス感染拡大の収束の見通しが立たない中、会社や自治体で今まで通りの防災訓練を行うことは難しい。在宅時間が増える傾向にある今年は、例年にも増して「自宅で備えること」が重要になる。そ ...

  • 眠らない日本社会 コロナ禍に「睡眠改革」が必要な理由

    日本人の睡眠時間が短いことはしばしば国際的にも指摘されている。経済協力開発機構(OECD)の統計(Gender Data Portal 2018)など、どのデータを見ても世界ワースト1位は日本か韓国のどちらかという現状がある。厚生労働省の「平成29年国民健康・栄養調査」によれば、40代の男女のうち約 ...

  • 氷河が溶け続けるグリーンランド 地球温暖化で「砂ビジネス」に恩恵も?

    グリーンランドの氷塊は「炭鉱のカナリア(Canary in a coal mine)であり、そのカナリアはすでに瀕死の状態」だ──。かつて炭鉱労働者が山へと入る際に、毒ガスの影響を受けやすいカナリアの性質を利用して、先頭を歩く坑夫に鳥かごをもたせた。このことから、「炭鉱のカナリア」とは、人間に迫る危 ...

  • 周庭氏「逮捕された理由がわからない」 香港国安法の運用に不安広がる

    香港国家安全維持法(国安法)違反の容疑で8月10日に逮捕され、翌日保釈された香港の民主活動家、周庭(アグネス・チョウ)氏が13日の深夜、自身のインスタグラムを更新し逮捕時の状況や想いについて日本語で明かした。彼女の逮捕は日本でも大々的に報じられ、SNS上では「#周庭氏の逮捕に抗議する」や「#Free ...

  • 日本への原爆投下は「正しかった」か? アメリカ人の歴史認識に変化の兆し

    1945年8月15日に日本が終戦を迎えてから75年が経った。いま、アメリカでは原爆投下の「舞台裏」に迫る歴史ノンフィクションがベストセラーとなっている。ジャーナリストでFOXニュースの番組キャスターも務めるクリス・ウォーレスが、AP通信のミッチ・ワイスと共同で執筆した『COUNTDOWN 1945』 ...

  • ラブドールは「表現の自由」か? 人形研究者が考える表現規制の現在地

    「独身者が最後の手段としてラブドールを選ぶというこれまでのステレオタイプは完全に間違っている」ラブドールの製造販売を手がける「セックス・ドール・ジーニー(Sex Doll Genie)」社の共同創業者であるジャネット・スティーブンソンは、新型コロナウイルスの流行に伴う自粛生活が始まって以降、米国でラ ...

  • ハンバーガーで寄付も 常識を覆す「サステナブルバーガー」の世界

    7月20日は「ハンバーガーの日」。1971年7月20日、アメリカ発祥のファストフード店であるマクドナルド日本第1号店が東京・銀座にオープンしたことを記念して定められた日だ。日本にハンバーガーを初上陸させたのは、第二次世界大戦後に横須賀空軍基地などに在留した米軍だと伝えられている。その後、マクドナルド ...

  • なぜ韓国文学ブーム? フェミニズム文学で注目の若き女性作家たち

    韓国のフェミニズム文学が、いま熱い。「海外文学のコアな読者層は日本にたった3000人しかいない」といわれていた出版不況の日本において、チョ・ナムジュの小説『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房、訳・斎藤真理子)は、翻訳版が2018年12月に出版されると大ヒットを記録。初版は4000部の発行だったが ...

  • おいしい昆虫食? 日本伝統の「蚕」を原料としたシルクフードの未来像

    「おいしくて健康にも良いハンバーガーがあったらな」。蚕を原料とした次世代食品「シルクフード」が叶えてくれるのはそんな現代人の欲望だ。ジャンクフードの王様であったハンバーガーが、「健康食」になるかもしれない未来はもう目の前までやってきている。「蚕」を原料とした次世代食品を販売する店舗「シルクフードラボ ...

  • 30歳のエジプト人活動家の死 レインボーフラッグを掲げた彼女を追い詰めた拷問

    「兄弟へ。私は救いを見つけようとしたけれども失敗した。許してほしい。友人へ。私は残酷な経験に抵抗するには弱すぎた。許してほしい。世界へ、あなたは私にとても残酷だった。でも私は許すよ」これはエジプトのLGBTQ活動家のサラ・ヘガジさんが、6月13日に自殺する前に書き留めた最期の言葉だ。ヘガジさんはカイ ...

  • 人種差別抗議デモで広がる銅像撤去 バンクシーの故郷・英ブリストルの意外な反応

    アメリカの黒人差別に対する抗議デモが大西洋を超えて欧州にも飛び火し、人種差別的な歴史を想起させる記念碑の撤去を求める運動が活発化している。イギリス南西部のブリストルでは6月7日、デモ隊が17世紀の奴隷商人エドワード・コルストンの銅像をロープで引き倒し、港に投げ込むという出来事があった。ロンドンでも9 ...

  • 無観客試合のマイナスイメージを払拭 新名称は「リモートマッチ」に

    一般社団法人日本トップリーグ連携機構は6月15日、SNS上で募集していた「無観客試合」に変わる新たな名称を、9156件におよぶ応募の中から「リモートマッチ」に決定した。この名称は、サッカー・Jリーグやラグビー・トップリーグなど10競技12リーグが加盟する日本トップリーグ連携機構に属する各リーグが統一 ...