Lisette Voytko

  • メーガン妃、王室離脱後の初仕事は映画のナレーター役に

    英国王室のヘンリー王子の妻のメーガン妃(メーガン・マークル)の王室離脱後の初仕事は、ディズニーのストリーミングサービスDisney+で配信されるドキュメンタリー映画「エレファント(Elephant)」のナレーター役であることが明らかになった。インターネット上では以前から、ヘンリー王子がディズニーの前 ...

  • 米司法省「コロナを意図的にうつす行為」にテロ防止法を適用

    合衆国司法省は各州の警察に対し、新型コロナウイルスの感染者が故意に他人にウイルスをうつそうとする事件が発生した場合、テロ防止法の適用が可能であるとする文章を配布したことが、複数の証言で明らかになった。この文章は米国副検事総長のジェフリー・A・ローゼンが執筆したとワシントン・ポストは伝えた。ローゼンは ...

  • 次の米国副大統領には女性を、民主党バイデンが明言

    米大統領選に向けた民主党討論会が3月15日開催され、ジョー・バイデン前副大統領は、自身が民主党候補に指名された場合、副大統領候補には女性を指名する意思を明確にした。一方でバイデンと指名を争うバーニー・サンダース上院議員も、ほぼ確実に女性を指名すると述べた。今回の討論会は、新型コロナウイルスの感染拡大 ...

  • 米国で相次ぐ時給労働者の「有給休暇」適用、コロナ対策で

    米国で最大規模のレストランチェーンの「オリーブ・ガーデン(Olive Garden)」の親会社は3月10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、時給で働く労働者にも有給休暇制度を適用すると宣言した。オリーブ・ガーデンを運営するDarden Restaurantsによると、この制度の適用対象となるのは ...

  • FB広告に64億円を投じても苦戦中のマイケル・ブルームバーグ

    2020年米大統領選で民主党の公認指名獲得を目指す元ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグは、過去90日間で6000万ドル(約64億円)以上をフェイスブック広告に支払っている。3月3日に実施されたスーパーチューズデーの開票が進むなか、バーニー・サンダースとジョー・バイデン前副大統領がトップを争う ...

  • 「選択と集中」の経営者ジャック・ウェルチが84歳で死去

    1981年から約20年にわたりゼネラル・エレクトリック(GE)会長を務めたジャック・ウェルチが3月1日、腎不全により84歳で死去した。ウェルチは1981年にGE会長に就任し、米国で最も影響力の高い企業幹部として会社を成長に導いた。彼の指揮下で全盛期を迎えたGEは、ピーク時に時価総額4100億ドル(約 ...

  • 米国で進む「グリーティングカード離れ」、業界大手が破産宣告

    110年の歴史を誇るグリーティングカードの老舗の米「ホールマーク(Hallmark)」が、コストカットやオンライン販売への注力で、事業を立て直そうとしている。ソーシャルメディアが全盛の今、グリーティングカード業界は顧客離れが進んでいる。ホールマークの競合のパピルス(Papyrus)は先日、破産宣告を ...

  • ヴィクトリアズ・シークレットを支えた「下着王」、82歳で退任

    米女性向けアパレル大手「ヴィクトリアズ・シークレット」の親会社、エル・ブランズCEOのレスリー・ウェクスナーは57年間、同社の経営を率いてきたが、現在82歳の彼は経営の一線から退くことが決まった。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると彼は、ヴィクトリアズ・シークレットの株式55%を、投資 ...

  • 米デルタ航空、「CO2排出ゼロ」目指し10年間で1100億円投資へ

    米デルタ航空は2月14日、3月1日から二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を目指すと発表した。世界各国で気温上昇が報告され、航空機が排出する二酸化炭素排出がその原因の一端とされる中で、同社は今後10年間で、環境負荷の小さい技術の開発に最低10億ドル(約1100億円)を投 ...

  • 米ディズニーランドが値上げ、繁忙期の1日券は200ドル以上に

    米国のディズニーランドが値上げを発表し、繁忙期のワンデーパス(1日券)の価格が初めて200ドルを突破することになった。前回の価格改定は約13カ月前のことで、10億ドルの費用を投じて建設された「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」のオープンと同時に行われていた。ロサンゼルス・タイムズの記事による ...

  • 中国映画業界に壊滅的打撃、上映停止で「1600億円」の減収

    新型コロナウイルスの感染拡大により、中国の映画館は上映を停止し、映画の製作も中止されている。2020年の中国における映画興行収入は、少なくとも15億ドル(約1650億円)の減少となった模様だ。ハリウッド・レポーターの報道によると、過去20日間の中国での映画チケット売上は390万ドルで、昨年の同期間の ...

  • 米国2位の大手新聞チェーン「マクラッチー」が破産申請

    米国で第2位の規模を誇る新聞チェーンの「マクラッチー(McClatchy)」が2月13日、米連邦破産法11条の適用を申請した。マクラッチーは新聞の売上の劇的な低下により、巨額の債務を抱えていた。同社の破産は、新聞業界の危機的状況を示す最新の事例となった。ワシントン・ポストによると、マクラッチーが発行 ...

  • NASAが民間から「宇宙飛行士を募集」、給与は最大12万ドル

    NASAは2月11日、月面探査活動の実施に向けて、新たに宇宙飛行士を募集するとアナウンスした。NASAは有人探査ミッションの「アルテミス計画」を発表しており、トランプ政権は2030年代には人類を火星に送り込むことを目指している。宇宙飛行士に応募可能なのは、米国の市民権を持ち、エンジニアリングもしくは ...

  • 昨年末に「新型コロナ」警告で処罰された中国人医師が死去

    中国の武漢市の病院で2月7日未明、眼科医の李文亮医師が新型コロナウイルスによる肺炎で死去したことが複数のメディアで報道された。李医師は昨年12月に、インターネット上で感染拡大を警告し、根拠のない噂を拡散したとして警察の処罰を受けていた。李医師は12月30日にWeChatのグループチャットで「華南海鮮 ...

  • ビル・ゲイツ財団、新型肺炎「ワクチン」開発に100億円拠出

    マイクロソフト創業者のビル・ゲイツが率いる「ビル&メリンダ・ゲイツ」財団は2月5日、新型肺炎の感染拡大対策に最大1億ドル(約109億円)を拠出すると発表した。ゲイツ財団による寄付は、WHO(世界保健機構)による6億7500万ドル規模の寄付の呼びかけと同時にアナウンスされた。新型肺炎の感染者数 ...

  • 米フロリダで「イグアナが木から落ちる」珍現象が頻発の理由

    米国のフロリダ州南部を寒波が襲い、寒さで体が硬直したイグアナが木から落ちる現象が相次いでいる。アメリカ国立気象局(NWS)は1月21日夜、現地の住民らに対し、イグアナは多くの場合死んではおらず、凍えて動けなくなっているだけだと警告した。イグアナは夜になると木の上のねぐらで過ごす習性を持つが、NWSに ...

  • 航空機の客室に「ペットの持ち込み」を禁止、米国で法案

    ペット大国の米国では、「エモーショナル・サポートアニマル(精神的支援動物、ESA )」と呼ばれるペットたちを、ケージに入れずに飛行機の客室内に持ち込む人々が増加中だ。しかし、近年は十分な訓練を受けていない犬や猫が機内で様々なトラブルを起こすケースが相次いだ結果、米国運輸省(DOT)は、ペットの航空機 ...

  • ニューヨークで「キャッシュレス禁止法」可決、米国で3例目

    ニューヨーク市議会は1月23日、小売店やレストランが現金による支払いを拒否することを禁じる法案を可決した。この法案は「キャッスレス禁止法」とも呼ばれ、ニューヨークは米国で3番目にこの種のルールを設ける都市となった。米国では銀行口座やクレジットカードを持たない低所得者層の人々が、地域経済から排除される ...

  • 英国EU離脱「記念コイン」、1月末の発行に向けて鋳造開始

    英国のエリザベス女王は、EU離脱を記念するブレグジットコインを発行することを承認したと12月21日、ブルームバーグが伝えた。英国政府はこれに先立ち、2度に渡り、ブレグジット記念コインの鋳造を進めていたが、延期により破棄していた。EU離脱の1月31日の日付が刻印される50ペンスの記念コインは、金と銀、 ...

  • 米国の大学入学者が25万人減少、好景気で就職する学生が増加

    米国で2019年に大学に進んだ学生の数は、2018年との比較で約25万人近く減少したことが分かった。背景には米国経済の好調さと低失業率があるが、雇用者の給与水準は低く、長期的な賃金の上昇も期待できない。このデータは米国学生情報センター研究所(NSC:National Student Clearing ...