Rachel Sandler

I cover breaking news.

I’m a San Francisco-based reporter covering breaking news at Forbes. Previously, I’ve reported for USA Today, Business Insider, The San Francisco Business Times and San Jose Inside. I studied journalism at Syracuse University’s S.I. Newhouse School of Public Communications and was an editor at The Daily Orange, the university’s independent student newspaper. Follow me on Twitter @rachsandl or shoot me an email rsandler@forbes.com.

  • IPOで時価総額2.6兆円予想のDoorDashが「チップ未払い」問題で和解

    フードデリバリーのドアダッシュ(DoorDash)は、顧客から支払われたチップを、ギグワーカーの賃金の穴埋めに用いていたとして、ワシントンD.C.の検事総長から訴訟を起こされていた。11月24日、同社はこの裁判で総額250万ドル(約2億6000万円)を支払って和解した。ドアダッシュは年内にIPOを実 ...

  • アップル「古いiPhoneの動作を遅くした問題」で117億円の和解金

    アップルは以前、古いiPhoneのバッテリー持続時間を伸ばすため、意図的に端末の動作を遅くしていた件で強い非難を浴びていた。同社は、この問題の捜査を進めていた34州・地区の司法当局に対し1億1300万ドル(約117億円)の和解金を支払うことで合意したことが11月18日に分かった。司法当局はアップルが ...

  • トランプ政権内部で反乱、幹部が「大統領の虚偽発言」糾弾

    米国のトランプ大統領は11月17日、合衆国国土安全保障省(DHS)のサイバーセキュリティ対策責任者であるクリス・クレブスを解任した。トランプによると、彼は「大統領が今年の大統領選挙を妨害するために、広範囲な投票の不正が行われたとの虚偽の情報を拡散した」と、公に非難したという。クレブスはトランプによっ ...

  • アレクサの「おせっかいな新機能」に批判、気味が悪いとの声も

    アマゾンは11月11日、音声アシスタント「アレクサ」の機能を向上させ、顧客がはっきりと明示していない要望を予測して、それに応じた答えを返す機能を追加したとアナウンスした。これは、音声アシスタントをより賢くするものだが、一部の批評家は不気味に感じると述べている。アマゾンによると、例えば顧客が「紅茶をい ...

  • 安さとバッテリー持ちが魅力の新型MacBook、3機種の注目ポイント

    アップルは11月10日、「One More Thing」と銘打った新製品イベントを開催し、M1と呼ばれる自社製シリコンチップを初めて採用したMacBookの最新モデルを発表した。今回アナウンスされたモデルは、「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac Mini」の3機種だ。アップル ...

  • 米住民投票でウーバーに有利な決定、「ドライバーは請負業者」

    米カリフォルニア州では11月3日の大統領選挙当日に、ウーバーやリフトなどが、ドライバーを社員ではなく「外部の請負業者」として雇用し続けることを可能にする法案の是非を問う住民投票が実施された。その結果、この法案は賛成多数で可決された。プロポジション22(プロップ22)と呼ばれるこの法案の可決は、配車サ ...

  • 米大統領選と同日に「大麻やウーバーの未来」を問う住民投票

    米国では直接民主主義が健在であり、11月3日の大統領選挙の投票日に各州で様々な住民投票が実施される。そこで決議されるのはギグ・エコノミーや妊娠中絶、大麻や幻覚キノコの合法化の是非などだ。この記事では、各州で争点となる事柄を紹介してみたい。カリフォルニア州の有権者は、ギグ・エコノミーの未来を決定づける ...

  • 全米で暴動や略奪騒ぎの懸念、店舗は「バリケード」で自衛

    全米各地の小売店や企業は、大統領選挙後の暴動や抗議デモの発生に備え、通りに面した店舗や事務所のガラス窓を、木の板で覆う対策を進めている。米国では今年夏、人種差別に絡む暴動が各地で発生したが、選挙後にも同様な混乱が生じる懸念が高まっている。USAトゥデイの報道によると、ワシントンDCのホワイトハウス周 ...

  • 「顔認識の禁止」に向かう米大学、デモ参加者の識別が問題化

    20以上の人権団体がマイアミ大学に対し、顔認識テクノロジーの利用を中止するよう抗議の声をあげている。同大学の学生らは、大学当局がデモ活動の参加者を識別するために、顔認識技術を用いていると非難したが、大学側はこれを否定した。フロリダ州のACLU(米国自由人権協会)は他の21の団体と共に、大学の評議員会 ...

  • ジェフ・ベゾスが出資する英物流企業「Beacon」に機密窃盗疑惑

    シリコンバレーの著名企業の出身者が絡む、また新たな企業スパイ疑惑が浮上した。カリフォルニア州の物流企業が10月28日、ウーバーの元幹部のフレイザー・ロビンソンが同社の機密を盗んだとして、訴えを起こした。訴状によると、ロビンソンは英国で物流をデジタル化する企業「ビーコン(Beacon)」を立ち上げるに ...

  • 米国で格安50ドルの「ヤフースマホ」、通信大手ベライゾンが発売

    米通信大手のベライゾンが「ヤフー」ブランドのスマ−トフォンを発売する。ベライゾンは2017年にヤフーの中核事業を買収していたが、そのブランドを前面に出したスマホを発売するのはこれが初めてだ。パープルのカラーが目を引くこの端末の価格は50ドルで、機能は限定的だ。「Yahoo Mobile ...

  • トランプの選挙サイトにサイバー攻撃、仮想通貨の詐欺広告が表示

    米国のドナルド・トランプ大統領の選挙キャンペーンサイトが10月27日夜にハッキング攻撃に遭い、一時的に仮想通貨の詐欺広告が表示された。サイトは間もなく復旧し、サイト管理者によるとデータ流出は起きていないという。27日の午後7時(米国東部時間)過ぎに、サイトのAboutページに次のようなメッセージが表 ...

  • マイクロソフト、次期CEOに「女性や黒人を検討」と表明

    マイクロソフトは先日、SEC(米国証券取引委員会)に提出した書類の中で、サティア・ナデラCEOの後任に、女性や人種マイノリティの候補者を積極的に検討すると述べた。同社の動きは、大手テック企業のダイバーシティに向けた取り組みの中で、最も明快なものと言える。CNBCの10月20日の記事によると、マイクロ ...

  • ウーバーが社運を託す「ギグワーカー保護法」、11月3日投票へ

    ウーバーCEOのダラ・コスロシャヒは10月20日、同社や競合のリフトらが成立を目指す法案の「プロポジション22」が、カリフォルニア州で否決された場合、あらゆるオプションを検討すると述べた。プロポジション22は、ギグワーカーを従業員としてではなく個人事業主として雇用しつつ、最低賃金を上回る収入を約束す ...

  • 極右排除で独自路線貫くユーチューブの「アルゴリズム戦略」

    ユーチューブCEOのスーザン・ウォシッキーは10月12日のインタビューで、極右系の陰謀論を唱える「Qアノン」の投稿を注視しているが、フェイスブックが10月6日に発表したような、全面的な排除措置は行わないと述べた。CNNのPoppy Harlowが司会を務めるポッドキャスト番組Boss Filesに出 ...

  • 米仮想通貨「コインベース」が社内の政治議論を禁止した理由

    米国の仮想通貨(暗号資産)交換所大手の「コインベース(Coinbase)」CEOのブライアン・アームストロングは先月、「政治や社会運動について職場で話すことを禁止する」と発表し、このルールに従わない社員を対象に特別解雇手当を含む退職パッケージを提案した。その結果、サンフランシスコ本拠の同社から、約6 ...

  • 米議会「GAFA解体案」に対するアマゾンとフェイスブックの反論

    米議会が巨大テック企業の調査を続ける中、下院司法委員会の反トラスト小委員会は10月6日、長らく待たれていたアマゾンやアップル、グーグル、フェイスブックに関する調査結果を発表し、議会が積極的な行動を取り、"特定の支配的なプラットフォーム"の解体を目指すよう勧告した。小委員会は、フェイスブックとグーグル ...

  • 「マカフィー」創業者が仮想通貨の脱税で逮捕、懲役30年の可能性

    アンチウイルスソフトの先駆者で、セキュリティ企業「マカフィー」の創業者のジョン・マカフィーが10月5日、脱税容疑で米国司法省に起訴された。彼はここ数年、常軌を逸した言動でテック業界の注目を集めていた。起訴状によると、マカフィーは仮想通貨のプロモーションやコンサルティングなどで数百万ドルを稼いだが、2 ...

  • トランプ米大統領夫妻がコロナ感染、ホワイトハウス内で隔離

    ドナルド・トランプ米大統領(74)がツイッターで、自身とメラニア夫人が新型コロナウイルスの検査の結果、陽性と判定されたことを明らかにした。大統領の側近、ホープ・ヒックスがこの数時間前、陽性の結果が出たことを公表していた。ホワイトハウスのショーン・コンリー医師は発表した声明で、「現時点では夫妻はともに ...

  • ファイザーCEOがワクチンの「政治問題化」に反発、社内文書で

    ファイザーCEOのアルバート・ブーラは、先日の米大統領選討論会で候補者らがワクチン開発のスケジュールについて激しくやり合い、「科学的事実よりも政治的な言葉で議論した」ことに「失望した」と述べている。フォーブスはブーラが社内向けに送信したEメールを入手した。メールの件名は「Moving at the ...