林 亜季

フォーブス ジャパン ウェブ編集部編集長

2009年、朝日新聞社入社。記者経験後、新ビジネスの開発や投資などを行う「メディアラボ」で複数の新規事業立ち上げに携わる。経済部記者を経て同社を退社。ハフポスト日本版 Partner Studio チーフ・クリエイティブ・ディレクターを経て、2018年7月からフォーブス ジャパン ウェブ編集部副編集長 兼 ブランドボイススタジオ室長。同年12月から現職。
Twitter @akihayashiiiii

  • 創造と経営の接点「私は働く人々のために服を作りたい」ジョルジオ・アルマーニ

    84歳。稀代のファッションデザイナーであり、世界有数のメゾンを一代で築き上げた起業家でもある。あのジョルジオ・アルマーニが、Forbes JAPANのインタビューに書面で応じてくれた。多角経営の秘訣。クリエイティビティとビジネスの相克。パートナーとの永別。イノベーションの源泉──。レジェンド・イノベ ...

  • 編集者とコンテンツの囲い込みが加速。「文脈型広告」全盛へ メディアの #2019を読む 

    「起業家たちは2019年のトレンドをどのように予測しているのか」をコンセプトに展開してきた企画、#2019を読む。様々な分野で活躍する起業家の目線から2019年の世界を占うと、また違う景色が見えてきます。メディアは2019年、どう進化するのでしょうか。筆者自身の経験から、甚だ僭越ながら、主にテキスト ...

  • 緻密すぎる。観光大国ドバイのソーシャルリスニング力

    ドバイが観光大国へ躍進を続けている。マスターカードが毎年発表する、都市別の年間の訪問者数をまとめた「Global Destination Cities Index 2018」によると、2017年にドバイに1泊以上滞在した訪問客は1579万人にのぼり、バンコク、ロンドン、パリに続く4位だった。2018 ...

  • ある醸造家の苦悩と悲劇、繊細すぎるワイン造りに驚嘆 本屋でブルゴーニュ #2

    下北沢の書店「B&B」で土曜の昼間から開かれる、全18回の「ブルゴーニュワイン講座」でワインの勉強中。初回はコート・ド・ニュイ北端の「マルサネ(MARSANNAY)」村を学び、第2回の今回は少し南下した「フィサン(FIXIN)」村が舞台だ。講師はソムリエの資格を持ち、毎年ソムリエ試験対策を行っている ...

  • 「100億総不幸社会」に生きたいか 聴衆を魅了した「1位起業家」のスピーチ全文

    圧倒的な当事者意識、危機感、静かな覚悟、強烈なメッセージ。6分余りのスピーチに、約450人の参加者は聴き入った──。 11月26日に開催した「Forbes JAPAN CEO Conference 2018」で発表した「日本の起業家ランキング2019」。初の1位に輝いたアストロスケールCEOの岡田光 ...

  • 土曜の昼、本屋でブルゴーニュワインを学ぶ「マニアックな贅沢」#1

    「ブルゴーニュのワインが好きなんだよね」と下戸の夫が言ったので驚いた。グラス1杯から提供してくれる店なのだという。「ブルゴーニュのワインは、優しい味がする」。1杯飲めば、なんとも幸せな気分になれるのだそうだ。その店に誰と通っているのかは聞くまい。 ワインをその国ではなく、地方で語れるようになりたい。 ...