CONTRIBUTOR

Victor Lipman

I write about management in its many forms.

Author of "The Type B Manager: Leading Successfully in a Type A World" (Prentice Hall Press). Publishers Weekly has called the book "an excellent resource for leaders who don’t fit the mold, and for upper managers who need to fill leadership positions." My background: I retired in 2012 from the corporate world with over two decades of Fortune 500 front-line and executive management experience, most of it in Communications and Marketing. I spent the next couple of years thinking about, researching and writing "The Type B Manager." I've long been interested as a practitioner in the subject of management, both good and bad, effective and ineffective, what works and what doesn't. Graduate of Harvard College, with an MBA from Western New England University. Founder and principal of Howling Wolf Management Training, LLC. You can follow me on Forbes, Twitter and Facebook, and I have a blog, "Mind of the Manager," on Psychology Today.
The author is a Forbes contributor. The opinions expressed are those of the writer.

  • キャリアの成功につながる4つの資質 「前向きな態度」は必須

    私は先日、募集要項をすべて満たさない場合でも、興味がある仕事には応募した方がよいことを示す複数の新たな調査について記事を執筆した。そこで私が取材した1人の人物は、ある考察を述べた。それは、人材を必要とする部署の管理職は技術的要件など分かりやすいものだけでなく「学ぶ意欲と前向きな態度」など、漠然とした ...

  • マネジメントのコツ ちりも積もれば山となる

    管理職の立場に立つと、高度な戦略を必要とする課題に時間を使いたくなるものだが、多くの場合で重要となるのは、部下が職場で日々体験する小さなことの積み重ねだ。これは従業員のエンゲージメントと忠誠心につながり、最終的にあなたの管理職としての成功に結びつくのだ。管理職としてのパフォーマンスにおいて、ちりも積 ...

  • 募集要項を満たさない仕事にも応募すべき理由

    「この仕事に応募したいけど、募集要項を全て満たしていない……どうしよう?」──就職活動の経験がある人なら誰でも一度はこう思ったことがあるだろう。これはもっともな悩みだ。人は「試しに応募してみようか? やってみたい気もする。面白そうな仕事だし。でも、自分と相手の時間を無駄に ...

  • 従業員が辞める第一の理由、36%が「承認不足」と回答

    上記の表題は、私が最近目にしたマネジメント調査で判明した主な結果の一つだ。詳しく説明すると、従業員の36%が強い承認欲求を持っており、自分が認められているかどうかが「転職を強く考えるようになる一番の理由」となると考えているのだ。この調査は、従業員エンゲージメント企業アチーバーズ(Achievers) ...

  • 失敗がマネジメントにもたらす3つの利点

    人は一般的に、失敗を恐れるものだ。しかしマネジメントの観点から言えば、失敗には驚くほど建設的な側面もある。失敗を推奨する人々の中でも、最も有名で最も雄弁な人物のひとりが、アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営者(CEO)だ。ベゾスはさまざまな機会で、失敗の重要性と、失敗から得られる教訓につい ...

  • 優秀な管理職が持つ4つの基本原則

    マネジメントで最も大切なのは、結果重視の姿勢だ。成功するマネジャーは、結果を出している。会社で最も部下に好かれる管理職にはなれても、好成績を残さなければ苦境に陥るだろう。結果を念頭に置きながら、今年こそより優秀な管理職になるための4つの基本原則を以下に紹介しよう。・責任を重視する必要な成果に対して部 ...

  • マネジメントのスキルは潜在的? 訓練の削減は悪影響に

    マネジメントに関しては現在「無駄がなければないほどよい」と一般的に考えられている。そのため、トレーニングや開発など「余分」と認識されるものは、なくしたり減らされたりしてしまう。米労働統計局(BLS)の調査によると、従業員が100人未満の企業が管理職のトレーニングに割く時間は半年の間で平均0.8時間だ ...

  • マネジメントのコツ シンプルさの利点

    私はハーバード・ビジネス・レビュー誌がマネジメントのコツを毎日紹介する記事を愛読している。実社会で使える実用的な内容になっているからだ。最近、過去の記事を読み返していた時、ある短い記事に目が留まった。それは、シンプルさの利点について書かれたものだった。記事は『シンプルにしておく(Keep it Si ...

  • 管理職になったばかりの人へ 私が贈る2つのアドバイス

    私は先日、新たに管理職になる人への訓練が慢性的に不足していることについて記事を執筆した。もし私が、新たに管理職になる人に対してエレベータースピーチ(エレベーターに乗っている間に完結するような短いスピーチ)をする機会を与えられ、大事にすべきことを2つしか述べられないとすれば、それは何になるだろうか?私 ...

  • マネジメントのコツ 礼儀正しくあることの重要性

    「人はあなたが言ったことやしたことを忘れるが、あなたに抱かされた感情は決して忘れない」──マヤ・アンジェロウ私の友人は最近、家族の重病のために会社を早退しなければならなくなり、それを伝えるため、会議中だった上司にのもとへ向かった。会議の行われている部屋をノックしてドアを開けて中を覗き込み、「会議中に ...

  • マネジメントのコツ 人事部門は敵に回さず味方に付ける

    これはシンプルだが、私のマネジメントのキャリアに大いに役に立った習慣だ。人事部門は敵に回さず、味方に付けること。人事担当者については、米コメディードラマ『The Office』に登場するトビー・フレンダーソンのように、ドジでうざったい官僚的な人物というコミカルなステレオタイプが浸透している。確かにト ...

  • 多くの上司ができていないシンプルなこと

    最良のマネジメント行動は時に、非常にシンプルな行為だ。若くしてアパレル企業プロファウンド・エステティック(Profound Aesthetic)を創業し成功を収めた起業家のナビル・ザイディは、年下の上司が年配の部下と生産的に働くためのコツとして、経験に敬意を払い、個々のワークスタイルを尊重しつつ、権 ...

  • 2割の部下に8割の時間を割く管理職

    「20対80ルール」とはもちろん、売り上げの80%は顧客の20%がもたらしているという、古くからあるビジネスの法則だ。私は企業に在籍していた頃、この法則のさまざまなバリエーションをマネジメントに応用した。私は、部下の20%に自分の時間の80%を割いていると感じることがよくあった。つまり、大半の部下は ...

  • 人々に好まれるミーティング形式 「対面」が圧倒的1位に

    「人気」なミーティングなど存在しないようにも思えるが、最近発表された人気のミーティング形式に関する調査結果からは、マネジメントやコミュニケーションに関する価値ある見識が得られる。まずはデータを見てみよう。スケジュール調整サービス「Doodle」が英国、米国、ドイツ、スイスの社会人6500人を対象に最 ...

  • 管理職で軽視される「ソフトスキル」の大切さ

    効果的なマネジメントについて考える時に、ソフトスキルが真っ先に頭に浮かぶことはない。人はマネジメントを考える時に、権威や支配、カリスマなどの「看板」的な特徴や、クールな「数量的」スキル、高度なデータ分析といったものに注目しがちだ。私は数十年前にMBAを取得したが、当時受講した16のコースの中で「ソフ ...

  • 上司と部下の「近過ぎる関係」が生む弊害

    私は先日、部下に近づき過ぎずに「少し距離を保つ」ことがマネジメントにとって重要であるとする記事を書いた。私は米心理学誌サイコロジー・トゥデーでも、心理学的な側面を持つマネジメント関連トピックについて寄稿している。先述の記事を同誌の読者層に合わせて内容を少し変更して掲載したところ、ある読者から興味深く ...

  • 周囲に意見を求めて無視する上司 部下の心を閉ざすことに

    私は読者の声を聞くのが好きだ。というのも、マネジメント本や講習会などからは得られないような実世界での状況に関する知見が得られるからだ。そう思ったのは、ある読者から最近寄せられたメッセージがきっかけだった。この読者は、企業を対象にPR・広報戦略アドバイザー業を営むドリーン・クラークさんで、ロサンゼルス ...

  • ナイキのシューズ崩壊から学ぶ、事業経営における教訓2つ

    米バスケットボール界では先週、レブロン・ジェームズ以来の期待の星である若手選手が、試合中に使用していたナイキ製スニーカーの破損により負傷するアクシデントがあった。これを受けナイキ株は翌日に下落し、同社の時価総額は11億ドル(約1220億円)へと下がった。20日夜の試合では、米大学バスケのスター選手で ...

  • マネジメントのコツ 達成不可能な目標は設定しないこと

    私は常々、ピーター・ドラッガーの有名な「目標による管理(MBO)」を強く信じてきた。MBOはマネジメントのプロセスに厳格さと規律をもたらし、論理性を強めて感情的側面を抑えるとともに、データ主導を高めて論争を起こしにくくする。私は、目標設定の大切さについて長年にわたり考えてきたのにもかかわらず、ほぼ達 ...

  • 過小評価されるマネジメント資産、それは「共感」

    私は、過去に経営大学院で受講したどのコースでも「共感」という言葉を聞いたことはなかった。しかし私に言わせれば、共感はマネジメントにおいて価値のある資産であることは間違いない。これは単に、筆者が持つ変わった意見の一つではない。人材開発サービス提供企業DDIが行ったマネジメント調査の結果では、共感が「パ ...