CONTRIBUTOR

Victor Lipman

I write about management in its many forms.

Author of "The Type B Manager: Leading Successfully in a Type A World" (Prentice Hall Press). Publishers Weekly has called the book "an excellent resource for leaders who don’t fit the mold, and for upper managers who need to fill leadership positions." My background: I retired in 2012 from the corporate world with over two decades of Fortune 500 front-line and executive management experience, most of it in Communications and Marketing. I spent the next couple of years thinking about, researching and writing "The Type B Manager." I've long been interested as a practitioner in the subject of management, both good and bad, effective and ineffective, what works and what doesn't. Graduate of Harvard College, with an MBA from Western New England University. Founder and principal of Howling Wolf Management Training, LLC. You can follow me on Forbes, Twitter and Facebook, and I have a blog, "Mind of the Manager," on Psychology Today.
The author is a Forbes contributor. The opinions expressed are those of the writer.

  • 昇給なしの昇進 あなたは受け入れる?

    昇給なしの昇進が一般的になされている企業は現在、全体の40%近くを占める。これは7年前と比べ17ポイント高い割合だ。昇給なしの昇進を受け入れる従業員は64%で、7年前より9ポイント増えている。これらは、人材紹介企業のオフィスチーム(OfficeTeam)による最近の調査の結果だ。とても興味深い調査結 ...

  • 職場で泣き出す部下... どう対応すれば?

    私は管理職時代、会議中に部下が泣き出してしまう状況に置かれたことが何度かある。まずは、私がしてしまった悪い対応を紹介しよう。どうすれば良いのか、どう反応すれば良いか分からなかった私は、無視のような形で対応し、居心地の悪さを感じながら会議や会話を続けた。この方法がうまく行ったことは一度もない。後になっ ...

  • いつも説明不足の上司 部下への効果的な指示の出し方は?

    私がキャリア初期に出会ったある上司は、不明瞭な仕事の指示を出すのが得意中の得意だった。彼女は、例えばあるプロジェクトについて「ジョアンとあなたに、この仕事を片付けてほしい」と言うのだが、仕事内容や期限、プロジェクトの主導人物など、具体的な情報を挙げることはほとんどなかった。私とジョアンは、誰が何を、 ...

  • 国外から見た米大統領 メキシコで出会った驚きの意見

    私は最近のメキシコへの旅行中、“米国第一”のトランプ大統領がさほど興味のないものを、とても小さなスケールだが得る機会があった。それは、グローバルな視点だ。 好き嫌いにかかわらず、トランプ大統領は、人々が何らかの意見を持たないのが難しい人間だ。だがメキシコで出会った意見は、トラ ...

  • マネジメントのコツ 対立を避けてはいけない

    私はまだ若手管理職だった頃、あるメンターから、マネジメントにおける自分の最大の弱点をはっきりと指摘された。「君が対立にうまく対処できるかどうか、私には分からない」と。「君は賢く、MBA保持者で、勤勉だ。これは全て、マネジメント向きの資質だ。だが、君が対立に対処する意欲があるかどうかが、私には分からな ...

  • 「人材獲得戦争」に勝つのはデジタルに強い会社

    かつてなく熾烈な争いとなっている「人材獲得戦争」で、企業が明確な優位性を得るためにできることが一つある。それは、会社をデジタル面で傑出した存在にすることだ。つまり、自動化技術や人工知能(AI)、職場の協働ツールなどの技術を完全装備すると同時に、従業員がデジタル分野の知識を深められるよう、訓練に大きな ...

  • マネジメントは要注意 部下に感じさせてはいけないこと

    私は先日、全く異なる企業で働く2人と別々に話す機会があった。2人とも素晴らしい実績を持つ、非常に良い社員だが、いずれもマネジメントに幻滅していた。それぞれの状況は異なるものの、2人の不安は次の言葉に集約される。それは「自分の意見が真剣に受け止めてもらえない」というものだ。2人とも思慮深い人物だが、会 ...

  • FB情報流出問題 ザッカーバーグが答えるべき真の質問とは

    「ロケットが一度打ち上がれば、どこに落ちるかなど誰が気にするだろう? 私の管轄ではない、とヴェルナー・フォン・ブラウンは言う」──トム・レーラー(1965年)私は、フェイスブックが最近陥っている苦難とその対応姿勢を見て、なぜかこの歌の歌詞が頭に浮かんだ。素晴らしい風刺作家でシンガー・ソングライターの ...

  • リーダーシップに不可欠な「信用」を築く5つの方法

    作家/経営コンサルタントの故スティーブン・R・コヴィーは「信頼のスピード」と呼ぶ優れたコンセプトを持っていた。ある人が持つ信用は、信頼構築につながる。全面的に信用できる人との共同作業は、常に相手に不安を抱いたり相手の能力を量ったりしなければいけない人よりも、より効率的かつ生産的になる。つまり「信頼」 ...

  • マネジメントは「業務1割、人9割」

    この考え方は先日、私の元同僚がリンクトインのメッセージで教えてくれたものだ。私は最近、共感力がマネジメントに与える影響についての記事を執筆しており、彼はそれについて示唆に富んだコメントを送ってくれた。「素晴らしい記事ですね。私はかつて、素晴らしく有能なリーダーの元で働いたことがあります。入社時、彼女 ...

  • 誰もが求めるイノベーション なかなか見つからないのはなぜ?

    画期的なイノベーションは、ビジネス界で渇望される「聖杯」だ。誰もが欲していながらも、なかなか見つけることができない。私が企業で働いていたときは、従業員からイノベーションを引き出す手法として、インキュベーターやイノベーションセンター、ブレインストーミングセッションなど、さまざまなものがあったが、本当に ...

  • 面接を制す「80対20」の法則 カギは強みと弱みの明確化

    私は読者からの便りをもらうのが好きだ。マネジメント講習では得られないような実戦的知見が得られるからだ。先日、私の少々変わったマネジメント手法に興味を持ったクリスティーナ・ネプスタッドから連絡を受けたときも、同じ気持ちだった。彼女は元ミス・カリフォルニアからビジネスコーチに転身した、少し型破りな経歴の ...

  • 新たな幹部役職のトレンド「最高ロボティクス責任者」とは?

    私は最近、未来の労働力の姿を検討するプロジェクトにコンサルタントとして関わっているが、その調査対象の中に、企業によるロボット活用事例の増加がある。私は「人の管理」に関するさまざまな問題の方に興味を引かれがちだが、ビジネスロボット工学が従来型マネジメントの枠を広げていること、その重要性が今後増していく ...

  • 米国で「身軽なキャリア」選択が増加中 その理由とは?

    フォーチュン500に入る伝統的企業の管理職として長年勤務してきた私は、オフィス勤務の従業員と働くことに慣れていたため、「アジャイル(身軽な)労働力」(正社員が少なく契約社員やコンサルタントが多い職場)への移行という風潮に対しては当初、懐疑的だった。私はこれを、福利厚生などのコストが高い正社員を削減し ...

  • 部下の軽視が生産性低下につながる訳

    私は先日、異なる業界の会社で働く2人と似たような議論を交わした。その内容は、自分がなぜ会社のために“役割以上の努力” をしなかったか、ということについてだった。2人とも賢く勤勉でプロ意識があり、非常に良い社員だ。しかし、2人が活力とやる気を失い、不満と怒りを感じるようになった ...

  • 会社の忘年会は「地雷」だらけ トラブルを防止するには

    会社の忘年会にはいくつかの落とし穴がある。まず、多くの従業員が実は会社のパーティーを好まないという単純な事実がある。そのため、慎重に考慮して実施されなければ、士気を高めるはずのイベントが逆にやる気を損ねてしまうことも大いにあり得る。また、大量の酒が出されるこうした集まりで管理職が大きく羽目を外してし ...

  • 社内のセクハラ防止 企業ができる3つの対策

    つい最近までほとんど議論されていなかったある問題が、ここにきてせきを切ったように脚光を浴び始めた。映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン、テレビ司会者のビル・オライリー、公共ラジオ局ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)の上級副社長だったマイケル・オレスケスら、多数の重鎮のセクシュアルハラ ...

  • まともでない上司に「ノー」と言うべき時

    ビジネスリーダーシップに関する記事執筆やコンサルティング業を営む私は、どうも劣悪なマネジメントとめちゃくちゃな上司についての情報を磁石のように引き寄せてしまうようだ。残念なことに、まともではない上司は多い。私は最近、寄稿先のメディアを通じ、手紙を受け取った。その手紙は、多くの従業員が直面する課題を個 ...

  • 部下との難しい話し合いを成功に導く4つのコツ

    マネジャーにとって、従業員との気まずい話し合いは悩みのタネだ。こうした話し合いが好きだという人もいるが、ごく少数派だ。こうした話し合いの内容の例としては、仕事のパフォーマンスや報酬、素行、誠意の問題、協働姿勢など、仕事関連の問題を生むようなことが200個は挙げられるだろう。問題が尽きることはない。私 ...

  • 醜悪な上司に建設的に対処する5つの方法

    ひどい上司を持つと、良い仕事も耐え難いものになる。一方で良い上司を持つと、嫌な仕事が……まあ、少なくともより耐えやすいものになるだろう。だが、今日焦点を当てるのは、ひどい上司の方だ。私は問題のある上司について常に相談を受ける。ひどい上司にはさまざまな種類があるが、ここでは ...