柏木 智帆

台湾と日本のお米事情

お米ライター。元神奈川新聞記者。お米とお米文化の普及拡大を目指して取材するなか、お米農家になるために8年勤めた新聞社を退職。2年にわたってお米を作りながらケータリングおむすび屋を運営した。2014年秋からは田んぼを離れてフリーランスライターに。お米の魅力や可能性を追究し続ける、人呼んで「米ヘンタイ」。

  • 駅弁が根付く台湾で気づいた日本の「白ごはん」の魅力

    さまざまな国の長距離列車に「車内食」や「車内販売」の弁当があるが、各駅の構内で買える「駅弁」はあまり見かけない。駅弁は旅情や旅先の風景とともに食べる日本ならではの文化なのだ……と思っていたら、なんと台湾にも駅弁があった。台湾の駅弁文化は、日本統治時代の影響で根付いたそうだ ...