効果99%の男性用経口避妊薬認可へ? コンドームに代わるか?

Getty Images

男性用コンドームを除く、ほとんどの避妊法は女性を対象としている。実際にコンドームを除けば、男性の避妊の唯一の選択肢はパイプカットでしかない。

しかし、ミネソタ大学の研究者たちが、男性用に開発された新しい非ホルモン性避妊法の人体実験を開始した。

「科学者たちは何十年もの間、効果的な男性用経口避妊薬を開発しようと試みてきましたが、いまだに認可されたピルは市場に出回っていません。

このような副作用を避けるために、非ホルモン性の男性用避妊薬を開発したかったのです」



従来のホルモン性避妊薬には、エストロゲン、プロゲステロン、またはその両方が含まれている。これらのホルモンは、排卵を止め、子宮頸管粘液を変化させて精子を受け入れにくくし、子宮内膜を薄くして受精卵が着床するのを防ぐという働きをする。

反対に、男性用の新しい非ホルモン性避妊ピルの働きはまったく異なる。テストステロンレベルに影響を与えるのではなく、タンパク質が哺乳類の生殖に不可欠なビタミンAと結合するのを阻止するのである。



今のところ、マウスを使った研究しか行われていないが、その結果は驚くほど良好であったとされている。4週間の経口投与で、マウスの精子数は劇的に減少した。ピルを投与し、マウスの妊娠を99%防ぐことができた。加えて、マウスは薬をやめてから4〜6週間後には通常の精力レベルに戻り、明らかな副作用は観察されなかった。

このような結果が出ているとはいえ、多くの専門家が依然として躊躇していることは注目するべきだ。

ニューヨーク・タイムズ紙によれば、ヒトとマウスでは遺伝子の関係や生殖システムが異なるため、マウスの研究結果が必ずしもヒトに当てはまるとは限らないという。



男性用避妊ピルについては何年も前から報告されているが、市場に出たものはない。

一方で、この全く新しい非ホルモン避妊薬はユニークで、あらゆる基準を満たしている。もし将来発売されれば、男性が生殖の決定をコントロールできるようになると考えられている。

(この記事は、英国のテクノロジー特化メディア「Wonderfulengineering.com」から転載したものです)

ForbesBrandVoice

人気記事