ライフスタイル

2023.01.01 12:00

ついにテスラを負かしLUCID(ルシード)が世界一速いEVに認定!

坂元 耕二

半年以上前に、米の大手クルマ専門サイト「ハガティ」がモデルSプラッドと、2モーターで1,111psのルシード・エアを比較テストしたときは、プラッドが楽勝だった。しかし、今回のサファイアは、約100psのパワーアップに加え、リアに配置された3つ目のモーターが大きな違いとなっている。リアのトラクション、つまり瞬時にリアのパワーを路面に伝達することで、サファイアの圧勝となった。

スタート位置に並ぶ3台

ただし、ブガッティが勝てなかったのは、ドラッグストリップが短かったからにほかならない。もう少し長いコースがあれば、シロンはルシードを追い詰め、その1,479馬力のW16エンジンで勝利していたことだろう。

さらにこの比較レースで、カミーサ氏はおまけとしてルシードと2輪のドゥカティを対戦させた。元アメリカ・チャンピオンのジョシュ・ヘリンが乗る世界最速のモーターサイクル、210psのドゥカティ・パニガーレV4 SP2との対戦。ルシードはこれにも勝った。ほぼ完璧な走りを見せたヘリンだが、それでも9.3秒のゼロヨンを記録するにとどまった。

2輪を含めた4台が並ぶ

レース結果

ルシードは、EVセダン「エア・サファイア」の生産における目標が「テスラを一蹴すること」だったと明言はしないかもしれないが、多くの識者は、まさにそれが起きたと解説する。ルシードの真意はともかく、エア・サファイアは世界一速い市販車として認定されただけでなく、人々の注目を集める重要なカテゴリーでテスラ・モデルSを上回った。王者を退けたこの新記録に、イーロン・マスクがどう反応するか、興味深いところだ。

国際モータージャーナリスト、ピーター・ライオンが語るクルマの話
「ライオンのひと吠え」 過去記事はこちら>>

文=ピーター ライオン

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事