Official Columnist

ピーター ライオン

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

オーストラリア・パース生まれ。西オーストラリア州大学政治学部(日本研究科)卒。83年に奨学生として慶応大学に留学。88年から東京拠点のモータージャーナリストに。現在、Forbes、Car and Driver(米)、Auto Express(英)、Quattroruote(伊)などの有力誌に新車情報や試乗記を寄稿。2014年に「サンキューハザードは世界の’愛’言葉」上梓 (JAF出版)。2015年4月から、NHKワールド制作の番組「Samurai Wheels」で、片山右京と共に海外150か国に英語で日本のクルマ文化を発信。ワールド・カー・アワード賞会長。日本カー・オブ・ザ・イヤー賞選考委員。2010年ニュルブルグリンク24時間レースにクラス4位入賞。

  • 全米で「毎日1000台」売れる車、トヨタ・カムリが大変身

    初めて新カムリを見た瞬間、比喩がいくつか湧きあがってきたので、僕の脳はちょっと戸惑った。待てよ。外観デザインをそんなに変えるとは意外。カムリはこれまで15年間アメリカでベストセラーだったのに、トヨタはその成功をフイにするだろうか? 全米で毎月平均3万台、つまり毎日1000台も販売されている。カムリは ...

  • 世界で一番美しいSUV、マツダCX−5は才色兼備か?

    マツダのデザインって本当に優れていると思う。2011年に、いわゆる「鼓動デザイン」というスタイリング言葉が現れてから、間違いなく同社は日本のデザイン界をリードしている。全世界で非常に高く評価されるこの鼓動デザインで、堂々と世界カー・オブ・ザ・イヤー賞を獲得。そして、同じデザイン・テイストを使用した新 ...

  • 5年後、3人に1人が電気SUVに乗る時代が到来か?

    最近、街を走っているとある傾向に気づかないだろうか? それは、SUVが路上のクルマの3分の1を占めていること。まるでSUVが道路を支配し始めているみたいだ。だから10月、東京モーターショーで発表された2台の未来的な電気SUVは、あなたが思うより重要な役割を果たしている。日産IMxと三菱e-エボリュー ...

  • ついに「色気」を放ち出した日本のコンセプトカー

    第45回となる今年の東京モーターショーは、いつもと違っていた。2年に一度開催されるこのショーは、新しい技術、 次期スポーツカー、奇妙なセンスでアニメ風なコンセプトカーが際立つことで知られている。それに実は、そういったアニメっぽいコンセプトカーを見るために訪れる海外のジャーナリストも、少なくない。とこ ...

  • まるで車のテーマパーク、BMWのテストコース付きディーラー

    日本で最大規模、呆気にとられるほど大きなクルマのショールームが、東京・お台場に誕生したBMWグループ・東京ベイだ。野球場が2つ入る2万7000平方メートルというスペースは、自動車ディーラーとテストコースがディズニーランドと合体したようだ。こんなにアトラクション満載の自動車用施設は、これまで日本にはな ...

  • アメリカ市場で「最も過激なホンダ」、シビック・タイプR

    1990年にホンダNSXが登場したとき 、ドイツの名門サーキット、ニュルブルクリンクでのラップライムが8分16秒ということが、世界を驚愕させた。当時のスーパーカー作りを変えたそのNSXは3L、V6のミッドシップエンジンで280馬力だった。それから27年が過ぎた。2017年に登場したシビック・タイプR ...

  • 市場はどう反応するか、「メキシコ産」の新アウディQ5

    世界中どこへ行っても、人気急上昇のジャンルといえばSUVになっている。そして評価においても、たとえば僕が会長を務めるワールド・カー・アワードでも、2017年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤー賞候補のファイナリスト3台は、いずれもSUVだった。そんな中でアウディQ5は、最高のコンパクト・クロスオーバー ...

  • F1伝説の名を受け継ぐ「MINI」は、ホットな2つの顔を持つ

    1969年に制作されたイギリス映画、元祖「ミニミニ大作戦」はコミカルな犯罪映画だった。作品の中で、 金の延べ棒を大量に載せて逃走する青、白、赤3台のおかげで、MINIは一躍有名になった──。原題は「イタリアン・ジョブ」だったが、それは当時のイタリア車では追跡しきれない、英国車MINIクーパーの性能と ...

  • たった3語で地球上どこでもピンポイント、メルセデスが採用する最新ナビ

    いまや、クルマに地図を乗せている人は少なくなっただろう。日本で開発されたカーナビと呼ぶGPSナビが普及してきたからね。でも現実には、カーナビにイライラすることも少なくない。使いにくいシステムもあるし、特に輸入車のカーナビは残念ながら情報が古いこともある。また、目的地に近づくと勝手に案内が終了になった ...

  • 予期せぬ登場のマセラティ・レヴァンテ、SUVの牙城に食い込む

    イタリアの高級車ブランド、マセラティの100余年の歴史の中で、レヴァンテSUVはもっとも重要なモデルだ。なぜかって? その理由は、マセラティにとってまったく新しいセグメントへの進出だったが、そのおかげであの三本槍のバッヂのついたクルマの販売台数が全世界で、特に中国とアメリカで一挙に倍増したからだ。こ ...

  • 衝突実験で最高点、スバルXVが世界一安全なワケ

    2012年に発売になって以来、スバルXVは、地上高が高く、燃費がよくて手頃な価格の4WDコンパクト・クロスオーバーとして、常に人気者だった。そして、刷新された2017年型には、さらに新しいスパイスが加えられた。パワーが多少増強され、ハンドリング性能も向上し、最新のアイサイト安全技術が装備されたのだ。 ...

  • かつてなく静粛、進化したディーゼルエンジン「BMW 523d」

    初めに端的に言っておこう。BMW5シリーズは、ガソリンの523iと540i、530eのハイブリッド、ディーゼルの523d、530dを含めて、びっくりするほど優れたエンジンを揃えている。特に540iのパワー感と走りには双手を上げて褒めようと思うが、ここでは523dに焦点を当てよう。というのは、これが極 ...

  • 世界のクルママニアを魅了した、日本人が手がけるスーパーカー

    グローバルに活躍する日本の工業デザイナー、ケン奥山こと奥山清行。彼が手がけるのは、新幹線からトラクター、ロボット、家具、めがね、食器と幅が広い。しかし、彼を一躍有名にしているのは、そのスーパーカーのデザインだ。昨年は、カリフォルニア州モンタレーで開催されるモーター・スポーツのイベント「ザ・クウェイル ...

  • ハリウッドも未踏の世界へ、グランツーリズモ・スポーツが目指す深層

    もはや、グランツーリズモの開発チームのやっていることは、革命だ──。グランツーリズモ(以下GT)は、発売以来20年間で6つのバージョン計7600万枚以上が販売され、売り上げ約4000億円を生んだ驚異的なドライビング・シミュレーター・ゲームだ。しかし、来る 10月下旬に登場する「GTスポーツ」は、 そ ...

  • 乗る人に自信を与える「ポルシェ」新型パナメーラ・ターボ

    8年前にポルシェが初代パナメーラを出したとき、それは激しい批難の嵐だった。後部はぼったりと、ポルシェらしからぬプロポーション。初めて投入された4ドアセダンは、まるで茄子とカボチャの間に生まれた不運な子供のようだったからだ。中身は高級なパフォーマンスカーとして良く仕上がっていただけに、他のライバル車種 ...

  • 本物のドライバーズカーに大変身 ランボルギーニ・アヴェンタドールS

    ランボルギーニは、控えめという美徳とは無関係だ。パワーや存在感が足りないなどと批判されたことはない。まして、エンジン音が弱いなんて、あり得ない。その代表格、アヴェンタドールはまるで攻撃体勢に入ったステルス戦闘機のようだ。しかし、今日フェラーリやマクラーレンといったライバルが、ハンドリングを進化させて ...

  • 仰天の走り、スバルWRX STIの制御力は異次元レベル

    今回紹介するモデルは、性能の向上により、車好き、特にスバル・ファンであればヨダレが出るほどの名車となったWRX STI。いや、誰でも喉から手が出るぐらい欲しいスペックを備えた車と言えるだろう。世界ラリー選手権で培ったフットワークがさらにパワーアップしているからだ。どのようにかって? まずはブレーキか ...

  • イケアとスポティファイの国が生んだ新スター「ボルボS90」

    今月開催されたG20では、フランスのマクロン大統領が2030年までに、ガソリン・ディーゼルの新車の発売を禁止すると明言した。同じ方針を表明する国も少なくない。そんな中で、自動車業界に衝撃を与えたのが、スウェーデンのブランド、ボルボだ。同社は、2019年から生産するすべての車種を、ハイブリッドか完全な ...

  • 世界初の小学生プロレーサー、Jujuが目指す「F1優勝」への道

    日本には今、天才ティーンエイジャー旋風が吹いている。29連勝した将棋四段の藤井聡太(14歳)、サッカーの久保建英(16)や中井卓大(14)、卓球の張本智和(13)、フィギュアスケートの本田真凛(16)などなど……。そして、モータースポーツの世界で注目を集めているのが、11 ...

  • 米国メーカーの良きお手本 スズキと英国ケータハムの見事なコラボ

    トランプ大統領は、選挙中から「日本にアメリカ車をもっと買わせよう」と息巻いていたが、日本にいる人なら誰だって、なぜアメリカ車が少ないのか知っている。もしも本気で売るつもりなら、こんなクルマを考えてみていただきたい、大統領!米国車の日本進出のための処方箋とも言えそうなクルマが、なんと素敵な日英合作車、 ...