Official Columnist

ピーター ライオン

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

オーストラリア・パース生まれ。西オーストラリア州大学政治学部(日本研究科)卒。83年に奨学生として慶応大学に留学。88年から東京拠点のモータージャーナリストに。現在、Forbes、Car and Driver(米)、Auto Express(英)、Quattroruote(伊)などの有力誌に新車情報や試乗記を寄稿。2014年に「サンキューハザードは世界の愛言葉」上梓 (JAF出版)。2015年4月から、NHKワールド制作の番組「Samurai Wheels」で、片山右京と共に海外150か国に英語で日本のクルマ文化を発信。ワールド・カー・アワード賞会長。日本カー・オブ・ザ・イヤー賞選考委員。2010年ニュルブルグリンク24時間レースにクラス4位入賞。

  • 英国の革新的エンジン技術、日本車にも導入か?

    この10数年間、徐々に厳しくなる燃費規制や排気ガス規制に適合すべく、世界のカーメーカーはエンジンを小型化し、よりクリーンで効率的な駆動系の実現を目指し、ハイブリッド・ユニットやターチャージャーを搭載するようになっていた。そして現在、たとえばトヨタの大型車ラインナップの半数は、ハイブリッドかPHEV、 ...

  • 若返り大作戦開始、常識を覆す新カローラの驚くべき事実

    トヨタ・カローラと聞いたら、何を思い浮かべるだろうか。高齢者向け、平凡、全世界で良く売れていること……? 「信頼性とコストパフォーマンス抜群だけど、働き盛りの自分には合わない」と思っている人は、ショックを受けるだろう。生まれ変わった12代目のカローラは、そうしたイメージを ...

  • クルマに乗るなら絶対につけたい「7つの安全機能」

    覚えているだろうか? かつては、クルマの安全機能といえば3点式シートベルトと2個の前席エアバッグに、アンチ・ロック・ブレーキ、そして横滑り防止機能くらいだった。でも今は、せっかくそれなりの金額を払って新しいクルマを買うのだから、おおかたのユーザーは最新の安全機能が搭載されていなくては満足しないだろう ...

  • マクラーレンの最高傑作、アイルトン・セナを愛した日本で披露

    東京・芝にある増上寺。荘厳なこの寺は、海外ではヒュー・ジャックマン主演の映画「ウルヴァリン・SAMURAI」(2013年)のロケ地として知られている。5月22日にここで行われた新車発表会は、これまで僕が経験した中でも、もっとも印象的で素晴らしいイベントだった。もちろんローガンはいなかったけれど。主役 ...

  • レクサスLF-1は世界で一番セクシーなSUV?

    トヨタの高級ブランドとしてレクサスが誕生してから29年。その中でLF-1リミットレス・コンセプトは、このブランドが作り上げた最も美しくて力強いモデルかもしれない。しかもLF-1はクロスオーバーでありながら、同ブランドがこれから10年以上目指すであろうスタイリングの方向を定義していそうだ。レクサスLS ...

  • 見た目はそんなに大切か? マツダが新デザインで勝負をかける

    日本でもっとも急進的、かつ、もっとも愛されているカーメーカーは、マツダかもしれない。日本にある8つのカーメーカーの中で、マツダはデザインが美しくあるべきと信じていて、これまでも「魂動デザイン」を、全社をあげて優先的ゴールとして貫いてきた。そして、電動化を含むモビリティに傾向しすぎず、これまでの内噴エ ...

  • 夢のクルマ、フェラーリが史上最強のV8で業界を圧倒

    カモフラージュを施したフェラーリ488ピスタのプロトタイプを遠慮ない速度で走らせる──。それは、オーロラを初めて見る感覚だ。一気に鳥肌が立ち、快感受容器が最大限になる。僕にとっては、伝説のテノール、ルチアーノ・パヴァロッティが、プッチーニのオペラ「トゥーランドット」で「誰も眠ってはならぬ」のクライマ ...

  • ついに来たか? ハイブリッドがカッコよくなる時代

    変われば変わるものだ。先月のニューヨークで僕は、あるクルマにいい意味で驚かされた。1999年に登場したホンダの初代インサイトは、もっとも燃費のいいハイブリッド車であるには、どんなデザインがよいかまさに「実験中!」というスタイリングだった。のっそりしてかわいいオーストラリアの有袋類、ウォンバットをヒン ...

  • 日本車シェアが50%のオーストラリア 中国車は割り込めるのか

    2009年からオーストラリアで中国製の自動車が販売されていると言ったら、日本では驚かれるかもしれない。南半球のこの国に最初に上陸した中国車はグレート・ウォール(長城汽車)というブランドのユーティリティ・カーだった。しかしその後の10年で、チェリー(奇瑞)、ジーリー(吉利)、フォートン(北汽福田)、ハ ...

  • 問題の自動運転、そんなに急ぐ必要はあるのか?

    今やいつでもどこでも、AI(人工知能)や自動運転、電気自動車の話題で持ち切りだ。自動車メーカーが新しい技術を開発して、自動運転を推し進めていると伝えられる。だから、ひょっとしたら2020年の東京五輪の頃には自動運転がかなり実現するのではないか、と思ってしまったとしても仕方ない。一方で、つい最近アリゾ ...

  • ワールド・カー・アワード、勢いに乗るボルボに最優秀賞

    この1年間、実に多くの賞をとって来たボルボが、またしてもXC60で強力なライバルを抑え、3月28日に開催されたニューヨーク国際オートショーで「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー賞」に輝いた。その同じ舞台で、ワールド・グリーンカー賞を獲得したのは日産リーフだ。2011年に登場した初代リーフは、大賞に輝い ...

  • WRXワゴンが復帰か、スバルのヴィジヴ・ツアラーの真相

    これはWRXワゴンの再解釈だろうか? 迫力満点のブリスターフェンダーと鋭いエッジが効いた格好いいボディは、ちょうどレヴォーグとアウトバックの中間に当たるサイズだからこそ、再解釈と言えるかもしれない。今月のジュネーブ・モーター・ショーで発表されたスバルのヴィジヴ・ツアラー・コンセプトは、昨年の東京モー ...

  • スープラ来春に復活、トヨタとBMW合同でポルシェを超える?

    世界のスポーツカーのファンが待ちに待ったスープラがついに帰って来た。トヨタとBMWが共同開発した新スープラが先日、ジュネーブ・モーター・ショーで初めてその姿を見せた。しかし、ステージに現れたのは、市販車ではなく、なんとレース仕様車だった。各国のメディアがステージに駆けつけたスープラのアンベールの瞬間 ...

  • いざフォーミュラE参戦 日産が狙うは「ミレニアル世代」

    世界に先駆けて、8年前にピュアな電気自動車の市販をスタートしたのは日産だった。日産リーフは、世界でもっとも多く販売されている電気自動車(EV)で、2010年に誕生して以来、30万台以上販売されてきた。その日産が今度は、日本の自動車メーカーとして初めてフォーミュラEに参戦することになった。3月8日に開 ...

  • 最高の走りに達したアストンマーティン、ヴァンテージ

    ここムーミンの国フィンランドは、零下30度の世界。北極圏に200kmも入ったイヴァロ空港の隣りに寒冷地試験場がある。こんな北極に最も近いコースにやってきたのは、新型アストンマーティン・ヴァンテージの走りを試すためだ。とにかく寒い。なんで野生のトナカイが出るこんな極端な環境でテストしなければならないの ...

  • 1億円超えか 衝撃的なトヨタの究極ハイブリッドカー

    数億円以上するハイパーカーの話になったとき、世界のクルマ業界で話題にのぼるのは、メルセデスAMGプロジェクト・ワンやレッドブル・レーシングのアストン・マーティンのヴァルキリーであって、日本のメーカーの車種の名前があがることはなかった。そう、これまでは。トヨタ・GRスーパー・スポーツ・コンセプトが発表 ...

  • 大ヒットの秘訣は初の7人乗りボディ、マツダCX-8の真相は?

    これこそ、市場が待っていたクルマだ。新登場のマツダCX-8は国内で同ブランド史上もっとも大型のSUVだが、同時に初の7人乗りということで大いに話題になっている。昨年12月に発表した時点では、このクロスオーバーの月間販売目標は1200台だった。ところが蓋を開けてみると、CX-8はまさにジャックポットだ ...

  • 復活の三菱、新エクリプス・クロスでSUVの牙城に挑戦

    2016年に燃費不正問題が発覚してから1年半、三菱自動車はその間、日産の傘下に入りながらブランド・イメージの再建と新しいクルマ作りに集中してきた。そして、満を持して登場したのが、エクリプス・クロスだ。復活をかけた同社のグローバル戦略SUVに、大寒の北海道で行われた雪上の試乗会で乗ってきた。今、言える ...

  • 日本一に輝いた「ボルボXC60」が熱い視線を浴びる理由

    近頃ちょっと話題になっているスウェーデン。この国から海外に進出して大成功を収めるのは、古くはABBA、そしてIKEAやスポティファイ……その他に驚くべき才能を備えているヒット作がある。それはボルボXC60だ。ボルボ創業以来、この最新SUVほど世界的に賞を獲得したモデルはな ...

  • ついにスープラ復活! トヨタxBMW合作の成果はいかに?

    あのスープラがついに復活する。映画「ワイルド・スピード」シリーズでフィーチャーされたクールなスタイルで、かつてはポルシェ911よりも速く、しかも価格はその半分という名車が、16年という時を経てよみがえる。さらに今回は、トヨタとBMWの共同開発だ。待ちに待ったトヨタ・スープラの再登場、そしてBMWの新 ...