Official Columnist

ピーター ライオン

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

オーストラリア・パース生まれ。西オーストラリア州大学政治学部(日本研究科)卒。83年に奨学生として慶応大学に留学。88年から東京拠点のモータージャーナリストに。現在、Forbes、Car and Driver(米)、Auto Express(英)、Quattroruote(伊)などの有力誌に新車情報や試乗記を寄稿。2014年に「サンキューハザードは世界の愛言葉」上梓 (JAF出版)。2015年4月から、NHKワールド制作の番組「Samurai Wheels」で、片山右京と共に海外150か国に英語で日本のクルマ文化を発信。ワールド・カー・アワード賞会長。日本カー・オブ・ザ・イヤー賞選考委員。2010年ニュルブルグリンク24時間レースにクラス4位入賞。

  • 日本車シェアが50%のオーストラリア 中国車は割り込めるのか

    2009年からオーストラリアで中国製の自動車が販売されていると言ったら、日本では驚かれるかもしれない。南半球のこの国に最初に上陸した中国車はグレート・ウォール(長城汽車)というブランドのユーティリティ・カーだった。しかしその後の10年で、チェリー(奇瑞)、ジーリー(吉利)、フォートン(北汽福田)、ハ ...

  • 問題の自動運転、そんなに急ぐ必要はあるのか?

    今やいつでもどこでも、AI(人工知能)や自動運転、電気自動車の話題で持ち切りだ。自動車メーカーが新しい技術を開発して、自動運転を推し進めていると伝えられる。だから、ひょっとしたら2020年の東京五輪の頃には自動運転がかなり実現するのではないか、と思ってしまったとしても仕方ない。一方で、つい最近アリゾ ...

  • ワールド・カー・アワード、勢いに乗るボルボに最優秀賞

    この1年間、実に多くの賞をとって来たボルボが、またしてもXC60で強力なライバルを抑え、3月28日に開催されたニューヨーク国際オートショーで「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー賞」に輝いた。その同じ舞台で、ワールド・グリーンカー賞を獲得したのは日産リーフだ。2011年に登場した初代リーフは、大賞に輝い ...

  • WRXワゴンが復帰か、スバルのヴィジヴ・ツアラーの真相

    これはWRXワゴンの再解釈だろうか? 迫力満点のブリスターフェンダーと鋭いエッジが効いた格好いいボディは、ちょうどレヴォーグとアウトバックの中間に当たるサイズだからこそ、再解釈と言えるかもしれない。今月のジュネーブ・モーター・ショーで発表されたスバルのヴィジヴ・ツアラー・コンセプトは、昨年の東京モー ...

  • スープラ来春に復活、トヨタとBMW合同でポルシェを超える?

    世界のスポーツカーのファンが待ちに待ったスープラがついに帰って来た。トヨタとBMWが共同開発した新スープラが先日、ジュネーブ・モーター・ショーで初めてその姿を見せた。しかし、ステージに現れたのは、市販車ではなく、なんとレース仕様車だった。各国のメディアがステージに駆けつけたスープラのアンベールの瞬間 ...

  • いざフォーミュラE参戦 日産が狙うは「ミレニアル世代」

    世界に先駆けて、8年前にピュアな電気自動車の市販をスタートしたのは日産だった。日産リーフは、世界でもっとも多く販売されている電気自動車(EV)で、2010年に誕生して以来、30万台以上販売されてきた。その日産が今度は、日本の自動車メーカーとして初めてフォーミュラEに参戦することになった。3月8日に開 ...

  • 最高の走りに達したアストンマーティン、ヴァンテージ

    ここムーミンの国フィンランドは、零下30度の世界。北極圏に200kmも入ったイヴァロ空港の隣りに寒冷地試験場がある。こんな北極に最も近いコースにやってきたのは、新型アストンマーティン・ヴァンテージの走りを試すためだ。とにかく寒い。なんで野生のトナカイが出るこんな極端な環境でテストしなければならないの ...

  • 1億円超えか 衝撃的なトヨタの究極ハイブリッドカー

    数億円以上するハイパーカーの話になったとき、世界のクルマ業界で話題にのぼるのは、メルセデスAMGプロジェクト・ワンやレッドブル・レーシングのアストン・マーティンのヴァルキリーであって、日本のメーカーの車種の名前があがることはなかった。そう、これまでは。トヨタ・GRスーパー・スポーツ・コンセプトが発表 ...

  • 大ヒットの秘訣は初の7人乗りボディ、マツダCX-8の真相は?

    これこそ、市場が待っていたクルマだ。新登場のマツダCX-8は国内で同ブランド史上もっとも大型のSUVだが、同時に初の7人乗りということで大いに話題になっている。昨年12月に発表した時点では、このクロスオーバーの月間販売目標は1200台だった。ところが蓋を開けてみると、CX-8はまさにジャックポットだ ...

  • 復活の三菱、新エクリプス・クロスでSUVの牙城に挑戦

    2016年に燃費不正問題が発覚してから1年半、三菱自動車はその間、日産の傘下に入りながらブランド・イメージの再建と新しいクルマ作りに集中してきた。そして、満を持して登場したのが、エクリプス・クロスだ。復活をかけた同社のグローバル戦略SUVに、大寒の北海道で行われた雪上の試乗会で乗ってきた。今、言える ...

  • 日本一に輝いた「ボルボXC60」が熱い視線を浴びる理由

    近頃ちょっと話題になっているスウェーデン。この国から海外に進出して大成功を収めるのは、古くはABBA、そしてIKEAやスポティファイ……その他に驚くべき才能を備えているヒット作がある。それはボルボXC60だ。ボルボ創業以来、この最新SUVほど世界的に賞を獲得したモデルはな ...

  • ついにスープラ復活! トヨタxBMW合作の成果はいかに?

    あのスープラがついに復活する。映画「ワイルド・スピード」シリーズでフィーチャーされたクールなスタイルで、かつてはポルシェ911よりも速く、しかも価格はその半分という名車が、16年という時を経てよみがえる。さらに今回は、トヨタとBMWの共同開発だ。待ちに待ったトヨタ・スープラの再登場、そしてBMWの新 ...

  • ロボットカーは日産とNASAの共同開発で生まれる

    シリコンバレーにある日産リサーチセンター(NRC)を訪ねた昨年11月、次世代の自動運転の技術をテストする施設で、リーアム・ペデルセン博士が1台の特殊リーフを見せてくれた。しかし彼はニヤリとして「このリーフ、クルマに見えるかも知れないけれど、実はロボットなんです」と言い出した。ペデルセン博士は、かつて ...

  • 色気あふれるイタリア産SUVはドイツ勢を超えられるか

    昨年颯爽と登場するやいなや、アルファ ロメオ ジュリアはドイツの強豪に肩を並べ、スポーツセダンの新しい標準となった。シャープなデザイン、力強い性能、そしてイタリア車のDNAが、ジュリアを際立たせ、有力誌モーター・トレンドのカー・オブ・ザ・イヤーをはじめとする多くの賞を欲しいままにした。その勢いにのる ...

  • 「世界一壊れないクルマ」がイメチェン、女性からも人気に

    世界でもっとも壊れないと言われたクルマ、トヨタ・ハイラックス。破壊不可能と言ってもいいかもしれない。過去にはイギリスの超人気クルマ番組「トップ・ギア」で、この頑丈な4WD車をどうにかして壊そうと試みたのをファンなら決して忘れないはずだ。お騒がせキャスターのジェレミー・クラークソンは、ハイラックスを燃 ...

  • ネーミングはクルマの人気を左右するか? 「Q・R・X」の威力

    日本でも、クルマという工業製品にはたいていアルファベットで名前がつけられる。英語のネイティブ・スピーカーとしては、日本のクルマの名前を見てびっくりしたり、ニンマリしたり、笑ってしまうことが結構ある。ちょっと困ったネーミングもあるけれど、上手いなぁと感心する呼称もある。今回は、そういうクルマの名前につ ...

  • さりげない色気が漂う 最新レンジローバー・ヴェラールは賢い戦略

    今、またジャガー・ランドローバーが熱い。今年の4月にジャガー・Fペースがワールド・カー・オブ・ザ・イヤー賞を獲得したばかりだけど、同社からまたアッと言わせるモデルが現れた。高級SUVのレンジローバー・ヴェラールだ。ラインナップで4つめの車種として登場したヴェラールは、Fペースと同じプラットフォームを ...

  • 加熱する小型SUV市場、メルセデス参入も当然か

    人気が上がる一方のSUV。高級ブランドも、大型高級SUVというジャンルをこぞって開拓した。ポルシェ・カイエン、マセラッティ・レヴァンテ、ランボルギーニ・ウルス、ベントレー・ベンテイガ、そしてついに2019年に発表予定のアストン・マーティンDBX。いっぽうで、BMW、ベンツ、アウディが大型SUVをその ...

  • 日本が知らないうちに変貌する韓国「キア・スティンガーGT」の魅力

    ときどき、これまでの常識を破り、ヨーロッパやアメリカのユーザー、アジアの人々の期待をはるかに超えるクルマが登場することが、ある。それを生みだす方式は簡単ではないが、それを実現したのが韓国のカーメーカー、キアで、そのモデルはスティンガーGT。素晴らしいスポーツ・セダンだ。セグメントを圧倒するスタイルの ...

  • 微笑みが止まらない 走り抜群のスバルBRZ STIスポーツ

    スバルBRZは登場した時からずっと、最高のエントリー級スポーツカーだった。でも、今回STI(スバル・テクニカ・インターナショナル)が開発したBRZ STIスポーツはハンパない──。ところでSTIは、モータースポーツの参戦や高性能パーツを開発する子会社だ。幸いなことに先月、北海道にあるスバルの美深テス ...