Official Columnist

ピーター ライオン

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

オーストラリア・パース生まれ。西オーストラリア州大学政治学部 日本研究科卒。83年に奨学生として慶応大学に留学。88年から東京拠点のモータージャーナリストに。現在、Forbes、Car and Driver(米)、Auto Express(英)、Quattroruote(伊)などの有力誌に新車情報や試乗記を寄稿。2014年に「サンキューハザードは世界の愛言葉」上梓 (JAF出版)。2015年4月から、NHKワールド制作の番組「Samurai Wheels」で、片山右京と共に海外150か国に英語で日本のクルマ文化を発信。ワールド・カー・アワード賞会長。日本カー・オブ・ザ・イヤー賞選考委員。2010年ニュルブルグリンク24時間レースにクラス4位入賞。

  • スポーツとクーペの「愛の子」、SUVを超えたBMW X4

    正直に言おう。いま、SUVというジャンルは最もホットなカテゴリーだ。そんな急増する需要に応えようと、このところ、これまでは思いもつかなかったメーカーもSUVに乗り出している。ランボルギーニ、マセラティ、ジャガー、アルファロメオ、ベントレーやロールスロイス、そして来年にはアストンマーチンも。まさに、皆 ...

  • トヨタは今年のレース活動で「最も成功の年」を飾れるか

    トヨタにとって、2018年はいろいろな意味で記念すべき年になりそうな気がする。同社を代表する新型カローラ、クラウン、センチュリーが登場し、先日トヨタとソフトバンクは提携し、新しいモビリティサービスの構築に向けて、無人タクシーとEVの自動運転車の宅配を手がける新会社を設立するという重要なニュースがあっ ...

  • 英国の聖地グッドウッドはポルシェ70年の轟音と速度で盛り上がる

    伝説のヒーローの隊列を率い、第25回フェスティバル・オブ・スピードの登坂コースを極レア・ポルシェ901で駆け上がる。自動車ジャーナリスト、ピーター・ライオンがスポーツ・ドライビングの高揚の体験を綴る。アクセルを4000回転までふかし、1964年式ポルシェ901のクラッチを離してグッドウッドの有名な坂 ...

  • 海外で箔をつけてから日本上陸 「1億円超え」の日産GT-R50

    トランプ大統領が何を言おうが、グローバリゼーションは良いものだと思う。自動車業界では、特にそうだと確信する。世界のさまざまな国の強みとテイストを合わせることによって、クルマをアピールできる客層はより広がる。数年前には、マツダとフィアットが共同開発した「ロードスター」と「124スパイダー」という兄弟車 ...

  • 世界一流のSUV「ホンダCR-V」 一新してカムバック

    ホンダCR-Vは世界で最も売れているSUVの1つだ。アメリカでは、毎月約3万台販売されている。つまり、毎日1000台も売れており、平均価格が1台の平均価格が290万円だとしても、ホンダは毎日29億円を稼いでいることになる。年間の売り上げだと、CR-Vだけで10兆円ほどだ。そう考えると、ホンダにとって ...

  • 次世代スープラの正体は、BMW M240iに秘められている?

    友達や同僚が未発売の新型車に関心を示した時、僕はまず、世界ーのドライビング・シミュレーター・ゲーム「グランツーリズモ」で“ヴァーチャル試乗”してみることをすすめている。最新のクルマ、特にスポーツカーであれば、市場に登場する前に、ほぼ間違いなく「グランツーリズモ」に再現されてい ...

  • 小型高級SUVの新スター誕生か、ジャガーEペース試乗レポ

    小型の高級SUVが今、もっともホットなカテゴリーだ。ジャガーはそれをよく知っている。だから、かなり格好いい「Eペース」という車を仕掛けてきた。Eペースの兄貴分、Fペースは、2017年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞したけれど、果たして弟はその世界王者の素質を持っているのか? 今回、それを確 ...

  • 近未来のクルマはこうなる? ホンダ クラリティPHEV

    昨年の春、ニューヨーク国際オートショーで発表されたホンダ・クラリティは、燃料電池仕様、EV仕様そしてPHEV(プラグイン・ハイブリッド)仕様の3種類だった。 それは、これから世界のメーカーがどの方向へ進もうとしているのかを、明確に示していた。クラリティのメイン市場になるアメリカで、ニューヨークショー ...

  • 日本人が知らない日本のカッコいい4WD「いすゞ D-MAX」

    いすゞ自動車と聞くと、何を思い浮かべますか? クルマ好きであれば、かつて人気だったベレット、117クーペ、ジェミニ、ピアッツァ、そしてビッグホーンはすぐ口から飛び出すはず。特に「117クーペは美しかったな〜」と懐かしく思い出す人も多いだろう。しかし、いすゞは10年ほど前に、販売不調で乗用車販売から撤 ...

  • 世界最高峰の4WD性能、スズキ・ジムニーに国内外から熱視線

    大きな4WDにできることは、新ジムニーだってできる。この車は4WD界のブルース・リーだ。小柄だが、無駄がなく身体能力は抜群。適応性とバランスに優れているので、あらゆるタフな状況にも分け入り、勝者として生還する。そんな4代目スズキ・ジムニーは、日本で今注文しても納車は年明け以降になってしまうが、それで ...

  • ついに世界の期待に応えた! マツダの新ロードスター

    マツダのロードスターが想像以上に進化した。2014年から発売されてきた4代目は、いわゆる「ビッグマイナーチェンジ」の時期を迎え、2つの重要な改良がなされた。そして、先週、横浜で試乗したその改良版は、僕がこれまでに経験した中でもっとも感動的で、思わず声を上げてしまう「アップグレード」だった。新しくなっ ...

  • トヨタと日産によるサプライズ、クルマの聖地で「戦略車」を披露

    7月半ば、南イングランドで開催された車の祭典「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」には、トヨタと日産両社からスポーツモデルがサプライズ登場した。クルマの聖地のパドックに姿を表したトヨタの新型スープラと日産GT-R50 by イタルデザインは、何万人ものファンの注目が集まる中、この会場の名ス ...

  • F1マシンより速い!驚異のポルシェ・ハイブリッド

    毎夏、南イングランドはウェスト・サセクスにある英国貴族マーチ卿の領地で開催される自動車の祭典「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」。 車好きの聖地の一つといえるグッドウッドは、面積がなんと港区と渋谷区、目黒区を併せたほどの広大な、緑豊かな土地だ。そこが今年は、シュトゥットゥガルトの轟音でい ...

  • 欧州で高評価のボルボ「XC40」が日本でも完売する理由

    競争がどんどん激しくなるコンパクトSUVの世界に、ボルボがXC40を送り込んできた。ライバルの名を見れば、SUV市場の激しさをつくづく感じる。このセグメントには、メルセデスGLA、BMW X1、アウディQ3、レンジローバー・イヴォーク、ジャガーEペース、レクサスNX、インフィニティQX30などが過激 ...

  • 日本人好みのドイツ製ハッチバック「GTI」乗り比べ

    世界中が自動車メーカーが電気化を目指し、内燃機関エンジンからどんどん離れようとしている今日、頑なにガソリン・ターボエンジンにこだわり、スポーティーなホットハッチを作る勇敢で冒険心のあるメーカーがあると、清々しい気分になるのは僕だけだろうか?ここで、フォルクスワーゲン GTIを紹介しよう。GTIという ...

  • カッコ良すぎる日産GT-R50 イタリアの名門と共同開発

    先週、日産GT-R50 by Italdesign(イタルデザイン)を初めて見て、体の芯まで驚かされた。いったい、どこにこんなにカッコいいGT-Rが潜んでいたんだ? でも、あまり先読みはして欲しくない。日産の話によると、この美男子は次期GT-Rではないから。GT-R50プロトタイプが意味するのは、G ...

  • スバルの新フォレスター、顔認証機能で運転者を「おもてなし」

    スバルのフォレスターは、たとえて言えば俳優マーク・ウォールバーグみたいなクルマだ。映画「ローン・サバイバー」や「トランスフォーマー」などで彼が演じたヒーローぶりは、ちょうどフォレスターに当てはまると思う。見た目はハンサムでもないけど、どのライバルと並んでもサマになる。でも何よりも、(彼の演じるヒーロ ...

  • テスラを凌ぐSUV 美しき挑戦者「ジャガー I-PACE」

    100年も前から美しいクルマを産み出し続けているカーメーカーといえば、間違いなくジャガーだろう。XK120からマーク2、XJ-6、Fタイプ、XJS、Dタイプ。そしてついに潮流を変えるべく登場したEタイプは、もちろん自動車のスタイリングの頂点に立つモデルだ。まったく新しい、ピュアEVのジャガーI-PA ...

  • 英国の革新的エンジン技術、日本車にも導入か?

    この10数年間、徐々に厳しくなる燃費規制や排気ガス規制に適合すべく、世界のカーメーカーはエンジンを小型化し、よりクリーンで効率的な駆動系の実現を目指し、ハイブリッド・ユニットやターボチャージャーを搭載するようになっていた。そして現在、たとえばトヨタの大型車ラインナップの半数は、ハイブリッドかPHEV ...

  • 若返り大作戦開始、常識を覆す新カローラの驚くべき事実

    トヨタ・カローラと聞いたら、何を思い浮かべるだろうか。高齢者向け、平凡、全世界で良く売れていること……? 「信頼性とコストパフォーマンス抜群だけど、働き盛りの自分には合わない」と思っている人は、ショックを受けるだろう。生まれ変わった12代目のカローラは、そうしたイメージを ...