Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版




ヒューレット・パッカード(HP)再建中のメグ・ホイットマンCEOは、時間に追われる毎日だ。時間のない、そして時間管理に慣れていない経営者に向けた彼女の実践的アドバイスを紹介する。

(中略)
毎週、優先事項を調整する
 私は、何をやり遂げなければならないか、という「TO DO」リストを定期的に見直している。毎週日曜日の夜、「先週重要だと考えていたことは何か」「やらなくてもいいことはあるか」「新しい項目は出てきたか」を確認し、自問自答している。
 優先事項の調整は、デスクトップ上のカレンダーを使用し、3〜4カ月先を見て、そこから逆算して考える。こうした反復的なプロセスはとても役に立つ。

(中略)
重要事項を定量化する
「人は自分が数値化することに注力する」という古い格言がある。適切なことを定量化することは有益である。
 私たちは多くの時間を費やし、「何を定量化する必要があるか」を考え、“ダッシュボード”をつくった。私たちが出した答えは、①顧客ロイヤルティ、②予定通りの製品発売、③チャネルを通じた取引高の割合、④平均販売価格、⑤ハードウェア当たりのソフトウェア装着率―の定量化だ。
 また、それらを記したダッシュボードは、早期警戒指標の役割も果たし、深刻になる前にうまくいっていないものに気づき、取り組むこともできる。これは会社経営に非常に役立つロードマップになる。
(以下略、)

ジョージ・アンダース

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい