ライフスタイル

2022.07.29 17:00

新型コロナはいま、どれほど危険なのか? 5つの疑問と回答

2334

それ以外の人たちは、追加接種を受けていれば“比較的”安心して、「次世代ワクチン」を待っていることができるだろう。

その新しいタイプのワクチンについて注目すべきことは、今後出現する変異株がどのようなものでも、それらに対してより長く、強い防御効果を提供するものになると期待されていることだ。

5. 行動の安全性とリスクをどう考えるべきか?


米国では行動を規制されることにうんざりしている人が増え、より多くの人がより大きなリスクを許容するようになっている。そのため、ウイルスへの暴露を避けることも難しくなっている。

これについても最適と考えられる答えは、その人の感染リスクが高いかそうでないかによって、変わってくるだろう。そのため回答は、次のようになる。

・ハイリスクの人

免疫機能が低下している、複数の慢性疾患がある、高齢である、という人たちにとって、新型コロナウイルスは引き続き、大きな脅威となる。

入院や死亡のリスクを避けるためには、2度目の追加接種の対象になったらすぐにも、接種を受けるべきだろう。外出時にはマスクを着用し、人混みを避けることだ。

・その他の人たち

これが正しい、というひとつの答えはない。だが、最良のアドバイスといえるのは、自分にとって許容できるリスクの程度に合わせて、最適と考えられる行動を日々、自ら判断することだ。

自分のリスク耐性は低いというなら、マスクを着用し、人混みを避け、対象者になったらすぐにも、追加接種を受けるべきだろう。

編集=木内涼子

ForbesBrandVoice

人気記事