Close RECOMMEND

.

JOCE/Bauer-Griffin/GC Images

おそらくあなたはすでに、「#FreeBritney(ブリトニーを自由に)」という運動のことを聞いたことがあるだろう。そしてこの運動が、ブリトニー・スピアーズの財産が父親によって管理されていることに関係していると、漠然とだが知っているのではないだろうか。

ブリトニーは、26歳だった2008年に、父親と弁護士が共同後見人として指定された。この結果、財産管理などが後見人に任されたほか、車の運転などが許可されない状態になった(2020年11月からは、資産運用会社が共同管理人)。そして、2021年6月にブリトニーが裁判所で自分の状態について「虐待だ」と述べたことから、世間の人々はそうした状況に憤っている。

だが、ことの詳細は、あなたにもよくわかっていないのではないだろうか。簡単に言えば、すべては後見人と呼ばれる法的概念に関係している。では、それは正確にはどういったものなのだろうか? 以下で詳しく解説しよう。

州によって異なる


具体的な定義を知るには州の法律を調べる必要があるが、一般に後見人と言うときには、ある人の私生活や財産面に関する決定権を別の人に与える、と裁判所が判断したケースを意味する。この判断が下される理由としては、認知症や薬物使用など、さまざまなものがあるが、全般的に言えば、当人がもはや自分に関する重要な決定を下せなくなった場合に、そうした判断が生じる。

裁判所が決定する


裁判所が後見人に関する決定を下す際には、医師の診断のほか、家族や友人の説明をもとに、その人に後見人が必要かどうかを判断する。後見人が必要とされる場合は、裁判所が、本人に代わって決断を下す人を指名する。

裁判所によって特に制限を設けられていない場合は、後見人は被後見人に対して、親が子に対するのと同じ権利、権限、義務を持つ。さらに、被後見人になった人は、選挙権、結婚する権利、車を運転する権利など、私たちが日々享受している人権を裁判所によって奪われる。

翻訳=梅田智世/ガリレオ

ブリトニー・スピアーズ

PICK UP

あなたにおすすめ