Close RECOMMEND

世界が直面する課題の解決方法

ストレスと上手く付き合うには?(Shutterstock)

ストレスが健康に与える影響を知り、適切に付き合っていくために重要なこととは何でしょうか。世界経済フォーラムのアジェンダからご紹介します。


・ストレスは短期的にも長期的にも私たちの健康に影響を与えます。
・状況によっては、パフォーマンスが向上し、生命の危機に対処できるようになるなど、ストレスがプラスに働くこともあります。
・しかし、ストレスが慢性化して健康に悪影響をおよぼすのを防ぐためには、ストレスを見極めて、うまく対処することが重要です。

世界の何十億人もの人々にとって、この1年半は特にストレスの多い日々でした。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で生活は混乱し、何百万人もの命が失われました。さらに、パンデミック(世界的大流行)がもたらした不確実性や、ロックダウン(都市封鎖)、家庭学習など新たな課題も加わり、ストレスレベルが上昇していることが調査により報告されたのは当然のこととも言えます。

ストレスは私たちの健康にどのような影響を与えるのでしょうか。ストレスにメリットはあるのでしょうか。また、うまく付き合うにはどうすればよいのでしょうか。

ストレスで表れる症状


ストレスは、短期的にも長期的にも、私たちの心身の健康に影響を及ぼします。

米国国立精神衛生研究所(NIMH)は、慢性的なストレスはさまざまな症状となって現れると説明しています。消化器系の不調にはじまり、頭痛やイライラまで、日常的に健康に害を及ぼします。長期的に見ると、心臓病や高血圧など、より深刻な症状を引き起こす可能性もあります。

また、早めに対処しなければ、ストレスが原因でうつ病や不安症状など精神衛生上の不調につながる恐れもあります。

長期的なストレスは、肉体的、精神的、感情的な疲労感をもたらすと英国の国民保健サービス(NHS)は説明しており、このような感情は、仕事の場ではよく耳にする「燃え尽き症候群」と呼ばれるものです。

世界保健機関(WHO)は、実際には、燃え尽き症候群を「うまく対処できない、慢性的な職場のストレスに起因するとして概念化された症候群」と定義しています。

文=Joe Myers, Writer, Formative Content

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ