Tim LaiContributor Travel

Getty Images

パスポートは、一見すると何の変哲もない薄い小冊子だが、保持することで特定の移動の権利が得られる重要な国際渡航文書だ。その材料費は各国でほぼ同じだが、発行にかかる料金は国によって大きく異なる。

だが皆さんは、現地の収入基準を考慮した上でのパスポートの値段を考えたことはあるだろうか?

家計情報サイト「セービングスポット(SavingSpot)」は、各国のパスポート発行料金を調べ、いくつかの興味深い結果を導き出した。パスポートの価格の中央値は74ドル(約8100円)で、世界各国や先進国の間でそれほど大きな違いがなかった。

セービングスポットは、2021年1月の米ドル為替レートを用い、各国のデータを比較。パスポートのサイズ(ページ数)や有効期限が選べる国については、ページ数が最も少なく、有効期限が最も長い種類を選んだ。価格が最も高かったのはシリアのパスポートで、発行料金は約800ドル(約8万8000円)だった。

調査で焦点が置かれたのが、各国の国民にとっての値段の手ごろさだ。同じ1ドルでも、北米での価値とアフリカ中部での価値はもちろん異なる。そこでセービングスポットは、それぞれの国でのパスポートの入手しやすさを調べるため、その国の平均時給に基づき、発行料が何時間分の労働に値するかを計算した。

この観点から見てパスポートの価格が最も高かったのはマラウイで、価格は118ドル(約1万3000円)だが、労働時間に換算すると983時間以上となった。一方、最も安かったのはマダガスカルで、発行料金は無料だった。

欧州では各国間の差があまりなかった。欧州連合(EU)加盟国では、ルーマニアを除き、ほぼ全ての国で10時間未満の労働でパスポートが発行できる。ただ、EU市民は国が発行する身分証明書(発行料は通常、パスポートよりもずっと安い)だけでEU内を自由に行き来できるため、多くの人がパスポートを持っていない。

編集=遠藤宗生

ツーリズム

PICK UP

あなたにおすすめ