Close RECOMMEND

I write about photography and related subjects.

iPhone 12とiPhone 12 Pro(Photo by James D. Morgan/Getty Images)

確度の高いリーク情報によると、多くのアンドロイド端末に搭載されている最新のカメラテクノロジーが、アップルのiPhoneにやってくるのはまだ先のことになりそうだ。

著名アナリストのミンチー・クオによると、iPhoneにペリスコープレンズが搭載されるのは、これまでの予想よりも1年遅い2023年になるという。

潜水艦の乗組員が、海上の様子を確認する際に用いる潜望鏡のことを、ペリスコープと呼ぶが、ペリスコープレンズは光を90度屈折させることで、レンズとセンサーを水平ではなく直角に配置可能にし、スマホのような薄いデバイスでも、高倍率の光学ズームを可能にする。

このテクノロジーはすでにサムスンなどの端末に搭載されており、Galaxy S21 Ultraの場合は10倍の光学ズームを実現している。これに対し、iPhone 12 Pro Maxの光学ズームは2.5倍というかなり見劣りする数字になっている。

iPhoneにペリスコープレンズが搭載されるのが2023年というのは、かなり残念な話だが、クオによるとアップルは今年と来年のiPhoneのカメラに大幅なアップデートを加えるという。今年発売される上位モデルには、従来の5枚構成から6枚構成に変更された高品質の望遠レンズが搭載される見通しだ。

レンズの枚数を増やすことで、光学的な歪みが軽減され、画質の向上につながる。さらに、来年のiPhoneのレンズには、「ユニボディ」デザインが採用され、カメラモジュールの小型化が可能になるとされている。

アップルは、複数のペリスコープ技術の特許を取得しているにも関わらず、市場への投入にあたって非常に慎重な姿勢をとっている。その理由は定かではないが、すべての人が強力なズームレンズを必要としているわけではないことを考えると、このテクノロジーがiPhoneに搭載されるのは、まだ先のことになりそうだ。

しかし、アップルのフラッグシップ端末は、優れたカメラ性能を備えており、ここに強力な光学ズーム機能が加われば、競合製品との差を一気に縮められるはずだ。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ