Close

PICK UP

Data journalist covering technological, societal and media topics

(Photo by Joe Raedle/Getty Images)

米疾病対策センター(CDC)がこのほど発表した新たな調査結果から、困った事実がまた明らかになった。米国では成人のほぼ10人に4人が、肥満度を示す体格指数(BMI)で「肥満」に分類されることが分かった。

成人の肥満率は世紀の変わり目から上昇を続けている。1999~2000年には30.5%だった割合は、2015~2016年には過去最悪の水準をさらに更新し、39.6%に達した。未成年でも同様の傾向が続いており、2~19歳の肥満率は2015~2016年、18.5%となった。

2015~2016年の調査結果について詳しく見てみると、2~5歳の未就学児では10人に1人だったものの、6~11歳、12~19歳のグループではどちらも、5人1人が「肥満」に分類された。若年期の肥満はその後も改善されない可能性が高いことから、こうした傾向は何より強く懸念されるものだ。さらに、小児期の肥満は成人後の早期死亡リスクを高めることが分かっている。

肥満率が高いだけでも悲観的になる状況だが、米社会の問題はこれにとどまらない。「肥満」の人に「過体重」に分類される人を合わせると、人口の70%を超えるのだ。つまり、米国ではいまや「普通体重」の人が少数派だということだ。

高まり続ける米国民の肥満率

成人:20歳以上
未成年:2~19歳
出典:CDC

編集=木内涼子

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい