Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about the psychological aspects of business.

Petrenko Andriy / shutterstock.com

社会で直面する課題に立ち向かえる強い精神を持つ子供を育てるには、子供の精神的な強さを奪う不健全ながらも一般的な育児方法をやめる必要がある。

もちろん、子供の精神的強さを育てるのは簡単ではなく、親自身にも精神的な強さが求められる。子供が奮闘するのを見守り、恐怖に立ち向かわせ、自分が犯した過ちの責任を取らせることは難しい。しかし、子供が潜在的能力を最大限に発揮するためには、このような経験が必要だ。

子供の脳を、意義ある人生、幸福、成功に向けて訓練する場合、以下の13のことを避けよう。

1. 被害者意識を持たせない

サッカーチームから外されたり、学校で落第したりしても、子供は被害者ではない。人生には拒絶、失敗、不公平がつきものだ。精神の強い親は、大勢からの慰めを求めたり、自分の不運を誇張したりすることを子供に許すのではなく、苦悩を強さに変えるよう促し、どんな状況でも前向きな行動を起こす方法を見つけられるよう手助けをする。

2. 罪悪感に負けない

罪悪感は、多くの不健全な育児方法につながる。例えば、子供に「だめ」と言った後に要求に応じてしまう、休みの日に子供を甘やかし過ぎてしまうなどだ。精神的に強い親は、罪悪感は居心地が悪いものの、耐えられないものではないことを心得ており、自責の念に賢明な選択を邪魔させることはない。

3. 子供を世界の中心にしない

子供を人生の中心に据えることは魅力的に思えるかもしれない。しかし、自分が世界の中心だと信じて育った子供は、自分の考えに固執し、特権意識を持った人間になる。精神の強い親は子供に対し、自分の持つ権利ではなく、自分が世界に何を与えるべきかに目を向けるよう教える。

4. 恐怖に基づいた決断をしない

温室の中に子供を閉じ込めておけば、親は多くの心配事から解放される。だが安全過ぎる場所に置くと、子供の発達は妨げられる。精神の強い親は、自分を子供の守護者ではなく先導者とみなし、たとえ怖くても子供に外の世界に出て行かせ、人生経験を積ませる。

5. 親以上の権力を子供に与えない

家族の夕食や週末の過ごし方について決定権を持つ子供は、権力を持ち過ぎている。親と同等、あるいはそれ以上の権力を持つことは、子供にとって健全ではない。精神の強い親は、子供が適切な選択をできるための権力を与えつつも、明確な上下関係は維持する。

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE