Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover the art of using smart, simple shortcuts that lead to growth.

Zapp2Photo / Shutterstock.com

AI革命は加速の一途をたどっている。AIを支えるアルゴリズムは人々が恐怖を抱くほど人間の思考に近づいている。

この記事ではAIがマーケティングに与える影響を考察してみたい。AIのマーケティングへの投入により、キーワードの抽出やターゲティング広告の自動化が進むだけでなく、リアルタイムのデータ集計も普及するだろう。今後の展望を下記に述べてみた。

AIのマーケティング分野への導入範囲は、PPC(クリック課金型広告)やSEO、さらにサイト遷移の効率化まで無限大だ。近い将来、AIとマーケティングが切っても切り離せなくなるのは確実で、多くのマーケティング担当者がすでに目を付けている。特にAIがSEOに与える影響に関しては、これまでのイノベーションを超えた可能性が広がっている。

AIがいずれコンテンツ業界を乗っ取るという見方もある。AP通信は記事作成のアルゴリズムを導入し、日々の配信記事の制作に活用している。人間よりもはるかに迅速に記事を作成するコンテンツ・ジェネレーターの出現は一部の企業にとっては夢のような話だ。

アルゴリズムが進化すれば、様々な分野の文章を自動生成できるようになる。コストを削減しつつキーワードの自動最適化を行える環境が、AIの進化によって実現するのだ。

自動生成されたコンテンツは完璧ではないが、リアルタイムで最適なキーワードを組み込める点で力を発揮する。常に検索結果のトップに来るようなコンテンツを自動生成することも可能になるかもしれない。

AIをSEOに投入すれば、地域やサービス、タイミングに応じて最適なキーワードを探し出せるようになる。キーワードがどのようなレスポンスを引き起こすか予測することもできる。AIの普及によってデジタルマーケティングは、従来は考えられなかった次元に進化していくことになる。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい