Close

いつでもForbes JAPANが楽しめる
電子版最新号を全員にプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

スポーツビジネスを専門としつつ、不定期に教育およびローカルエコノミーに関する記事を執筆

バルセロナのリオネル・メッシ(左)とレアル・マドリードのダニエル・カルバハル・ラモス(Photo by Albert Llop/Anadolu Agency/Getty Images)

フォーブスが先ごろ発表した今年の「世界で最も資産価値の高いスポーツチーム」ランキングでは、トップ50にNFLの27チームが名を連ね、1位は資産価値40億ドル(約4,190億円)のダラス・カウボーイズだった。米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)は、世界で最も「資産価値」の高いスポーツリーグであることが明らかになったのだ。

だが、世界全体での人気度をみると、NFLはもう一つのフットボール(サッカー)に及ばない状況であることが分かった。フェイスブックとインスタグラム、ツイッターを合わせて、NFLの32チームには合計およそ1億4,100万人のフォロワーがいる。しかしその総数はスペイン・リーガエスパニョーラのレアル・マドリード、FCバルセロナがそれぞれ単独で擁するフォロワー数に満たないのだ。

レアルとバルセロナのフォロワー数はそれぞれ、1億4,800万人、1億4,600万人。今年6月末の時点でフォロワー数が最も多いスポーツ選手となっているのは、レアルのクリスティアーノ・ロナウド(2億1,500万人)、次いでバルセロナのリオネル・メッシ(1億3,100万人)だ。

スポーツチームにとって、フォロワー数が全てという訳ではない。だが、チームのブランド認知を高め、最終的に利益を得るためには、つながりを持てる“観衆”がいることが重要だ。

そこでフォーブスは、ソーシャルメディアとデジタルメディアでのスポンサー活動の価値に関する調査を行うフーキット(Hookit)のデータ(フォロワー数、インタラクション数、媒体価値)に基づき、最も効果的にソーシャルメディアを活用しているとみられる上位20チームのランキングを明らかにした(数字は2015年6月からの一年間に収集したデータをまとめたもの、出典: Hookit)。

プロスポーツチーム「SNS活用度」ランキング

1. FCバルセロナ(リーガエスパニョーラ)
フォロワー数:1億4,500 万人
インタラクション数:14億5,000万
媒体価値:2,530万ドル

2. レアル・マドリード(リーガエスパニョーラ)
フォロワー数:1億4,100万人
インタラクション数:6億100万
媒体価値:1,720万ドル

3. マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ)
フォロワー数:8,840万人
インタラクション数:5億2,200万
媒体価値:1,210万ドル

編集=木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE