Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界中の富豪たちに関する記事を中心に執筆

テニス選手セリーナ・ウィリアムズ(Photo by Mustafa Yalcin/Anadolu Agency/Getty Images)

今年もフォーブスが選ぶ「アメリカで最も成功した女性(America’s Richest Self-Made Women)」リストが発表。大胆にルールを破り業界を驚かせて富と名声を手に入れた女性たち60名が選出された。この企画ではその中からエンタメやファッション、スポーツ界で活躍する著名な女性8名を選び出し、その業績を紹介してみることにする。

8人のうち最も若いのは31歳のケイティ・ペリー。彼女はワールドツアーを行ない、2014年6月からの1年間で1億3,500万ドル(約138億円、税引前)を稼いだ。ペリーはコティ(Coty)から香水を発表、アクセサリーのクレアーズや化粧品のカバーガールとも契約しており、資産額は1億2,500万ドル(約128億円)と見られている。2015年のフォーブスのインタビューで彼女は「私は自分のことを起業家であると考えています」と語った。

35歳のジェシカ・シンプソンは、2005年に立ち上げたファッションブランドで1億7,000万ドル(約174億円)の富を得ている。テニス選手のセリーナ・ウィリアムズ(34歳)は出演料やスポンサー契約などで1億5,000万ドル(約153億円)の資産を築いたとされている。1年間で最も稼いだ女性アスリートの座はシャラポワが11年間守ってきたが、ついにウィリアムズが最新の女王となった。

他にもジュエリーの「ステラ・アンド・ドット(Stella & Dot)」、洋服の宅配の「スティッチフィックス(Stitch Fix)、ファッションレンタルサービスの「レント・ザ・ランウェイ(Rent the Runway)」などの創業者らは、女性たちのファッションアイテムの購入に革新をもたらした。フィットネス業界を変えたフィットネス通い放題サービス「クラスパス(ClassPass)」の創業者も女性だ。注目の女性起業家8人は以下の通り。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい