PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I expose the excesses of the bureaucracy.

Photo by Spencer Platt/Getty Images

ロナルド・レーガン元大統領には魅力があった。明確に説明できる理由もなく、多くの人がレーガンを愛したのはそのためだ。ビル・クリントン元大統領にも、魅力があった。いくつもの女性スキャンダルを乗り越えてしまうほどの、大きな魅力だ──だが、妻のヒラリーには魅力がない。

そして、ジョージ.W.ブッシュ元大統領には、南部出身の人物に特有の魅力があった。それが、一部の人たちを引き付けていた。共和党の大統領候補指名が「確定」したドナルド・トランプの魅力は、どこあるのだろうか。

トランプは、ニューヨークのジャーナリストたちの目には魅力的に映るようだ。フォックス・ニュースの司会者やコメンテーターたちの言葉や態度からも、それが分かる。ニューヨーク・タイムズ紙のコラムニストの中にも、同じように思う人がいるらしい。

それなのに、トランプがこの時点になってもまだ、「側溝の中でおぼれそう」になっているのはなぜだろう。それを理解するためにはまず、「魅力」の定義から考えてみるのがいいだろう。

「魅力」の不思議さ

この言葉を定義するのは難しい。辞書の説明はあてにならない。辞書サイト「Dictionary.com」によると、「charm(チャーム、魅力)」は次のように定義される名詞だ──「個性や美しさを通じて、人を喜ばせたり、引き付けたりする力」。

魅力がこういうものであることは確かだ。だが、この定義は本当の“魅力”が持つ生き生きとした、きらめくような性質のわずかな一端もとらえていない。魅力とは人に好まれるものだ。だが、ほとんどの人は持ち合わせていない、感情的な、そして美的ともいえる、超然とした何かを表すものだ。

魅力的な人は他の誰かを評価しても、それによって自分に注目を集め続ける。ケーリー・グラントは、後年の作品で演じた役柄の魅力をそのまま体現したような人物だった。そして、そうした魅力を持つ現代の男性の一人は、ジョージ・クルーニーだろう。

編集=木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE