Close

いつでもForbes JAPANが楽しめる
電子版最新号を全員にプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

ドナルド・トランプ (Photo by Joe Raedle/Getty Images)

「ドナルド・トランプ現象」は、2016年の米大統領選挙における最大のサプライズであり、政治評論家の多くがこの現象の説明に苦しんでいる。

トランプの人気は、予想以上のアメリカ人が現状に不満を持っていることを如実に表している。それは経済状況や、政治家の機能不全(特にワシントンDCの連邦議会において)に対する不満である。昨年、共和党大統領候補者が17人いた段階では、最も人気が高かったのがトランプとベン・カーソン、カーリー・フィオリーナの3人であり、彼らの共通点は政治家ではなく、ワシントンDCにおける伝統的な政治に「汚染されていない」と見られたことであった。

そして、トランプ現象による共和党の性格の変化が鮮明になった。12年の大統領選挙でミット・ロムニーがバラク・オバマに敗れると、共和党の一部には、「党が生き残るためには、アメリカの人口に占める割合が減りつつある白人男性だけでなく、女性や若者、アフリカ系アメリカ人、ラテン系、アジア系、LGBT(性的マイノリティ)の有権者など、もっと幅広い人々の支持も得るべきである」と主張する人もいた。

しかし、議会共和党の幹部はオバマ大統領に強く反対し、医療保険の拡大や移民制度の改革、地球温暖化の抑制、環境規制の執行、イランとの交渉、キューバとの国交正常化など、大統領が行う取り組みをことごとく阻止することに精力を傾けてきた。大統領を失敗させることだけに注力した結果、共和党内にいっそうのナショナリズム、不寛容、人種差別までも許容する雰囲気が醸成されてしまった。

彼らがオバマ政権に対して極端で非妥協的な立場をとったために、共和党の支持者が戦後になって初めての激しさで民主党に対する敵対的なレトリックや行動をとるのを許すこととなった。支持者の多くは教育レベルと収入が高くない白人層が中心で、移民やアウトソーシング、テロなどのグローバル化の流れに不安と脅威を感じているからだ。

文 =グレン・S・フクシマ

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE