• 「ロードスターはマツダのものじゃない」藤原副社長に聞くモノづくりの真髄

    三宅 紘一郎 ,

    利益向上、市場拡大、株価上昇と目に見える成果を追い駆けることばかりが正解とされなくなりつつある今日。ではこれからの組織、ひいては私たち個人はどう在ることが求められるのだろか──。そのヒントを探るべく、日本酒蔵の多様性を引き継ぐことを目的に事業展開を進めるナオライ株式会社のメンバーが、これからの社会を ...

  • グーグル、Pixel 3の廉価版「Lite」を560ドルで来年発売か

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    筆者の意見ではグーグルの「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」は2018年を代表するスマ―トフォンだといえる。しかし、来年の早い段階でこの2端末の後継機種がリリースされるとの噂が浮上した。確度の高いリーク情報で知られるSteve Hemmerstoffer(@OnLeaks)によると、グーグル ...

  • ウーバーに世界規模の障害発生、ハッキング被害との見方も

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    ウーバーのアプリに世界的規模の障害が発生した模様だ。12月10日、欧州やアメリカ、オーストラリアの利用者らが、アプリが使えないとの声をSNS上に投稿した。問題を報告しているのはウーバー及び、ウーバーイーツの利用者とドライバーらで、数時間にわたりアプリが利用できなくなった模様だ。オーストラリアのAP通 ...

  • アマゾンに勝ちたいウォルマートに足りない3つのもの

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    アマゾンに打ち勝つことを目指す米小売最大手ウォルマートの戦略には、欠けているものが3つある──ブランド、物流基盤、サードパーティー販売業者のコミュニティーだ。ウォルマートは最高水準の給与を提示してソフトウェア開発者を採用してきたほか、デジタルコマース技術の導入に多額の投資を行ってきた。テクノロジーの ...

  • 業務を改善する食生活の3つの心得

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    私は、食に関するドキュメンタリー初期作品の一つである『スーパーサイズ・ミー』を見て、ファストフードや健康に関する自分の考え方が大きな影響を受けたことを覚えている。フライドポテトと不健康をつなげることは簡単だとしても、数々のドキュメンタリー番組や社会運動、食に関する近年の広告などを見ていると、生産的な ...

  • 年俸6000万円で新人王に 大谷に送られる称賛と期待の声

    長野 慶太 , Official Columnist

    大谷翔平選手がメジャーリーグ(MLB)の新人王(アメリカンリーグ)を受賞した。日本人では、野茂、佐々木、イチローに次ぐ4人目の快挙だ。MLBの公式サイトは、新人王のニュースをさっそくトップニュースに掲げ、元ワシントン・ポストのベテラン記者、リチャード・ジャスティスが選考を振り返って解説した。「二刀流 ...

  • ウーバーの運転手に広告収入を与える企業「Firefly」が25億円調達

    Biz Carson , Forbes Staff

    ウーバーやリフトの車両の屋根に広告を表示する、デジタルスクリーンを提供する企業「Firefly」が2150万ドル(約24億円)の資金調達を実施し、今後の事業の拡大戦略を発表した。Fireflyのスマートスクリーンは広告を表示するだけでなく、大気汚染や道路の渋滞状況などのデータを取得し、都市の環境を改 ...

  • 健康の秘訣は「コミュニティー」 他人とのつながりが人を強くする

    Jon Levy ,

    健康と体形を保つ方法は比較的シンプルだ。脂肪分の多いジャンクフードを避け、定期的に運動をすること。問題なのは、方法を知っているか否かではなく、それを行動に移せるかどうかだ。ジム通いを習慣にするのはなぜこんなにも難しいのだろう。温かく心地いいベッドやネットフリックスが原因かもしれないが、健康に最も大き ...

  • 再生可能エネルギーの時代、電力を守るのはAIの役割に?

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , Official Columnist

    国内メディアとしては初めて、TBSラジオが放送電波の送出する電力を再生可能エネルギーに切り替えたというニュースが報じられた。2011年3月の東日本大震災、また今年、北海道を襲った大停電など相次ぐ自然災害をうけ、日本では再生可能エネルギーや節電などへの関心は高まり続けているが、TBSラジオの話題は今後 ...

  • 24年前のクリスマス曲で稼ぎ続ける、マライア・キャリーの実力

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    クリスマスが近づく中、今年もマライア・キャリーの大ヒット曲「All I Want For Christmas Is You(恋人たちのクリスマス)」が、米ビルボードのシングルチャートに返ってきた。あらゆる音楽ジャンルから、最も人気の100曲を毎週選ぶHot 100で、マライアのこの楽曲は11月末時点 ...

  • 世界の通信企業上位10社、ソフトバンクが4位、NTTが5位

    Jonathan Ponciano , Contributor

    フォーブスは6月6日、2018年版「世界の有力企業2000社ランキング(グローバル2000)」を発表した。そのうち通信インフラを手がける電気通信企業は世界54社で、昨年の売上高の合計は1.5兆ドルに達している。しかし、テック業界全体が強気の相場環境にあるなかで、大手通信企業の業績は伸び悩み、今年のラ ...

  • ついに世界の期待に応えた! マツダの新ロードスター

    ピーター ライオン , Official Columnist

    マツダのロードスターが想像以上に進化した。2014年から発売されてきた4代目は、いわゆる「ビッグマイナーチェンジ」の時期を迎え、2つの重要な改良がなされた。そして、先週、横浜で試乗したその改良版は、僕がこれまでに経験した中でもっとも感動的で、思わず声を上げてしまう「アップグレード」だった。新しくなっ ...

  • 毎年起きるカリフォルニアの山火事、なぜ備えができないのか?

    長野 慶太 , Official Columnist

    今年もカリフォルニア州は山火事に見舞われ、20日間かかり、ようやく11月25日、州当局は鎮火したと発表した。この20年、同州で山火事のなかった年はなく、毎年、死者を出している。しかし、日本人の感覚としては、これほど頻繁に燃えるのに、それでも死者を出すというのは、なにか「備え」はできなかったのかと、も ...

  • ビジョナリー企業の経営者たちは、みなストーリーを持っている

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    今回、Forbes JAPANにとって初の試みとなった企画「Best Visionary Stories 2018」。その選考理由を説明する来年どうなるかもわからない未来に対して、リーダーたちはいつもどんな手を打ちながら人々を導くのだろうか。リーダーたちが語るその導き方に、経験で培った洞察や人間観、 ...

  • 会話上手になる6つの方法

    Jill Griffin ,

    素晴らしい会話術を身につければ多くの扉が開く。こうした小さな会話の中で、人はあなたの好感度や能力、信頼度についてほぼ即座に判断を下している。直接話さずともメッセージを交換するだけでよいと考えがちなハイテクな世の中でも、誰かと机を挟んで向かい合わせに座り対話することほど強力なものはない。私が経験した良 ...

  • 日本人が知らない日本のカッコいい4WD「いすゞ D-MAX」

    ピーター ライオン , Official Columnist

    いすゞ自動車と聞くと、何を思い浮かべますか? クルマ好きであれば、かつて人気だったベレット、117クーペ、ジェミニ、ピアッツァ、そしてビッグホーンはすぐ口から飛び出すはず。特に「117クーペは美しかったな〜」と懐かしく思い出す人も多いだろう。しかし、いすゞは10年ほど前に、販売不調で乗用車販売から撤 ...

  • 燃料税だけではないパリ暴動の根深さと「不安しかない」未来

    唐鎌 大輔 ,

    燃料増税への反対を発端としてパリで暴動が発生してから2週間以上が経過しているが、事態が鎮静化する兆しはない。フランス政府は増税断念によりデモの勢いを押さえようと試みたが、そもそもマクロン大統領に対する風当たりの強さは燃料税増税に始まった話ではない。これまでも年金受給の年齢引き上げ、雇用規制の緩和、各 ...

  • 日本が知らないうちに変貌する韓国「キア・スティンガーGT」の魅力

    ピーター ライオン , Official Columnist

    ときどき、これまでの常識を破り、ヨーロッパやアメリカのユーザー、アジアの人々の期待をはるかに超えるクルマが登場することが、ある。それを生みだす方式は簡単ではないが、それを実現したのが韓国のカーメーカー、キアで、そのモデルはスティンガーGT。素晴らしいスポーツ・セダンだ。セグメントを圧倒するスタイルの ...

  • 顧客満足度最低、全米を席巻する「スピリット航空」に乗ってみた

    長野 慶太 , Official Columnist

    アメリカ連邦航空局(FAA)のルールで、すべての航空機は、「非常退避2分ルール」というものが適用される。満席でも2分で退避できるように搭乗員は訓練され、また機内のデザインや座席の配置も、それをクリアすることが求められる。逆に言えば、そのルールをクリアする限り、航空会社は機内にひとつでも多くの座席を置 ...

  • 人は「断定」に弱い 専門家の解釈を鵜呑みにする危険性

    橋本 智恵 , Official Columnist

    新発見や大ニュース、あるいは複雑な事象が起こると、メディアなどで、しばしば専門家の解釈が添えられることがあります。前回のコラムで、問題が困難で曖昧なときほど、人は無意識のうちに焦りや恐怖感を覚えてしまい、知識豊富で信頼できると思われる専門家に頼ることで、それらを解消しようとする傾向があることに触れま ...

  • 米教育庁長官、「学生ローンは危機的状況にある」と発言

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    米教育庁長官のベッツィ・デヴォスは、アメリカの学生ローンは危機的状況にあると述べた。いったい何が起こっているのだろうか。学生ローンに関する最新の統計デヴォス長官は2018年11月27日、連邦政府学生ローンを管理する米教育庁の連邦学資援助(FSA:Federal Student Aid)部門のために開 ...

  • いま、経営者に求められるのは「中長期の視点への転換」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ESG活動を企業の「長期的な価値創造のストーリー」につなげるには? フィスコIR・中川博貴取締役がその本質を解説する。30年間の企業経営を振り返ってどう思いますか。そして、これから30年間でどんな会社にしたいですか──。意外にも、多くの上場企業の経営者がこの質問に答えられないという。あえて「30年間 ...

  • 「日本では考えられない、突然の大出世」 美術館ディレクターのグローバル思考

    砂押 貴久 ,

    世界を相手に活躍する経営者やクリエイターに話を聞く不定期連載「グローバル思考」。今回のゲストは、キース・ヘリングのアートを通してLGBTQなどのプロジェクトにも携わっている、Hiraku。中村キース・ヘリング美術館プログラム&マーケティングディレクターだ。児童期に家族の意向でNYに連れて行かれ、18 ...

  • 「GT-R50」が好評の日産、その勢いで高級クロスオーバーも開発か

    ピーター ライオン , Official Columnist

    日産とイタリアのイタルデザインが共同開発した限定モデル「GT-R50」が、1億円超えという価格にもかかわらず好評だ。日産はこれに気を良くし、次のモデルもやっちゃうらしい。同社に近い人による情報によれば、今回計画されているのは、やはりイタリアとのコラボで、720psのV6ツインターボを使ったラグジャリ ...

  • 世界に広がる新しい「住所」に注目! ソニーが出資したwhat3wordsとは

    MAKI NAKATA , Official Columnist

    「わきみず・めざし・いなかみち」。このランダムな3つの単語の組み合わせが、実は筆者が今執筆しているロケーションを表す「住所」だ。この変わった「住所」は、英国ロンドンに本社を持つスタートアップ企業what3wordsが開発した、新しい位置情報テクノロジー。全世界を57兆個の正方形に分割し、ランダムに割 ...

  • ボルボ最後の「エンジン車」がクルマ好きにはたまらない理由

    ピーター ライオン , Official Columnist

    ロサンゼルスはサンタモニカ地区のガソリンスタンドで、新ボルボS60をポンプの隣に停めたら、ローカルの話好きなおじさんが「格好いいね。最近のボルボって格好良くなったね。俺がワゴンに乗ってた20年前とはえらい違いだ」と声をかけてきた。まさにその通りだ。2015年にXC90が新世代ボルボとして登場してから ...

  • 20代経営者が明かす「資金調達」のリアル|麻生輝明

    Venture Navi ─ドリームインキュベータ ,

    月間200万人が利用する買取価格比較サイト「ヒカカク!」を始めとしたサービスで急成長中のジラフ。学生起業家として同社を立ち上げた麻生輝明氏と、創業初期メンバーの柴田雅人氏にこれまでを振り返っていただき、若手起業家ならではのベンチャー論を語っていただいた。(全3話)※本記事は2017年5月に実施したイ ...

  • なにはともあれ「水分摂取」 医師4000人に聞く二日酔い対策

    イシコメ , CONTRIBUTOR

    二日酔いの朝は、頭痛や吐き気など気分が悪くありませんか? 私も飲みすぎないよう意識していても、楽しくなってくるとつい飲み過ぎて、翌朝後悔することがあります。二日酔い対策には、飲み会の前に市販のドリンク剤を飲み、寝る前には水分をたくさん摂ることにしていますが、医師の皆さんはどうされているのでしょうか。 ...

  • 辛口海外メディアも絶賛 色気あふれるマツダ「新型アクセラ」

    ピーター ライオン , Official Columnist

    11月27日、ロサンゼルス ・モーターショーの特別な開幕前夜イベントで、マツダが4代目となる新型アクセラを盛大に発表した。それはまるで、ハリウッド映画のワールドプレミアさながらのお披露目だった。2003年から100か国以上で600万台のセールスを上回るアクセラは、どう見てもマツダのバックボーン的な車 ...

  • 職場で嫌味を言われたら 心の強い人が取る対処法

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    友人同士でタイミング良く、気の利いた言葉をかければ良いユーモアになる。しかし、心の中でくすぶる怒りを隠した遠回しな批判は、嫌味となる。例えば、「年の割にはきれいだ」といった褒め言葉になっていないお世辞や、「話していることについての知識がある印象を与えていれば、もっと売り上げが伸びただろうに」などのひ ...

  • 夢のクルマ、フェラーリが史上最強のV8で業界を圧倒

    ピーター ライオン , Official Columnist

    カモフラージュを施したフェラーリ488ピスタのプロトタイプを遠慮ない速度で走らせる──。それは、オーロラを初めて見る感覚だ。一気に鳥肌が立ち、快感受容器が最大限になる。僕にとっては、伝説のテノール、ルチアーノ・パヴァロッティが、プッチーニのオペラ「トゥーランドット」で「誰も眠ってはならぬ」のクライマ ...

  • AIはボヘミアン・ラプソディを作れるか?

    山岡 浩巳 , CONTRIBUTOR

    映画「ボヘミアン・ラプソディ」によって、43年前のクイーンの楽曲が再び注目を浴びている。ロック史上の天才と呼ばれた人々は、ジミヘンやプリンスのようにソロで活動するか、あるいはバンドで一人図抜けて目立っていたことが多い。ELPといえばキース・エマーソンだし、レッドツェッペリンなら何だかんだ言ってもジミ ...

  • トランプ時代にこそ必要なメディア 「コレスポンデント」が2.8億円のクラウドファンディングに挑む理由

    MAKI NAKATA , Official Columnist

    2013年、1万8933人の支援者から170万ドル調達し、当時のジャーナリズムのクラウドファンディングプロジェクトにおける世界記録を作った、オランダ・アムステルダム発のデジタルプラットフォーム。それが「コレスポンデント(De Correspondent)」だ。メンバーと呼ばれる読み手の購読料によって ...

  • 仏抗議デモと米GMの決断、共通点は「国民の痛み」無視する政府

    Doron Levin , Contributor

    米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が下した「シボレー ボルト」の生産中止の決定と、フランスで燃料税の引き上げをきっかけに始まり、一部が暴徒化している抗議活動、「黄色いベスト」には関連性がある。それは、どのようなものだろうか。答えは、どちらも「気候変動問題に関する政府の対応方針への抵抗」であると ...

  • インスタグラムに溢れる「ヌード画像」が放置されている理由

    Jonathan Berr , CONTRIBUTOR

    インスタグラムには膨大な数のポルノ画像や、セックス関連のイメージが投稿されている。これはインスタグラムが厳格なヌード禁止のルールを定めていることから考えて、とても奇妙なことだ。ガイドラインでは、たとえアート的なヌードであっても禁止されている。性行為や性器、裸体のクローズアップは掲載禁止で、女性の乳首 ...

  • 「100億総不幸社会」に生きたいか 聴衆を魅了した「1位起業家」のスピーチ全文

    林 亜季 ,

    圧倒的な当事者意識、危機感、静かな覚悟、強烈なメッセージ。6分余りのスピーチに、約450人の参加者は聴き入った──。 11月26日に開催した「Forbes JAPAN CEO Conference 2018」で発表した「日本の起業家ランキング2019」。初の1位に輝いたアストロスケールCEOの岡田光 ...

  • 年収25億円の7歳児、世界で最も稼ぐユーチューバーに

    Madeline Berg , Forbes Staff

    7歳のライアンは、ほぼ普通の小学1年生だ。電車や車が大好きで、ディズニーのキャラクターに笑い、レゴで大都市を丸ごと作り上げる。他の子との違いは、遊ぶときにはカメラが回っていること。動画はすぐにユーチューブにアップロードされ、1730万人のフォロワーに向けて配信される。フォロワーの大半は、自分と同じ小 ...

  • 都会か自然のある街か? 起業家6人に聞いた出身地の魅力

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    毎週火曜日、Forbes JAPAN常連起業家に、仕事とプライベートのことを聞いたアンケートの回答を公開している。 第7回目のテーマは「出身地と、その土地の魅力」。加藤將倫|Progate代表「オーストラリア、パース。海が本当に綺麗です」パースは白いビーチが海辺沿いに走る、オーストラリア第四の都市。 ...

  • 現役医師621人が選ぶ「名医も行きたい病院」ランキング

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    毎年、メディアで術例数をもとにした「病院ランキング」が発表されるが、本当にそれだけを頼りに病院を選んでよいのか? 医療のプロたちが病気になったら、どのような病院を選ぶのか?「Forbes JAPAN」は今年7月、医師専用会員制サイトを運営するメドピア(東京都)の協力を得て、全国の現役医師621人にア ...

  • 日立製作所が100年以上問い続ける、便利さだけじゃない「人間の幸せ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    連結従業員数約31万人、連結子会社数851社。巨大企業グループの中核、日立製作所。創業100年を超えて問いかける、便利さだけではない「人間の幸せ」とは──。経済成長著しい昭和の時代、企業の経営陣が、主観によって異なる人間の「幸せ」を、世間にどうやって提供するか議論していたとしたら、それはSF小説か、 ...

  • サムスンが実現する、世界初「超音波式」指紋センサーの実力

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    サムスンが2019年に発売するGalaxy S10は、米国で5G通信に対応することが既に明らかになっている。サムスンは来年の新端末に、さらに先端的なイノベーションを搭載することが明らかになった。サムスンはクアルコムとの共同声明で、Galaxy S10が世界で初めて「超音波方式」のディスプレイ内蔵型指 ...

  • MLB選手愛用の「名門バット」製造元を中国テンセントら買収

    Mike Ozanian , FORBES STAFF

    スポーツ用品大手のANTA sports(安踏体育用品有限公司)を率いる中国投資家グループが、フィンランドの「アメアスポーツ」を50億ドル(約5850億円)以上で買収することで合意した。アメアの傘下には米国のメジャーリーグ(MLB)の選手が愛用のバットの製造元の「ルイスビルスラッガー」や野球グローブ ...

  • 空気と電気から食用タンパク質を生成 「宇宙食」も視野に

    Lana Bandoim ,

    フィンランドのスタートアップ「ソーラー・フーズ(Solar Foods)」が、空気と電気から食用タンパク質を生産しようとしている。同社は欧州宇宙機関(ESA)と提携を結び、未来の宇宙旅行に備えて食料生産技術を開発していくと発表した。ソーラー・フーズはこれまでに200万ユーロ(約2.5億円)の資金を調 ...

  • 仕事を押し付けられがちな年末 休暇を犠牲にしない3つの方法

    Avery Blank , CONTRIBUTOR

    事前に計画していた休暇に仕事が殺到してしまい、休暇が取れないことをうれしく思う人はほとんどいない。従業員は休暇に入る前にプロジェクトを完了させようとするため、12月は忙しい月だ。時には、プロジェクト完了のためその一部や全部を他人に押し付けてしまう人もいる。多くの場合、押し付けられるのは勤務年数が短い ...

  • 上場3年以内で時価総額を伸ばした日本の社長TOP50

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    次世代を担う「日本のライジングスター」は誰だ 上場3年以内で最も時価総額を伸ばした社長ランキングを始め、2つのランキングから紐解いていく。「CEOランキング2016」では、“日本を動かす”というテーマから、時価総額上位100社から社長力ランキングを作成した。歴史が長い企業が多 ...

  • 欧米高級車ブランド、相次ぎ「中国製」生産拡大か

    Michael J. Dunne , CONTRIBUTOR

    中国は2016年、自動車とSUVを含めたトラックを合わせて約71万台輸出した。この数は、同国の生産台数の約2%に当たる。調査会社スタティスタ(Statista)によれば、中国から輸出された車の大半は低価格帯のモデルが大半を占め、主な輸出先はイラン、インド、ベトナム、エジプト、チリなどだ。この71万台 ...

  • iOS 12で相次ぐ「バッテリーが持たない」の声、対応策は?

    Anthony Karcz , CONTRIBUTOR

    アップルは9月17日、最新OSの「iOS 12」をリリースしたが、iPhoneやiPadのバッテリー持ちが悪化したとの声が多く上がっている。バッテリー消費が早いのは、ソフトウェアのせいなのだろうか? 答えはイエスでもありノーでもある。バッテリー消費が早くなる原因がiOS 12であることは確かだが、そ ...

  • ついに来たか? ハイブリッドがカッコよくなる時代

    ピーター ライオン , Official Columnist

    変われば変わるものだ。先月のニューヨークで僕は、あるクルマにいい意味で驚かされた。1999年に登場したホンダの初代インサイトは、もっとも燃費のいいハイブリッド車であるには、どんなデザインがよいかまさに「実験中!」というスタイリングだった。のっそりしてかわいいオーストラリアの有袋類、ウォンバットをヒン ...

  • 社員がうつ病に 上司ができる支援法

    Raquel Baldelomar , Contributor

    誰しも、悲しさや寂しさを感じ落ち込む日がある。しかし、頼れる従業員が締め切りを守れなくなった、プロジェクト責任者が簡単な決断を下せなくなった、社交的だった社員が引きこもりがちになったなどの変化は、うつ病の兆候かもしれない。米国では、成人の10人に1人がうつ病に苦しみ、考え方や感情、行動に影響をきたし ...

  • 最も稼ぐ30歳未満のセレブ、首位は21歳 年収190億円

    Hayley C. Cuccinello , FORBES STAFF

    リアリティ番組の「カーダシアンファミリー」の末っ子として知られるカイリー・ジェンナーは、今年7月のフォーブスの「アメリカで最も成功した女性」(America’s Richest Self-Made Women)ランキングに、弱冠20歳で登場した。現在21歳の彼女はわずか2年前に、コスメブ ...