• 仮想通貨長者マシュー・メロン、鎮痛剤依存を克服できず急逝

    Nathan Vardi , FORBES STAFF

    マシュー・メロンは4月15日、プライベートジェッで再びメキシコのカンクンに降り立った。薬物依存症のリハビリ・クリニックに入院するためだった。だが、54歳の財閥の御曹司は、クリニックには現れなかった。入院する予定だったクリア・スカイ・リカバリーの医長によると、「16日午前に入院の予定だったが、来なかっ ...

  • アンドロイド端末の約4割が「古すぎるOS」という衝撃データ

    Ian Morris , Contributor

    グーグルのアンドロイドOSは、アップルのiOSに比べると最新バージョンの使用率が非常に低いことが明らかになった。統計サイト「Statista」が先日発表したデータによると、現在使用中のアンドロイド端末の25%が、2014年にリリースされたOS「Lollipop」で動いている。一方でiOSの場合は、2 ...

  • 米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、スバルが大躍進

    Vicky Valet , Forbes Staff

    一部の世界大手企業は近年、自社のイメージ悪化を食い止めることに大忙しだ。データ漏えいやフェイクニュースの急増、セクシュアルハラスメント問題や銃規制を求める抗議活動などは、世界のビジネス界に衝撃を与え続けているが、特に大きな痛手を受けたのが米国だ。評判の測定・管理サービスを提供する米コンサルティング企 ...

  • これを言う上司は信用するな 小心者が発する5つのせりふ

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    職種にかかわらず、上司というのは仕事で最も重要な人間だ。部下は上司を信頼し、尊敬しなければならない。そうでなければ、薄氷を踏むことになる。職場でもどこでも、“恐れ”は強い動機となる。もしあなたの会社の上司が恐れを抱いている人だった場合、必要と感じたらすぐにあなたを犠牲にするだ ...

  • リップルで1千億円稼いだ「名門財閥」の御曹司、54歳の狂気

    Nathan Vardi , FORBES STAFF

    フォーブスが2月7日に発表した「世界の仮想通貨長者ランキング」で5位に入ったのが個人投資家のマシュー・メロンだ。メロンは米国のモルガン財閥やロックフェラー財閥と並ぶ名門として知られる「メロン財閥」ファミリーの出身。メロン家は2016年のフォーブスの「米国で最もリッチなファミリー」ランキングで22位に ...

  • 反発の兆し、需給改善で潮目は変わったか[週間ビットコイン]

    田代 昌之 , Official Columnist

    年初から調整局面が強まっていたビットコインだが、日本時間4月12日の夜頃から反発の兆しがみられている。久方ぶりに30日移動平均線(仮想通貨売買は24時間、365日なので30日移動平均線を使用)を上抜けし、一時90万円台を回復する場面も見られた。動意付いたきっかけは様々考えられるが、イスラム絡みの話が ...

  • 「人材不足」は存在しない 問題は企業の募集方法

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のジェレミアから寄せられた便りと、私からの回答だ。求人側が常に「人材不足」を嘆く一方で、才能と経験のある人々が職に就かず、必死に仕事を探している状況を、どう説明したらよいでしょうか?ジェレミアへその質問に対する人事部の一般的な回答はこうだ。「経験と才能があるものの求職中の人々は、わが社にぴ ...

  • アップルの「一強ぶり」鮮明、世界のスマホ利益の86%を独占

    John Koetsier , Contributor

    調査企業「Counterpoint Research」のレポートによると、世界のスマホ市場は成熟化に向かっており、2017年第4四半期の利益は1%の減少となった。しかし、端末ごとの利益を割り出してみたところ、驚くべきことに上位10機種のうち8つがアップルの端末であることが分かった。四半期あたりの利益 ...

  • WRXワゴンが復帰か、スバルのヴィジヴ・ツアラーの真相

    ピーター ライオン , Official Columnist

    これはWRXワゴンの再解釈だろうか? 迫力満点のブリスターフェンダーと鋭いエッジが効いた格好いいボディは、ちょうどレヴォーグとアウトバックの中間に当たるサイズだからこそ、再解釈と言えるかもしれない。今月のジュネーブ・モーター・ショーで発表されたスバルのヴィジヴ・ツアラー・コンセプトは、昨年の東京モー ...

  • 世界480万台のルーターに脆弱性、セキュリティ企業が指摘

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    一昔前とは違い、我々の身の回りにはネットにつなぐデバイスであふれている。様々なデバイスが1つのインターネット接続を共有していることも多く、それがサイバー犯罪者に利用されるケースも増えている。世界有数のクラウドセキュリティ企業「アカマイ」の研究チームによると、サイバー犯罪者たちはルーターの一般的な機能 ...

  • みずほFG社長、退任前「最後の告白」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「まだ若手だったころ、隣の部の部長にすごい剣幕で呼び出されたことがありました」 電撃的な社長退任が発表された3日後、インタビューに応じたみずほフィナンシャルグループ社長(当時)の佐藤康博。時折はにかみながら、42年におよぶ銀行マンとしてのキャリアを振り返りはじめた。 当時、佐藤が担当していた企業のメ ...

  • 仮想通貨のカオスの中で、送金に革新を起こすリップル

    本荘 修二 , Official Columnist

    リップルというと日本では仮想通貨のイメージが強いが、実は、多くの金融機関と連携して国際送金を実現している企業向けITソリューションが本業だ。同社は、銀行など金融機関、ペイメント業者、その他事業会社に国際送金をはじめとするペイメント・サービスを提供し、ソフトのライセンス料と利用に応じた課金で売上を得て ...

  • 議事録をAIで自動化する「Voicera」 15億円調達で競合を買収

    Samar Marwan , Forbes Staff

    会議の議事録作成を自動化するAIアシスタントアプリが「Voicera」だ。Voiceraは独自の音声認識アシスタントの“Eva”が、ミーティングの出席者の発言をテキスト化するだけでなく、議事録を要約して質問の数をカウント。話が盛り上がったポイントも独自の指標から導き出す。Vo ...

  • アルコールは1日1杯でもリスク? 「適量」に再定義の必要性

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    アルコールの消費量はどの程度までが安全なのか──。その境界線についてはこれまで、情報が混乱してきた。だが、先ごろ発表された研究結果によると、「安全な」アルコール消費量の上限は、少なくとも米国ではこれまで考えられてきた以上に少ない量になるようだ。ここ数年に公表されたその他の研究結果でも、「アルコールの ...

  • 上司が有能か無能かを見抜く10のポイント

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のルーベンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は今、自分のキャリアについて悩み、現状を変えるべきではと真剣に考えています。行き詰まりを感じています。何も新たに学んでおらず、前進できていないのです。上司のアレックスはいい人で、私と同僚を支援してくれますが、素晴らしい上司だと思っている人は ...

  • スタンフォード式 天職を見つけるデザイン・シンキング

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アメリカの大卒生で、大学の専攻と関連する仕事を選ぶのはたった27%。多額の報酬と名誉を得たのに人生に「何か足りない」と感じる。幼い頃からの夢の職業についたはずなのに満たされない。卒業したら何をしたいのかわからない。そんな卒業生や在校生は超エリート校のスタンフォード大学でも多いという。 スタンフォード ...

  • 「価値」にまつわる15の格言|格言録 vol.2

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    人々は「価値」にお金を支払い、経済はお金で回る。では、そもそも「価値」とは何なのだろうか。自分が決めるものなのか、他の誰かがが決めるものなのか 現代における「価値」はどこから来るのか 古えから今に至るまでの「価値」にまつわる思索と名言に、ヒントが隠されているかもしれない。 (vol.1はこちらから& ...

  • 米若者に広まる「地球平面説」 NBA選手の発言がきっかけか

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    「地球は丸い」と考える18~24歳の若者の比率が、66%にとどまっていることが最近の調査で判明した。調査会社「YouGov」は今年2月、8215人の米国人を対象に“地球の形をどう考えているか”という調査を行った。その結果、実に多くの若者が地球は平らであると考えている、もしくは ...

  • スマホ内の「恥ずかしい画像」の流出を防ぐ、たった一つの方法

    Ian Morris , Contributor

    グーグルやアップルのスマホの写真アプリの画像検索性能は近年、人工知能(AI)の投入により劇的に向上している。しかし、一部の人々はスマホが“下着姿の写真"など、人に見せたくない画像を検索する機能を持つことに、懸念を高めている。グーグルやアップルはマシンラーニングの仕組みで端末内の画像を検索 ...

  • 今年発売の3つのiPhone、最安値「SE」は700ドルで顔認証対応か

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    ニュースメディア「The Street」が掲載した情報によると、アップルは今年3機種のiPhoneを発売するという。そのうち1機種は昨年のiPhone Xを上回る高額モデルになるが、割安な端末も投入されるという。これはUSB証券のアナリストのSteven Milunovichによる分析だ。Milun ...

  • メンタルの強い人が持つ7つの習慣

    Jeff Boss , CONTRIBUTOR

    私は先日、ある公開討論会に登壇し、どのようにして起業家やスタートアップ創業者が「エリート」の思考法を身につけるかを議論した。私が指導するリーダーやチームの中には、メンタルの強さを職業と結びつけて考える人がいる。兵士やスポーツ選手など精神の強さが必要とされる人と、その他の人に二分しているのだ。しかし、 ...

  • ラップ界新女王「カーディ・B」初アルバムでビヨンセを撃破

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    ヒップホップ界の新女王と呼ばれるカーディ・Bがデビューアルバム「インヴェイジョン・オブ・プライバシー」でビルボード200を席巻している。初動で25万ユニット以上を記録し、アルバムチャートでトップの座を獲得した。そのうち13万5000ユニットがストリーミング再生によるものだった。カーディ・Bの楽曲は4 ...

  • 「Bリーグをメディアカンパニーに」大河チェアマンが仕掛けるSNS戦略

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「B.LEAGUE(Bリーグ)をメディアカンパニーにしたい」──そう語るのは公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ、通称「Bリーグ」のチェアマンを務める大河正明だ。Jリーグの常務理事からBリーグのトップに転身した男は、新たな舞台でどんなサプライズを見せてくれるのか。2016 ...

  • 米10代若者の間で増加する「セクスティング」とは何か

    Tara Haelle , CONTRIBUTOR

    米国では10代の若者の15%が、性的なメッセージや画像を含んだテキストを指す「セクスト」を送信したことがあるという。また、受信したことがある人は27%に上る。10代後半に近づくにつれて、そうしたテキストをやり取りする割合は高くなるというが、それは驚くことではないだろう。セクストをやり取りする「セクス ...

  • 期待高まる「iPhone X SE」、近日中に発表か?

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    アップルが今年発売する「iPhone X SE」への期待が高まってる。iPhone X SEは「iPhone X」が実現した先進的機能を、安価で提供する端末であるとされており、アップルが今年発売する3つのiPhoneのなかで最もエキサイティングなデバイスだ。そのiPhone X SEが、アップルが3 ...

  • 今の仕事が「辞め時」だと分かる10のサイン

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    ある朝、ひどい頭痛とともに目覚めて、自分は今まで間違った仕事に長く居座り過ぎていたのだ、と気づく人に対し、私は同情する。私自身も、ひどい状況にあまりに長く居過ぎたことがある。心の中では何かがおかしいと分かっていながらも、なんとかできると考えていたり、問題を解決できるほど自分は強くないと感じて気にしな ...

  • ジェフ・ベゾスらも注目の「オンデマンド倉庫」設立の21歳

    Alexandra Wilson , FORBES STAFF

    大学の同級生らが3年生を終えようとしていたころ、21歳のSean Henryは初めての投資ラウンドを終えた。ジョージア工科大学で学び、企業とオンデマンドの倉庫をつなぐソフトウェアを開発する「Stord」を立ち上げたHenryは4月18日、シードラウンドで240万ドル(約2億5800万円)の資金調達に ...

  • 「世界で最も稼ぐミュージシャン」トップ30を発表 1位は?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    年収1億7000万ドル(約176億円)のテイラー・スウィフトが「世界で最も稼ぐミュージシャンランキング」の1位に立った。北米ツアー収入でローリング・ストーンズの記録を打ち破ったスフィフトは、スニーカーのKedsやダイエットコーク、アップルの広告にも登場した。「スフィフトはヒット曲を連発するだけでなく ...

  • 1億円超えか 衝撃的なトヨタの究極ハイブリッドカー

    ピーター ライオン , Official Columnist

    数億円以上するハイパーカーの話になったとき、世界のクルマ業界で話題にのぼるのは、メルセデスAMGプロジェクト・ワンやレッドブル・レーシングのアストン・マーティンのヴァルキリーであって、日本のメーカーの車種の名前があがることはなかった。そう、これまでは。トヨタ・GRスーパー・スポーツ・コンセプトが発表 ...

  • なにはともあれ「水分摂取」 医師4000人に聞く二日酔い対策

    イシコメ , CONTRIBUTOR

    二日酔いの朝は、頭痛や吐き気など気分が悪くありませんか? 私も飲みすぎないよう意識していても、楽しくなってくるとつい飲み過ぎて、翌朝後悔することがあります。二日酔い対策には、飲み会の前に市販のドリンク剤を飲み、寝る前には水分をたくさん摂ることにしていますが、医師の皆さんはどうされているのでしょうか。 ...

  • 廃業寸前からの復活 なぜ京都の老舗メーカーに世界中から依頼が殺到するのか

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    フォーブス ジャパンは2018年4月号で、創業10年以上で売上高100億円未満の価値ある企業を表彰するアワード「スモール・ジャイアンツ」を創設した。アドバイザリーボード12組の協力のもと、全国から250社を選出。「カッティングエッジ」「ローカル・ヒーロー」「グローバル」「セカンド・ローンチ」「ベスト ...

  • iPhone 6とiPhone 7の違い 「買い換える価値」は本当にあるのか?

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    アップルがiPhone 7を一番売り込みたいのは、iPhone 6のユーザーだ。6Sのユーザーの多くは購入時の契約期間がまだ残っているため、すぐにアップグレードすることはできない。それに対し、記録的な売上を達成したiPhone 6はユーザー数が非常に多く、格好のターゲットなのだ。しかし、iPhone ...

  • アップル「iPhone X SE」を700ドルで販売か、SEの2倍の価格に

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    アップル関連で確度の高いリーク情報を流すことで知られるKGI証券のミンチー・クオ(郭明錤)が、また気になるニュースを明らかにした。ニュースサイト「MacRumors」が掲載したクオの報告によると、アップルは今年3モデルのiPhone Xの後継機種をリリースするという。5.8インチのiPhone Xの ...

  • 新色が登場したばかりのTUMI「ALPHA 2」を持つべき理由

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    ビジネスバッグといえば、誰しも思い浮かべるのがトゥミのバリスティックナイロンのシリーズ。そのイメージがさらに膨らむ新しいカラーのアイテムが登場した。見るからにタフなバリスティックナイロン。その質感を全面に出したトゥミのブリーフバッグは、オフィス街を歩けば常に視界に入ってくるほど多くのビジネスパーソン ...

  • 価値が一定の仮想通貨「ステーブルコイン」の巨大な可能性

    Andrew Rossow , Contributor

    仮想通貨といえば値動きが非常に激しいイメージがあるが、価値の安定性を特徴とするのが「ステーブルコイン(stablecoin)」と呼ばれるコインだ。ステーブルコインは米ドルなどの法定通貨に対し常に一定の価値を持っているため、資金を安全に保管したい場合や取引所などでの基軸通貨として利用できる。その最新の ...

  • 配車サービスのリフト、4月20日「大麻の日」に特別割引を提供へ

    Tom Angell , Contributor

    「大麻を吸ってから運転するのは危険だ。4月20日に帰宅する際は自分で車を運転せず、当社のサービスを利用して頂きたい」──配車サービスの「リフト(Lyft)」が、“マリファナの日”として知られる4月20日をひかえ、特別ディスカウントサービスの提供を発表した。リフトは声明で次のよ ...

  • 首相は元画家 アルバニア、型破りなリーダーシップでEU加盟へ前進

    Shellie Karabell , CONTRIBUTOR

    アルバニアの首都ティラナの事務所で私たちのインタビューに応じた同国のエディ・ラマ首相は、絵の具がうっすらと付いたデニムの作業シャツにジーンズ姿という、自らが「絵かき服」と呼ぶ装いで現れた。ラマは休日の朝を、友人のアトリエで過ごしていた。2013年に首相に就任する前、最初のキャリアを画家とスタートさせ ...

  • 良いリーダーが「すみません。知りませんでした」と言わない理由

    Rob Asghar , CONTRIBUTOR

    映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインによる数々のセクシュアルハラスメント疑惑に関し、エンターテインメント界を率いる有力者たちは、なぜ自分たちの業界でこうした事態が生じたのかの説明に追われてきた。彼らの説明は主に次の2パターンだ。1. 「すみません。知りませんでした」2. 「知らなくて申し訳 ...

  • 全米が大谷フィーバー! 「カネではない」純粋な野球愛に感動

    長野 慶太 , Official Columnist

    3試合連続ホームランや投手で2連勝し、大谷翔平が大リーグの週間MVPを受賞したが、日本人が想像している以上に現地の大リーグファンは大騒ぎをしている。筆者は在米21年になるが、ひとりの日本人がここまでアメリカを揺り動かすことはなかった。実はアメリカ人の大リーグファンにとって、大谷はこれまでの日本人大リ ...

  • ファーウェイが折り畳み式スマホ「年内発売説」の真実味

    Jay McGregor , CONTRIBUTOR

    アップルやサムスンは近い将来の折り畳み式スマホの発売に向けて、開発を続けていると報じられている。しかし、この分野で最初の製品を発売するのが中国のファーウェイになるという説が浮上した。韓国メディア「ETNews」は関係筋から得た情報として、ファーウェイが今年11月に折り畳み式スマホを発売する準備を進め ...

  • 職場にもいるサイコパス 見分け方と対処法

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    「サイコパス」という言葉からは、残虐な連続殺人犯を連想することが多い。実際に凶悪犯罪者の多くはサイコパスだが、ビジネスで成功するサイコパスもいる。サイコパスは愛想が良く、最初はその魅力によって企業で昇進を重ねる。しかしある時、周囲の人々を巧みに操っていることが明らかになるのだ。サイコパスと同じ職場で ...

  • 次期アップルウォッチは「フォースタッチ」機能を拡大の見方

    Paul Lamkin , Contributor

    2018年末の発売が噂されるアップルウォッチの「シリーズ4」では、デジタルクラウン(竜頭)にもフォースタッチ(Force Touch)機能が搭載され、様々な入力が可能になるかもしれない──。アップル関連のブログ「Patently Apple」が先日、アップルが出願した特許について報告した。そこには次 ...

  • 仮想通貨「ICO」に逆風、米証券取引委員会も規制強化へ

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    仮想通貨を用いた資金調達「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」が逆風にさらされている──。米証券取引委員会(SEC)は先日、元プロボクサーのフロイド・メイウェザー・ジュニアを宣伝に起用した仮想通貨「Centra」のICOが詐欺であると告発した。大型ICOとして期待が高まっていたメッセージアプ ...

  • 面接官が最悪な企業、入社してみる価値はある?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は、読者のフランからの便りと、それに対する私からの回答だ。リズさんへ最悪な人間を面接担当者として雇い、採用プロセスを任せるような会社は、良い就職先となり得るのでしょうか? 不快な面接官と同じく仕事の内容も劣悪ならば、面接に自分の時間とエネルギーを費やしたくありません。私は現在、自分を雇いたいとい ...

  • クラウドの母に聞く10の質問 「テクノロジーと企業経営」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    “クラウド・コンピューティング”という言葉の生みの親で、シリコンバレーの草分け的存在のジュディ・エストリン。スタンフォード大学でヴィントン・サーフと共にインターネットとTCPIPプロトコルの創生に重要な役割を果たす。その後連続起業家となり、90年代にシスコシステムズのCTOを ...

  • 雇われたければ「24時間以内にテストを」 非常識な企業の要求

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は、読者のフラビアからの便りと、それに対する私からの回答だ。私は普段、オンラインの求人フォームに応募したりはしませんが、先週ひとつ試してみました。自分にぴったりな求人だったからです。2時間後、応募先企業からメールが届き、最初は喜びました。メールの内容はこうでした。「良いお知らせです! 弊社は、製 ...

  • 世界が感動、認知症の父と撮影した「カラオケ動画」が6千万再生

    Kitty Knowles , Forbes Staff

    英国のテディ・マクダーモットはかつてプロの歌手としてイギリス各地のクラブを回っていた。しかし、80歳を過ぎて認知症にかかり家に引きこもりがちになった。息子のサイモンによると、テディは認知症のせいで攻撃的な言動をとることも多かったが、英アルツハイマー協会の電話相談窓口に電話すると、機嫌がよくなったとい ...

  • 2018年は「巨大地震頻発」の年に、地球物理学者らが警告

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    科学者たちは2018年、世界各地で大地震が頻発する可能性が高いことを指摘している。地球の自転速度は一定の周期で変動しているが、現在は自転速度が一日あたり数ミリ秒分低下しており、来年から回復する周期にあたるという。人類が地球の自転速度の変化を体感することはできないが、地球物理学者らは地球の自転速度を極 ...

  • 世界の「仮想通貨長者」首位はリップル創業者、資産8200億円 

    Randall Lane , FORBES STAFF

    フォーブスは2月7日、今回が史上初となる「世界の仮想通貨長者ランキング」を発表した。仮想通貨の狂乱はわずかな期間で億万長者になる人々を世界中で生み出した。現在、仮想通貨市場には1500種類ものコインが存在し、時価総額の合計は5500億ドル(約60兆円)。その規模は2017年の初頭から31倍に膨らんだ ...

  • ネットフリックスが発表「最もイッキ見されたドラマ」10作品

    Dana Feldman , CONTRIBUTOR

    ネットフリックスの人気の高まりを受けて広く一般化したのが“binge watch(ビンジ・ウォッチ)”と呼ばれるイッキ見の習慣だ。2017年に新たに会員になった人が最もイッキ見した作品は、1980年代の米国中西部の架空の町を舞台としたSFホラードラマの「ストレンジャー・シング ...