• ビットコインは今が利食いのタイミング、投資ファンド幹部が忠告

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    売却して利益を確定し、手を引くべきときだ──。売るべきものとは、そう、ビットコインだ。「多くの国の規制当局が、ビットコインに悩まされている。そして、ビットコインへの規制を強化する方向へと足並みをそろえ始めている」こう話すのは、バーレーンを拠点とする投資会社、インベストコープの元最高情報責任者(CIO ...

  • 就活者の「無礼でプロ意識に欠ける行為」5選

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のショーンから寄せられた便りと、私からの回答だ。プロ意識に欠けるリクルーターや面接担当者についての記事を頻繁に書いていらっしゃいますが、その理由が私にはよくわかります。私は長い間、人事の仕事をしており、就職希望者がひどい仕打ちを受けるのを何度か目にしたことがあります。就職あっせん会社や募集 ...

  • なぜ社員の飲み代を会社が負担するのか? 補助制度の狙いと効果

    角川 素久 , Official Columnist

    どんなにITが進化して情報共有が容易になっても、人間同士のコミュニケーションにはときどき誤解が発生する。組織の問題の多くがコミュケーションに起因するものだ。このコラムでは、Sansanが創業から10年間で導入した社内制度について、その設計・運用上のポイントなどを紹介する予定だが、第一回の今回は、この ...

  • 宝くじで高額当せん? 実行すべき5つのこと

    Zack Friedman , CONTRIBUTOR

    10億ドル(約1100億円)を手に入れたら、あなたは何をしたいだろうか?宝くじで高額当せんを目指すなら、当たった場合に行うべき次の5つのことを知っておく必要がある。1. 匿名を貫く幸運をつかんだあなたが最も避けたいのは、注目の的になることだ。そして、そのための最善の策は、匿名のままでいることだ。だが ...

  • 下落続く仮想通貨リップル、投資家らの「弱気」が鮮明に

    Charles Bovaird , CONTRIBUTOR

    仮想通貨リップルのトークン「XRP」の価格は1月22日下落した。下げ幅は他の仮想通貨を大きく上回っている。XRPの価格は1月22日の14時(現地時間)時点で約1.17ドルで、CoinMarketCapのデータでは当日の最高値の1.43ドルからほぼ18%の下落となった。一時的に価格は1.212ドルまで ...

  • 面接を制す「80対20」の法則 カギは強みと弱みの明確化

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    私は読者からの便りをもらうのが好きだ。マネジメント講習では得られないような実戦的知見が得られるからだ。先日、私の少々変わったマネジメント手法に興味を持ったクリスティーナ・ネプスタッドから連絡を受けたときも、同じ気持ちだった。彼女は元ミス・カリフォルニアからビジネスコーチに転身した、少し型破りな経歴の ...

  • これを言う上司は信用するな 小心者が発する5つのせりふ

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    職種にかかわらず、上司というのは仕事で最も重要な人間だ。部下は上司を信頼し、尊敬しなければならない。そうでなければ、薄氷を踏むことになる。職場でもどこでも、“恐れ”は強い動機となる。もしあなたの会社の上司が恐れを抱いている人だった場合、必要と感じたらすぐにあなたを犠牲にするだ ...

  • テンセント会長、史上初の「資産500億ドル突破」 関連企業も好調

    Russell Flannery , Forbes Staff

    中国のテンセントは今や世界で時価総額が最も高いインターネット企業の一社となった。同社会長のポニー・マーの個人資産額は1月19日、フォーブスのリアルタイム・ビリオネア・ランキングで500億ドル(約5.5兆円)を突破し、中国人の富豪としては新記録を達成した。テンセントの株価は19日の香港市場の終値で史上 ...

  • 給料が既に頭打ち、この先どうすれば?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のギルバートから寄せられた便りと、私からの回答だ。先日、上司から衝撃的なことを告げられました。上司いわく、私は受け取れる給与額の上限に達しているとのことでした。今後望める昇給は年1度の生活費増加分だけだそうで、その額は微々たるものです。別の役職への昇進を目指すべきかと尋ねましたが、「給与水 ...

  • ビル・ゲイツが考える「次の100年に必要な人材」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    1917年創刊のForbesは1世紀にわたり、各国のビジネスの最前線を追ってきた。世界を変えてきたビジネスパーソンたちが、その道のりで得た教訓とは──。Forbes JAPAN 3月号(1月25日発売)では、「私がビジネスで学んだこと」と題して100人の名言を大特集。今回は本誌発売に先駆け、マイクロ ...

  • 「北朝鮮の五輪参加」世論をAIで分析、韓国人の本音とは?

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , CONTRIBUTOR

    平昌冬季五輪の開催まであとわずか。開催地・韓国の人々の関心のひとつは、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)の選手団の大会参加と、その後の南北融和の行方となっている。北朝鮮が、大会参加を正式に表明したのは、1月9日に行われた南北高位級会談でのこと。以降、韓国メディアは多くの関連情報が報道しているが、 ...

  • 仮想通貨リップルとトロンで「3000ドルを失った男」の告白

    Dave Thier , Contributor

    筆者は今年1月3日の記事で「仮想通貨への投資で3000ドルを儲けた」と執筆したが、それは幻だったようだ。筆者は12月の末に約1ドルだったリップル(XRP)に投資を行い、一時的に成功を収めた。また、別の仮想通貨であるトロン(TRX)にも投資し、リップルを上回る成果をあげていたが、これも一時的なものだっ ...

  • 任天堂スイッチ、初年度1460万台を販売 PS4の記録を突破か

    Paul Tassi , CONTRIBUTOR

    任天堂の「スイッチ」は発売の初年度で、「Wii U」が4年をかけて達成した販売台数を突破したという。スイッチは厳密に言えば、わずか10ヶ月でこのマイルストーンを達成した。任天堂からの正式なアナウンスはないが、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のが掲載した「Ace Research Insti ...

  • 「10億円手に入ったら」と妄想すると、自分の本音が見えてくる

    藤野 英人 , CONTRIBUTOR

    仮に、生活のために働くことから解放されたら、あなたが本当にしたいことは何だろうか?“本音”を知り、それを実現するために邁進することが最大の投資になる、と筆者は語る。もし10億円が手に入ったら、あなたならどうするか─。ぜひ読者諸賢に考えてみてほしい。相続でも宝くじでも、何でもよ ...

  • 上司に嫌われていても仕事で成功する方法

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のハリーから寄せられた便りと、私からの回答だ。今の仕事は、全てが理想的と言ってもいいほど素晴らしいのですが、唯一の例外が上司との関係です。上司の「フィル」は私のことが気に入らないようで、それを隠そうともしません。私が今の部署に異動したのは1年前で、その約1か月後にフィルも現場でのポジション ...

  • マルチタスクは非効率的 成功のための正しい作業方法とは?

    Ian Altman , CONTRIBUTOR

    運転中に携帯を手にしてメールや会話をしてはいけないことは誰もが知っているが、運転しながら仕事について考えたり、高速料金を払う小銭を探したり、さらには昼食を取ったりしている人はどれくらいいるだろう?「ながら運転」が完璧にできていると感じても、実際には運転だけに集中しているときと比べてはるかに危険である ...

  • 米国の債務不履行は南部に集中 ルイジアナは住民の約半数に未払い

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    米国では昨年、支払いや借金の返済が滞り、債券回収会社から督促を受けるなどしていた人が33%に上った。シンクタンクのアーバン・インスティテュートは12月6日、各州の住民に占めるこうした人たちの割合を公表した。公表されたデータは、大手信用調査機関が2016年中に収集した消費者個人に関する匿名データと前年 ...

  • 2017年の大口寄付トップ10 1位はゲイツ夫妻の5100億円

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    毎年、何十億ドルという莫大なお金が、富裕層から貧困層支援施設や慈善団体へと寄付される。振り返ると、2017年は個人による寄付が盛んに行われた年だった。慈善活動に関するニュースや情報を扱う雑誌「クロニクル・オブ・フィランソロピー」は、毎年行われる寄付の金額を調査し、その年にあった大口寄付のデータを公表 ...

  • 職場にもいるサイコパス 見分け方と対処法

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    「サイコパス」という言葉からは、残虐な連続殺人犯を連想することが多い。実際に凶悪犯罪者の多くはサイコパスだが、ビジネスで成功するサイコパスもいる。サイコパスは愛想が良く、最初はその魅力によって企業で昇進を重ねる。しかしある時、周囲の人々を巧みに操っていることが明らかになるのだ。サイコパスと同じ職場で ...

  • ロケットラボが2度目の打ち上げ成功、宇宙ビジネスに前進

    Alex Knapp , Forbes Staff

    米カリフォルニア州ハンティントンビーチ本拠の宇宙関連スタートアップ「ロケットラボ(Rocket Lab)」が1月21日、同社にとって2回目の小型ロケットの打ち上げを行い、衛星を軌道に送り込むことに成功した。同社の「エレクトロンロケット」は21日、ニュージーランドの発射場から打ち上げられ、発射から8分 ...

  • ほぼ日では、「スペック」と「情熱」の競争は避けたい|糸井重里

    岩佐 文夫 , Official Columnist

    前回の記事で、8時間半に及ぶ「異例」の株主総会に込めた想いを語った株式会社ほぼ日社長の糸井重里と、CFOの篠田真貴子。第2回となる今回では、世界一の時価総額を誇るGoogleとほぼ日の意外な共通点が語られた。ほぼ日の独創的な活動の源泉ともいえる、糸井のポリシーとは──。資本主義に最も逆行した会社が、 ...

  • ケネディ前大使が語った「ゴミは中国、漁業は日本よ」の意味とは

    井植 美奈子 , Official Columnist

    ここに掲げた「クジラが打ち上げられた写真」をニュースで時々見かけることはないだろうか?海外だけでなく、今年も宮崎や鹿児島で同じようなことが起きている。原因については、解体された胃袋の中から大量のビニール袋やプラスチックごみが見つかり、消化器系が損傷したとか、あるいは海底の掘削やタンカーのスクリュー音 ...

  • 勤務先が「従業員を大切にしているか」見極める10のヒント

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    企業の多くが人材を募集する際、「業界の最も優秀な人材が働きたがる当社」などといった言い方をする。だが、口で言うのは簡単なことだ。企業の素晴らしさはその発する言葉ではなく、賃金規定をはじめとする諸規定、社内のリーダーシップや文化に関わる問題に向ける関心、従業員が何らかの調整を必要としたときに見せる柔軟 ...

  • 麻薬より危険「食べるのをやめられなくなる食品」リスト

    Quora , CONTRIBUTOR

    研究者らによると、いくつかの太りやすい食べ物は、ヘロインやコカインと同様の依存性があるかもしれないという。ダイエットの経験がある人なら、体重を落とすために自制心を働かすことがいかに難しいかを知っている。脂肪を燃焼する運動も効果的だが、食べ過ぎが脳に影響を与え、依存傾向を強めるという研究結果がある。高 ...

  • 今の仕事が「辞め時」だと分かる10のサイン

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    ある朝、ひどい頭痛とともに目覚めて、自分は今まで間違った仕事に長く居座り過ぎていたのだ、と気づく人に対し、私は同情する。私自身も、ひどい状況にあまりに長く居過ぎたことがある。心の中では何かがおかしいと分かっていながらも、なんとかできると考えていたり、問題を解決できるほど自分は強くないと感じて気にしな ...

  • 給料が低すぎる米国の職業ランキング

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    仕事の需要は、経済の発展と人口の増減に応じて変化する。需要が非常に高いのに供給が不足する職業では、労働者が現在得ている給与額と、雇用者が理論上で支払うべき給与額の間に差が生じている。しかるべき報酬を受けていないこうした職業をまとめたランキングが、米キャリア情報サイトのグラスドアにより発表された。ラン ...

  • ホテルの部屋に到着後、最初にすべき5つのこと

    Leslie Wu , CONTRIBUTOR

    ホテルの部屋の前に立ち、ドアを開ける前の一瞬、私たちにはある種の予知能力が働く。時差ぼけの中でも私たちの五感が、周囲のあらゆることを手掛かりに状況を素早く、総合的に判断するのだ。隣の部屋のドアの脇にルームサービス用のトレーが置かれたままなら、定期的に廊下を見回るスタッフがいないということ。照明が気味 ...

  • 韓国が禁止しても「仮想通貨市場は崩壊しない」と言える理由

    Alexavier Guzman , Forbes Staff

    仮想通貨の価格は、この数日間で全体的に暴落した。その大きな要因は、韓国政府が仮想通貨取引の規制を強化すると発表したことだ。韓国市場の不確実性が高まる中、投資家たちは仮想通貨の将来性を見極めようと躍起になっている。仮想通貨の最大の魅力は、中央機関に依存しない非中央集権的な仕組みにある。リップルのXRP ...

  • 米国で高給の職業トップ12 年収6600万円超で1位は「神経外科医」

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    ビジネス向け交流サイト(SNS)のリンクトインは毎年、ユーザーが申告した情報に基づき、さまざまな職業の給与を調査して、最も高給な職業を特定している。同サイトが発表した最新の報告書からは、医療分野の上位職、特に外科を専門とする職業がいかに多くの給料を得ているかが示されている。リンクトインによる給与の高 ...

  • 世界のクルママニアを魅了した、日本人が手がけるスーパーカー

    ピーター ライオン , Official Columnist

    グローバルに活躍する日本の工業デザイナー、ケン奥山こと奥山清行。彼が手がけるのは、新幹線からトラクター、ロボット、家具、めがね、食器と幅が広い。しかし、彼を一躍有名にしているのは、そのスーパーカーのデザインだ。昨年は、カリフォルニア州モンタレーで開催されるモーター・スポーツのイベント「ザ・クウェイル ...

  • 成功と幸福を呼ぶ、体と心の「正しいメンテナンス」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    第2回を迎えた「WELLNESS AWARD OF THE YEAR」。人が人らしく働ける環境づくりがなぜ、社会に大きなインパクトを与えるのか。現代ビジネスの課題に新たな視点で挑むFiNC代表取締役社長・溝口勇児に話を聞いた。昨今、日本でもさまざまな企業が、本格的に着手し始めた「健康/ウェルネス経営 ...

  • 中学生がロボットを製作、鯖江の「Hana道場」が面白い理由

    竹部 美樹 , Official Columnist

    世界的なグローバル企業や地元の企業など25社が支援するITものづくり道場「Hana道場(Hana オープンイノベーション道場)」は、福井県鯖江市にあります。支援する企業のなかには、ビジネス向けソフトウェアの開発を手掛けるドイツの大手ソフトウェア企業SAPがあり、「Hana道場」は、そのSAPがドイツ ...

  • 今後10年で生まれる「未来の仕事」21選

    Adi Gaskell , CONTRIBUTOR

    技術の進歩が雇用に与える影響については、まるでこの世の終わりといった悲観的な予測が、この1年ほどで増えてきた。これまで発表された調査の大半は、自動化などの技術の影響で多くの職業が失われると断言する結果が出ている。こうした調査にはさまざまな欠陥があるが、中でも最も大きな誤りは「労働塊の誤謬(ごびゅう) ...

  • ソニーPS4が好調、任天堂スイッチも「1億台突破」の期待

    Paul Tassi , CONTRIBUTOR

    ソニーは1月8日、2017年の年末商戦でPS4が590万台売れ、累計の販売台数が7360万台に達したと発表した。年末商戦だけの販売台数は前年に比べるとわずかに下がっているが、2017年はPS4が最も売れた年となり、ゲームソフトの販売数も過去最高となった。PS4は最近、任天堂の3DSを抜いてゲーム機の ...

  • 精神の強い親がしない13のこと

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    社会で直面する課題に立ち向かえる強い精神を持つ子供を育てるには、子供の精神的な強さを奪う不健全ながらも一般的な育児方法をやめる必要がある。もちろん、子供の精神的強さを育てるのは簡単ではなく、親自身にも精神的な強さが求められる。子供が奮闘するのを見守り、恐怖に立ち向かわせ、自分が犯した過ちの責任を取ら ...

  • 遺体動画で炎上のローガン・ポール「年収14億円」に与える打撃

    Madeline Berg , Forbes Staff

    ユーチューブは1月10日、青木ヶ原の樹海で撮影した遺体動画を投稿した人気ユーチューバーのローガン・ポールとの提携を解除した。広告枠の「グーグル・プリファード」からチャンネルを除外し、共同開発していた独自コンテンツの制作も中止する。しかし、この処分はポールの収入にさほど大きな打撃は与えないだろう。彼の ...

  • ビル・ゲイツから孫 正義まで、「世界の大豪邸」11選!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    山手線の内側より広い敷地に豪邸を持つゲイツや築60年の家屋に住むバフェット––。「家は住む人を表す」という言葉もあるが、世界の大富豪の自宅は人それぞれ。1. ビル・ゲイツ邸写真は、今年もビリオネアランキング1位となったビル・ゲイツの自宅の“一部”である ...

  • 「スター・ウォーズ」が中国で絶不調、各地で上映打ち切りに

    Rob Cain , CONTRIBUTOR

    映画「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」は中国で期待外れのオープニングとなり、現地の劇場関係者らは、恐らく前代未聞と言える厳しい決定を下しつつある。ハリウッドが誇る「スター・ウォーズ」の上映を打ち切るのだ。「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」の中国におけるスクリーン占有率は、公開初日の1月5日時点で ...

  • なにがなんでも避けるべき有害な人10タイプ

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    有害な人間は、ものの道理とは無縁だ。自分が周囲にどれほど悪影響を及ぼしているか気づかないおめでたいタイプもいれば、周りを混乱させたり他人を怒らせたりすることに歓びを見いだすタイプもいる。自分とは異なる人々との付き合い方を学ぶことは大切だが、本当の意味で有害な人に時間とエネルギーを割く価値はないし、彼 ...

  • 中国の若者が激怒した「ヴィクトリアズ・シークレット」の失態

    Helen H. Wang , CONTRIBUTOR

    ヴィクトリアズ・シークレットは先日、パリで開かれたファッションショーで、中国人消費者を引き付けるために、ドラゴンをテーマにした下着を披露した。スーパーモデルのエルザ・ホスクは体にドラゴンを巻き付けて登場。アドリアナ・リマはドラゴンが刺繍されたスチレット・ブーツを身に着けた。しかし、中国人の若者の目に ...

  • 米市場で高価値を維持する2018年モデル、トヨタなど日本車が多数

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    新車購入者の間で、伝統的な乗用車の人気が低下している。それを改めて示す調査結果がまた一つ、明らかになった。新車で購入してから5年後に再販価値が最も高水準を維持すると見込まれる車のうち、大半を占めるのはピックアップトラックと、トラックをベースとしたSUVであることが分かった。自動車価格の情報サイト、ケ ...

  • 「ビットコインバブル」を生き抜く、20代起業家の確かな知恵

    Samantha Sharf , Forbes Staff

    2011年当時、700ドルの預金しか持っていなかったオラフ・カールソン・ウィー(Olaf Carlson-Wee)はそのほぼ全額をビットコインに投資した。社員らを説得し、給料5万ドルもビットコインで支払うことにした。家の家賃もビットコインで支払いたいと家主に頼み込んだ。レストランで食事した際には友人 ...

  • 米バーモント州で大麻解禁、知事が「個人の自由の問題」と発言

    Tom Angell , Contributor

    米バーモント州はアメリカの州としては9番目に大麻を合法化した州になった。これまで米国の大麻解禁は州民選挙で行なわれて来たが、バーモント州では議会の決議で合法化がなされた。バーモント州知事のフィル・スコットは1月22日、合法化法案にサインをすると同時に声明で次のように述べた。「私は個人的な考えとして、 ...

  • 福留亮司が語る、時計とクルマの共通点

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    さる12月25日、新しいアルファードが発表された。その精悍な顔つきはよりシャープになり、大胆なフロントグリルが圧倒的な力を感じさせる。内装や安全安心機能も高級車最高レベルを備える。Forbes JAPANでは、「ALPHARD REVIEWS」と題して、3週にわたって、ゲストによる新しいアルファード ...

  • 知らずに職場の嫌われ者に? 気をつけるべき9つの癖

    Jennifer Cohen , CONTRIBUTOR

    ほとんどの人は、職場では皆から愛される存在になろうと努めるものだ。少なくとも、職場に1人はいるような厄介な同僚にはなりたくないはずだ。残念なことに、知らず知らずのうちに同僚をいら立たせてしまう癖を持っている人は多い。ここでは、意識せずに同僚を不快にさせてしまう9つの行動とその解決法を紹介する。1. ...

  • ゲーム好きならソニー「PS4 Pro」を今買うべきと断言できる理由

    Paul Tassi , CONTRIBUTOR

    今年のブラックフライデーでは多くのゲーム機が大特価で販売されたが、筆者が一押しするのはこれらのお値打ち品ではなく、どの小売店でも一切値引きされることのなかった「PS4 Pro」だ。セールでは「PS4スリム」をはじめ、ゲームソフトとセットで250ドルで販売されるケースが目立った。これに対し、PS4 P ...

  • イーサリアムを生んだ男が語る「仮想通貨と金融の未来」

    Elaine Ramirez , CONTRIBUTOR

    中国政府は9月、ICOの禁止と仮想通貨取引所の閉鎖を発表し、仮想通貨業界を揺るがせた。しかし、イーサリアムの共同創設者、ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)は、中国の規制の影響は他国には波及しないと見ている。イーサリアムの時価総額は275億ドル(約3兆円)で、仮想通貨分野でビット ...

  • 「世界一壊れないクルマ」がイメチェン、女性からも人気に

    ピーター ライオン , Official Columnist

    世界でもっとも壊れないと言われたクルマ、トヨタ・ハイラックス。破壊不可能と言ってもいいかもしれない。過去にはイギリスの超人気クルマ番組「トップ・ギア」で、この頑丈な4WD車をどうにかして壊そうと試みたのをファンなら決して忘れないはずだ。お騒がせキャスターのジェレミー・クラークソンは、ハイラックスを燃 ...

  • 「ジェフ・ベゾス的思考」を手に入れる10の方法

    Jon Youshaei , Contributor

    1000億ドル(約11兆円)を稼ぐには何が必要なのか? その答えは、ジェフ・ベゾスが知っている。彼はアマゾンを起業してオンライン小売の世界最大手に育て上げ、世界一の富豪の座を手にした。こうした成功は偶然手に入るものではなく、適切な思考法が必要だ。それは、あなたも今から身につけられる。以下に、ベゾスを ...

  • めざすは世界三大料理への復権、トルコ料理に吹く新しい風

    仲山 今日子 , Official Columnist

    伝統的に世界三大料理とは、中華料理、フランス料理、トルコ料理と言われてきた。とはいえ、好きなトルコ料理を3つあげてみろと言われたら、頭を抱えてしまう人も多いかもしれない。それほど他の2つに比べて、トルコ料理は一般的ではない。しかし、トルコといえば、かつて威容を誇ったオスマン帝国のスルタンたちが、東西 ...