• ハワイの火山噴火で空から降る「緑の宝石」 ツイッターで話題

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    ハワイでは緑色の石が空から降り注いでいる──。これは1カ月前から続いているキラウエア火山の噴火によるものだ。緑色の石の正体はハワイの溶岩に含まれている鉱物のカンラン石だ。ジュエリーにできる宝石レベルの品質のものはペリドットと呼ばれる。火山が噴火し溶岩が飛び散ると、そこに含まれているカンラン石が小さな ...

  • 高齢者に必要な次世代モビリティとは? 共感インタビューで見えた衝撃の事実

    琴 章憲 , OFFICIAL COLUMNIST

    「シリコンバレーで、若手3名が一つ屋根の下で暮らし、デザイン思考を使って、今までにない全く新しい次世代モビリティを開発する」スズキの特別プロジェクト公募に自ら志願し、選抜された3名はデザイン思考のフレームワークに沿って、街頭インタビューを敢行。その結果をもとに、開発を進めていくこととなった。(奮闘記 ...

  • 標高世界一のポップアップレストラン 食事前に登山8日間

    Eustacia Huen , CONTRIBUTOR

    あなたは絶品の食事を味わうために、どれほど努力ができるだろうか?目当てのレストランを利用するため、何カ月も待つ人や、貯金を使い果たしたりする人がいるが、サンスクリット語で「有機自然」を意味する「ティヤギョニ(Tiyagyoni)」と命名されたこのレストランで食事するには、エベレスト山を最大8日間登ら ...

  • 「行政に興味のない市民に損をさせない」 和光市長が選ぶ道

    加藤 年紀 , Official Columnist

    普通交付税とは、自治体間の財政不均衡を是正するため、国が地方自治体に配分するものだ。昨年、普通交付税を受けていない地方自治体は、全国1718市町村のうち、わずか75団体。そのなかのひとつに埼玉県の和光市がある。普通交付税を受けていないということは、すなわち財政的に健全で、自立した行政運営を行う地方自 ...

  • 中国版ネットフリックスの「愛奇芸」 時価総額3兆円を突破

    Russell Flannery , Forbes Staff

    今年3月29日に米ナスダック市場に上場した動画ストリーミング企業「愛奇芸(iQiyi、アイチーイー)」の株価は、6月15日の終値で40.16ドルをつけた。“中国版ネットフリックス”と呼ばれる愛奇芸の株価は、上場時の18ドルの2倍以上に膨らみ、同社株の約7%を保有するスマートフ ...

  • 「人間の生き方」を科学する、ヒューマノーム研究所の挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    医療・ヘルスケア技術の進歩により、人の健康が約束される未来がやってきたら─。そのポストヘルス時代に向け、超異分野の研究者たちによる究極の問いを追究する旅が始まった。人間の設計図である遺伝子全体を意味するゲノム、タンパク質の総体を示すプロテオーム、さらには、神経回路全体を意味するコネクトーム&hell ...

  • 情熱のある人に共通する「行動と未来の捉え方」

    高橋 祥子 , Official Columnist

    取材等で聞かれる「なにがきっかけで情熱が芽生えたのですか?」という問いに対して、これまで興味を抱いてきませんでしたが、ベストセラーとなったユヴァル・ノア・ハラリのサピエンス全史の続編の「Homo Deus」を読んだことがきっかけで、一度考えてみようと思いました。人類のこれまでの史を書いてきたサピエン ...

  • 全米最難関のエリート大学生も解けない「電通の入社テスト」とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    入試合格率は1.9%、現在世界で最も入学するのが難しいと言われているミネルバ大学の学生たちが、夏休みを生かして来日中だ。ブラジル、スイス、南アフリカ、パキスタンなど国際色豊かな20人の生徒が、東京で4週間のインターンシップを体験する。6月7日、来日5日目の彼らは汐留の電通本社にいた。2015年の世界 ...

  • サッカーロシアW杯、VAR導入でレッドカードは増えるのか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2014年のFIFAワールドカップ(W杯)ブラジル大会で出されたレッドカードは、10枚だった。8枚にとどまった1986年のメキシコ大会より後の大会では、最も少ない数だ。また、ブラジル大会までに退場処分となった選手の総数は、160人に上っている。6月14日開幕したW杯ロシア大会では、前回大会より多くの ...

  • 台湾でスタートアップ育成の「アリババ」 起業家に3億ドル用意

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    6月5日から開催された台湾のテック見本市「COMPUTEX」には400以上のスタートアップ企業が参加した。そこで存在感を発揮していたのが、中国のアリババがスタートアップ育成のために設立したファンド「Alibaba Entrepreneurs Fund(阿里巴巴創業者基金)」だ。アリババが設置したパビ ...

  • 英メイ首相「ジンバブエのビリオネア」の慈善活動を表彰

    Mfonobong Nsehe , Contributor

    テリーザ・メイ英首相は先日、ジンバブエのビリオネアであるStrive Masiyiwaとその妻に、優れたボランティア組織に贈る賞「ポインツ・オブ・ライト賞(Points of Light award)」を授与した。Masiyiwa夫妻はジンバブエの子供たちに奨学金を与える財団「Higher Life ...

  • サッカーもビジネスも同じ 新興国のクラブ経営から学ぶ「プロ意識」の育て方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    先日開幕した2018 FIFAワールドカップロシア大会。開催地であるロシアの大勝から始まり、優勝候補との呼び声高いブラジルやドイツが初戦から苦戦を強いられるなど、刺激的な戦いが連日続いている。結果を左右するのは、当然ながら選手だけでなく、監督やスタッフ、フロントなどチームに関わるすべての人達によって ...

  • 使うほどに得をする? 中国AIスピーカーのユニークなアイデア

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , CONTRIBUTOR

    人工知能とブロックチェーンを組み合わせたサービス構想が次々と発表されているなか、中国では、家庭用AIスピーカーというハードウェアまで組み合わせたサービスが提供開始されている。中国・チーターモバイルは先頃、「AI BlockChainプロジェクト」を通じて開発した家庭用スピーカー「小豹AI音箱」を販売 ...

  • 英国の革新的エンジン技術、日本車にも導入か?

    ピーター ライオン , Official Columnist

    この10数年間、徐々に厳しくなる燃費規制や排気ガス規制に適合すべく、世界のカーメーカーはエンジンを小型化し、よりクリーンで効率的な駆動系の実現を目指し、ハイブリッド・ユニットやターボチャージャーを搭載するようになっていた。そして現在、たとえばトヨタの大型車ラインナップの半数は、ハイブリッドかPHEV ...

  • 米国の職業別給与ランキング2018 トップ10とワースト10

    Vicky Valet , Forbes Staff

    プロのアスリートや企業役員が得る億単位の収入は最も目を引くかもしれないが、米国で最も大きな給与を得ている職業は、依然として医師のままだ。フォーブスは、米労働統計局(BLS)の職業別雇用・推定賃金に関するデータを基に、給与が最も高い職業と低い職業を調べた。データは2017年5月時点のもので、全分野を対 ...

  • 「成功した自分をイメージしよう」は科学的根拠のない自己啓発だ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「成功した姿を思い浮かべる」という手法の自己啓発がある。しかし、富豪になった自分を想像したからといって、誰もが高所得者になるわけではない。もっと現実的な方法が古代にはあった。ポリネシア諸島やミクロネシア諸島の先住民は、多くの島を船で行き来していた。遺伝子の分析から、島民は台湾人との共通点があった。ま ...

  • ブロックチェーンが抱える5つの課題、データ消失の懸念も

    John Villasenor ,

    筆者はブロックチェーン技術の信奉者だ。中央集権型システムから分散型ネットワークへ移行し、高い信頼性を実現するというコンセプトは非常に説得力がある。ブロックチェーンは、ファイナンスやデジタル著作権管理、投票システム、サプライチェーンマネジメントなど幅広い分野に多くのメリットをもたらすだろう。その一方で ...

  • 日本カジノに1兆円検討のメルコ、マカオで豪華IRホテル開業

    Pamela Ambler , Forbes Staff

    中国・マカオを中心に統合型リゾート施設(IR)を運営する「メルコリゾーツ」が6月15日、超豪華ホテル「モーフィアス」をマカオのコタイ地区の旗艦IR「シティ・オブ・ドリームズ マカオ」で開業した。5年間に及んだモーフィアスの建設には11億ドル(約1200億円)が投じられたという。メルコリゾーツ会長でC ...

  • 採用側も第一印象が重要 求職者の多くが面接5分以内に判断

    Karen Higginbottom , Contributor

    米人材コンサルティング企業ロバート・ハーフが委託した調査によると、世界中の求職者の3分の1以上が、面接開始後5分以内かその前の段階で、仕事を受けるかどうかを決めている。4大陸11カ国にわたる9000人を対象とした同調査では、半分近くの回答者が、応募した職務を受けるかどうかを1次面接後すぐに決めていた ...

  • ボランティアが殺到 世界一のシェフが手がける「無料レストラン」

    仲山 今日子 , Official Columnist

    パリのあるレストランに予約が殺到している。といっても、客として食べに行くわけではない、ボランティアの話だ。金融コンサルタントで自らの事務所を持っているというニコラスは、「急遽空きが出たというので、仕事を切り上げて来たよ。毎日のようにウェブサイトをチェックしていたんだ」と嬉しそうに語る。人気を集めるそ ...

  • 「残業監視ドローン」のスタートアップが示した日本の現実

    Tim Romeo ,

    日本企業の残業時間の長さは世界的に有名だ。従業員が深夜までオフィスに居残り続ける光景は日常的になっている。日本のドローン関連のスタートアップ「ブルーイノベーション(Blue Innovation)」はテクノロジーの力でこの課題を解決しようとした。同社のドローンを活用した残業監視サービス「T-FREN ...

  • 1億円超えか 衝撃的なトヨタの究極ハイブリッドカー

    ピーター ライオン , Official Columnist

    数億円以上するハイパーカーの話になったとき、世界のクルマ業界で話題にのぼるのは、メルセデスAMGプロジェクト・ワンやレッドブル・レーシングのアストン・マーティンのヴァルキリーであって、日本のメーカーの車種の名前があがることはなかった。そう、これまでは。トヨタ・GRスーパー・スポーツ・コンセプトが発表 ...

  • 2018年は「巨大地震頻発」の年に、地球物理学者らが警告

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    科学者たちは2018年、世界各地で大地震が頻発する可能性が高いことを指摘している。地球の自転速度は一定の周期で変動しているが、現在は自転速度が一日あたり数ミリ秒分低下しており、来年から回復する周期にあたるという。人類が地球の自転速度の変化を体感することはできないが、地球物理学者らは地球の自転速度を極 ...

  • 「地球外生命体」が居るかもしれない53の惑星のカタログ

    Bill Retherford ,

    地球外生命体がいるかもしれない「系外惑星」は分かっているだけで53も存在する。系外惑星は恒星の周りを回る太陽系の外にある惑星で、今のところ3730が確認されている。「これらの星には、生命が存在できる潜在的可能性がある」と、プエルトリコ大学アレシボ校の惑星宇宙生物学者アベル・メンデスは述べる。メンデス ...

  • 畑とレストランが一体化、新時代の美食は「グリーンハウスの中」で

    国府田 淳 , OFFICIAL COLUMNIST

    オランダ・アムステルダム中心部から少し離れた公園の中に、突如として現れる全面ガラス張りの美しい建物。一見すると、野菜を育てるグリーンハウスのようですが、中には優雅に食事を楽しむ人たちがうかがえます。そう、ここは「グリーンハウス レストラン」。光が差し込む開放感のある空間で、美しく盛り付けられた料理の ...

  • ソフバンが280億円注ぐストレージ企業「コヒシティ」の実力

    Alex Konrad , Forbes Staff

    カリフォルニア州サンノゼに本拠を置くコヒシティは6月11日、ソフトバンクのビジョン・ファンドが主導するシリーズDラウンドで2億5000万ドル(約275億円)を調達したことを明らかにした。情報筋によると、今回のラウンドにおけるコヒシティの評価額は10億ドルを少し上回ったという。同社は、創業からわずか5 ...

  • 社会主義国キューバの変化に見る「クリエイティビティ」への希望

    MAKI NAKATA , Official Columnist

    今年4月、キューバ人民権力全国会議(国会)は、最高指導者ラウル・カストロ国家評議会議長の後継者として、ミゲル・ディアス=カネルを指名した。退任時のカストロは86歳、後継のディアスカネルは57歳だ。ラウル・カストロは、1959年のキューバ革命を主導し、国家元首としてキューバを統治してきたフィデル・カス ...

  • 変化に強い「俊敏な組織」をデザインする秘訣

    堀尾 司 , Official Columnist

    「組織は戦略に従う」とは、歴史学者アルフレッド・D・チャンドラー Jr.の言葉で、邦訳書のタイトルにもなっている。経営に用いられる多くの用語と同様、「戦略」とはもともとは軍事用語からきている言葉だ。長期的、全体的展望に立った闘争の準備のことを指し、具体的な遂行策をたてる「戦術」よりも上位概念といえる ...

  • 一日を台無しにする朝の習慣6つ

    Jennifer Cohen , CONTRIBUTOR

    朝の時間をどう過ごすかによって、あらゆる活動が影響を受ける。朝の習慣はその日のペースを作り、あなたを成功へと導く力となる。ここに挙げるのは、起床後60分以内に行われる、一日を台無しにしてしまう朝の習慣6つだ。生産性を損なうこれらの習慣を変えれば、今後の数日、数週間、数か月、そして数年もが劇的に改善さ ...

  • 面接の終わりにしてはいけないこと

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    最高の採用面接の終え方は、立ち上がって面接室を出ることだ。その場にだらだらとどまってはいけない。あなたの時間は貴重なもので、面接を始めたときと同じくらい終了時は幸せなはずだ。面接終了後には、次の大事な予定が控えている。面接が終わったのに面接官にペコペコし、部屋を出る前にもう一度、自分の素晴らしさにつ ...

  • なにはともあれ「水分摂取」 医師4000人に聞く二日酔い対策

    イシコメ , CONTRIBUTOR

    二日酔いの朝は、頭痛や吐き気など気分が悪くありませんか? 私も飲みすぎないよう意識していても、楽しくなってくるとつい飲み過ぎて、翌朝後悔することがあります。二日酔い対策には、飲み会の前に市販のドリンク剤を飲み、寝る前には水分をたくさん摂ることにしていますが、医師の皆さんはどうされているのでしょうか。 ...

  • 世界で最も稼ぐサッカー選手、メッシがC.ロナウド抜き1位に

    Christina Settimi , Forbes Staff

    最高レベルの選手2人がこれほど長期にわたってトップを独占しつつ、互いに競い合うチームスポーツは現代において、サッカー以外にはない。国際サッカー連盟(FIFA)の年間最優秀選手賞は過去10回、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドのいずれかに贈られてきた(受賞回数は5回ずつ)。欧州のリーグでシー ...

  • テック投資拡大のロレアル、「デジタルは企業のあり方を変える」

    Kitty Knowles , Forbes Staff

    一定以上の世代にとって、"バーチャルメイク"はSFの世界の話だと思われるかもしれない。しかし現在、ティーン向けのブランドから「エスティ ローダー」のような高級ブランドまで、あらゆる化粧品メーカーがスマホのカメラ機能を使って様々なメイクやヘアカラーを試せるアプリを配信している。年商280億ドル(約3. ...

  • W杯特化モデルも! 時計ブランドの新作スマートウォッチ3選

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    20世紀初頭に腕時計が登場して以来、多くの新しい技術が生まれた。1931年には全回転式ローターの自動巻きムーブメントがロレックスによって開発され、69年にはセイコーがクォーツ式ムーブメントを世に送り出した。時計はゆっくりとだが、進化し、機能を高めてきたのである。そして、2000年代の機械式時計ブーム ...

  • WRXワゴンが復帰か、スバルのヴィジヴ・ツアラーの真相

    ピーター ライオン , Official Columnist

    これはWRXワゴンの再解釈だろうか? 迫力満点のブリスターフェンダーと鋭いエッジが効いた格好いいボディは、ちょうどレヴォーグとアウトバックの中間に当たるサイズだからこそ、再解釈と言えるかもしれない。今月のジュネーブ・モーター・ショーで発表されたスバルのヴィジヴ・ツアラー・コンセプトは、昨年の東京モー ...

  • メンタルの強い人が持つ7つの習慣

    Jeff Boss , CONTRIBUTOR

    私は先日、ある公開討論会に登壇し、どのようにして起業家やスタートアップ創業者が「エリート」の思考法を身につけるかを議論した。私が指導するリーダーやチームの中には、メンタルの強さを職業と結びつけて考える人がいる。兵士やスポーツ選手など精神の強さが必要とされる人と、その他の人に二分しているのだ。しかし、 ...

  • テザー疑惑で米ドル建て主導の下げ相場に[週間ビットコイン動向]

    田代 昌之 , Official Columnist

    先週末から今週にかけてのビットコイン価格は売り優勢となっており、14日早朝には70万円ちょうどまで下落(フィスコ仮想通貨取引所(FCCE))した。2月22日につけた取引時間中の年初来最安値(FCCE)をうかがう展開となっている。先週末に韓国の取引所がハッキングの被害にあったと伝わっており、度重なるハ ...

  • 「アジアの富豪一族資産ランキング」発表、日本は二家族がトップ50入り

    Keren Blankfeld , FORBES STAFF

    フォーブス アジアは11月9日、「アジアの富豪一族資産ランキング」を発表した。2度目の発表となるランキングのトップは、昨年に続きサムスンの李一族。上位10家族の顔触れにはほぼ変わりがないものの、順位には変動がみられた。【昨年のランキング】また、日本からはサントリーを経営する佐治家が18位に、森ビルの ...

  • 現役医師621人が選ぶ「名医も行きたい病院」ランキング

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    毎年、メディアで術例数をもとにした「病院ランキング」が発表されるが、本当にそれだけを頼りに病院を選んでよいのか? 医療のプロたちが病気になったら、どのような病院を選ぶのか?「Forbes JAPAN」は今年7月、医師専用会員制サイトを運営するメドピア(東京都)の協力を得て、全国の現役医師621人にア ...

  • 今の仕事が「辞め時」だと分かる10のサイン

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    ある朝、ひどい頭痛とともに目覚めて、自分は今まで間違った仕事に長く居座り過ぎていたのだ、と気づく人に対し、私は同情する。私自身も、ひどい状況にあまりに長く居過ぎたことがある。心の中では何かがおかしいと分かっていながらも、なんとかできると考えていたり、問題を解決できるほど自分は強くないと感じて気にしな ...

  • 【落合陽一 徹底解説・前編】「サピエンス全史」続編から見える日本の勝ち筋

    落合 陽一 , Official Columnist

    マーク・ザッカーバーグやビル・ゲイツといったビジネスリーダーたちから絶賛され、世界的ベストセラーとなった「サピエンス全史」。その続編となる「Homo Deus」は、既に発売されているが、邦訳版はいまだ刊行されていない。欧米で既に議論を呼んでいる本書を、落合陽一が邦訳に先立って徹底批評。「東洋的発想」 ...

  • 【落合陽一 徹底解説・後編】「サピエンス全史」続編から見える日本の勝ち筋

    落合 陽一 , Official Columnist

    マーク・ザッカーバーグやビル・ゲイツといったビジネスリーダーたちから絶賛され、世界的ベストセラーとなった『サピエンス全史』。その続編となる『Homo Deus』は、既に発売されているが、邦訳版はいまだ刊行されていない。欧米では既に議論を呼んでいる本書を、落合陽一が邦訳に先立って徹底批評。「東洋的発想 ...

  • レクサスLF-1は世界で一番セクシーなSUV?

    ピーター ライオン , Official Columnist

    トヨタの高級ブランドとしてレクサスが誕生してから29年。その中でLF-1リミットレス・コンセプトは、このブランドが作り上げた最も美しくて力強いモデルかもしれない。しかもLF-1はクロスオーバーでありながら、同ブランドがこれから10年以上目指すであろうスタイリングの方向を定義していそうだ。レクサスLS ...

  • サムスンの折り畳み式スマホ「20万円」で来年1月発表へ

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    サムスンは2019年の年明けに「Galaxy X」と呼ばれる、世界初の折り畳み式スマートフォンを発表する──。これはスマホ業界に革命をもたらすデバイスになりそうだが、最新のリーク情報により、この端末の価格が2000ドル近くに達する可能性が浮上した。投資会社「Golden Bridge Investm ...

  • 東日本大震災 死傷者ゼロだった「あまちゃん」の町の奇跡

    村上 和巳 , Official Columnist

    まもなく東日本大震災から丸7年を迎える。警察庁発表では同震災による死者は12都道県で1万5893人におよぶが、その99.5%は震源に近い岩手、宮城、福島の3県で発生している。しかし、この3県の沿岸自治体の中でただ一つだけ死傷者・行方不明者がゼロという町がある。岩手県沿岸最北端の洋野町(ひろのちょう) ...

  • 地域通貨、シェアビレッジ 「北海道・東北」を救う人、事業

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「地域を救う人、事業」。毎年、この特集で気づかされる「人間の本能」がある。小さな可能性を見つけて、それを広げる努力ができることだ。環境は千差万別。忘れ去られた伝統や習慣から最先端のテクノロジーまで、ヒントは全国に落ちている。アドバイザリーボード10組が推薦・投票した全国の事例から、得票数が高かったも ...

  • 重力は地球の1/3、火星で長期間暮らすと何が起こる?

    Quora , CONTRIBUTOR

    火星での生活は、健康に悪影響を与えるだろうか──。質問サイトQuoraに寄せられた疑問に宇宙開発の熱心な支持者、ニコラス・ネルソン(Nicholas Nelson)が回答した。火星で暮らす場合、人類は地球と比べれば膨大な困難を抱えることになる。気圧は地球の通常気圧の1%しかなく、放射線被ばくや土壌の ...

  • 「野心」についての15の格言|格言録 vol.4

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    成功に「野心」は欠かせない。しかし、足を引っ張るものにもなり得るだろう。未来への欲求、渇望、意思と人間はどう向き合ってきたのか。古今の洞察者たちの名言を見てみよう。At age 6 I wanted to be a cook. At 7 I wanted to be Napoleon. And my ...

  • 米10代若者の間で増加する「セクスティング」とは何か

    Tara Haelle , CONTRIBUTOR

    米国では10代の若者の15%が、性的なメッセージや画像を含んだテキストを指す「セクスト」を送信したことがあるという。また、受信したことがある人は27%に上る。10代後半に近づくにつれて、そうしたテキストをやり取りする割合は高くなるというが、それは驚くことではないだろう。セクストをやり取りする「セクス ...

  • これをせずに辞めてはだめ! 退職前にするべき10のこと

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のパトリシアから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。私は今、期待と不安が入り混じっています。つい最近、初めての極秘転職活動を終えたところです。ある仕事のオファーをいただき、受けようと思っています。退職届を提出する前に済ませておくべきことをリストアップしてもらえないでしょうか? ま ...