Official Columnist

小林 りん

日本と世界の「教育のこれから」

1998年東京大学経済学部卒業。モルガン・スタンレー、ベンチャー企業経営、2003年からは国際協力銀行に勤務。2005年スタンフォード大教育学部修士課程修了。2006年から国連児童基金(UNICEF)のプログラムオフィサーとしてフィリピンに駐在、ストリートチルドレンの非公式教育に携わる。2008年に帰国し、インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)代表理事に就任。同校は2016年、ユナイテッド・ワールド・カレッジ(UWC)国際理事会より最終承認を請け、2017年8月より、世界で17校目、日本で初めてとなるUWC加盟校、ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパンとなった。(写真=トヨサキジュン)

  • 日本の高等教育は「無償化」に値するか

    日本の教育改革の一環として、「高等教育を無償化」が議論される背景にはどのような根拠があるのか? 前回の記事では高等教育のファイナンスに詳しいスタンフォード大学マーティン・カーノイ教授とともに、大学の授業料設定のあり方について考えたが、今回は国内大学への世界的評価も踏まえ、筆者の考えを論じたい。そもそ ...

  • 高等教育無償化は、低所得者層のためと言うけれど

    日本における教育改革の必要性が叫ばれるようになって久しいが、2020年の大学入試改革が目前に迫り、昨今ではこども保険や教育無償化が政策としても現実味を帯びている。しかしここで一度、我が国の教育政策を改めて考えてみる必要があるのではないだろうか。この連載では、半年間のサバティカルをとり渡米した筆者が、 ...