FORBES STAFF

Parmy Olson

モバイル業界のアジテーターとイノベーターに関する記事をカバー

世界のモバイルテクノロジーを混乱させている人々を追いかける。非協調者や改革者、アジテーターはこの業界のヒーローであり、企業家から科学者、そして敵対的なハッカーまで様々なプレーヤーが存在する。著書には、New York Times が「まるでハッカーグループのために書かれた“The Social Network” のような 臨場感溢れる驚くべき本」と評した“We Are Anonymous: Inside the Hacker World of LulzSec, Anonymous and the Global Cyber Insurgency", (Little Brown, 2012)がある。最近Forbes のサンフランシスコ支社へ異動するまでは、2008年から2012年までロンドン支社の編集長としてつとめ、ビリオネアとして有名なPhilp Green や保守的な立場で知られるMohammed Al Fayed もインタビューした。昨年はロシアのYuri Milner に関するビリオネアのカバーストーリーを執筆し、また2011年にはFacebookとSpotify の提携に関するスクープ記事を書いた。それ以前には、BBCでラジオジャーナリストとして働いた。”The Daily Show”で私を見ることができる。もし記事のアイデアやヒントがあれば、polson@forbes.comまでEmail を、またはTwitter でparmy をフォロー

  • 音声アシスタントの覇権狙うアマゾン、企業向けでも独走体制

    アマゾンと他のテック大手との対立が深まっている。グーグルは、アマゾンの「エコー・ショー(Echo Show)」からユーチューブにアクセスできなくし、2018年1月1日からは「ファイアTV(Fire TV)」でユーチューブの視聴をできなくすると発表した。アマゾンが「クロームキャスト(Chromecas ...

  • 「次世代AIチップ」で動画ビジネスを変える、英Graphcoreの挑戦

    ユーチューブやフェイスブックの動画に掲載される、ターゲット広告の精度はまだ十分とは言えない。動画の内容やコンテキストを理解し、適切な広告を表示するためには膨大なプロセッシングパワーが要求され、現状のAIテクノロジーはここに追いつけていないのが現状だ。テック企業の大手らが今、関心を注いでいるのがAIに ...

  • 英国の若者50万人が使う節約アプリ「Monzo」が支持される理由

    この数十年間の急激な物価上昇に、賃金の上げ幅が追いついていない。ミレニアル世代にとっては、お金を稼ぐのも貯めるのも困難な時代だ。こうした中、イギリスでは25-35歳の若者世代を中心に「Monzo」というアプリが絶大な支持を集めている。このアプリは支出をトラッキングしてくれるだけでなく、節約の支援まで ...

  • アマゾン、社員数は54万人を突破 アイスランドの人口以上に

    10月26日、アマゾンは好調な第3四半期決算を発表。売上高は前年同期比34%増の437億4400万ドル(約5兆円)で過去最高を更新。純利益も2億5600万ドル(約291億円)とアナリスト予測を上回った。しかし、ここで注目したいのは同社が膨大なコスト増に直面している事実だ。アマゾンの従業員数は過去2年 ...

  • 英フード宅配「Deliveroo」が430億円調達 企業価値は2千億円を突破

    レストランから出来立ての料理を30分以内に配達するスタートアップ「Deliveroo」が新たに3億8500万ドル(約430億円)の資金調達を行った。「今回の資金調達により我が社の事業を次のレベルに引き上げる」と投資銀行出身の創業者のウィリアム・シューは述べた。Deliverooの調達資金総額はこれで ...

  • 英ウーバー禁止で見えた「オンデマンド」企業が抱える爆弾

    9月22日、英ロンドン交通局は30日で期限切れを迎えるウーバーの営業免許を更新しないと発表した。ロンドンのウーバーのドライバーは4万名、顧客数は350万名とされている。これに対しウーバーは「即座に法廷に訴える」と宣言し、営業を続行する意思を示した。当局はウーバーの乗客の安全上の懸念や、ウーバーが規制 ...

  • 激安Eコマースの米Wish、企業価値「約1兆円」で280億円を調達

    ショッピングアプリの「Wish」が新たに2億5000万ドル(約280億円)の資金調達を行う。関係筋がフォーブスに伝えた情報によると、Wishの企業価値は85億ドル(約9560億円)と評価されたという。Wishは中国で製造された割安な商品が、ダイレクトに顧客の元に届くEコマースサービス。元グーグルのP ...

  • トイザらスを破滅させた「アマゾンとの10年契約」

    かつて玩具業界の巨人と言われたトイザらスが9月18日、米連邦破産法11条の適用を申請して破綻した。負債総額は約52億ドル(約5800億円)と報道されている。アマゾンでの玩具の売上が、2016年に四半期あたり40億ドルまでに膨らんだ一方で、トイザらスは2013年以降、利益を生み出せていなかった。ただし ...

  • 楽天も出資の「中東のウーバー」Careem創業者が描くアラブの未来

    中東のウーバーとして知られる配車サービスがドバイを本拠とする「Careem」だ。同社はこの地域で唯一のユニコーン企業であり、アラブ地域ではウーバーの一歩先を行くポジションをとっている。Careemの共同創業者のMudassir Sheikhaは39歳のパキスタン人。米国のスタンフォード大学で学んだ後 ...

  • 世界のスマホ、上位10社の半分は「中国製」の衝撃データ

    現在、世界では30億人がスマートフォンやタブレットを使用している。その3分の1以上がアップル製品であることは、さほどの驚きではないだろう。しかし、ここで注目すべきは、中国の企業らが恐るべき勢いで力をつけていることだ。調査企業Newzooのデータによると、アクティブユーザー数で中国のスマホメーカーは合 ...

  • 英、テロ捜査でフェイスブックと協議 通信内容の開示要求

    先週、ロンドンで発生したテロ事件の捜査で、イギリス政府はフェイスブックに対し、容疑者が使用したメッセージアプリ「WhatsApp(ワッツアップ)」の通信内容へのアクセスを求めている。4人を殺害したカリド・マスード容疑者は犯行の約2分前にWhatsAppを起動していたと、デイリーメール紙が報道していた ...

  • Galaxy S8に搭載の「サムスン版Siri」 Bixbyは人気を獲得できるのか?

    サムスンは、3月29日に新型スマートフォン「Galaxy S8 」をリリースする。S8の最大の目玉であり、Galaxy Note 7の大失敗を挽回する切り札となるのが、音声アシスタントの「Bixby」だ。Bixby は、S8の側面に設置された専用ボタンを押して起動する。Bixbyを開発したのは、サム ...

  • 伸び悩むアップルの「iMessageアプリ」 新規リリース本数が急減速

    昨年9月にアップルが「iMessage App Store」をオープンして以来、友達にステッカーを送信したり、友達とゲームを遊ぶといった、iMessage上で楽しめる機能が飛躍的に増えた。しかし、最近になってiMessage App Storeで新規公開されるアプリの数が伸び悩んでいる。アプリ分析会 ...

  • VRが直面する「成長の壁」 業界最大のイベントで見えてきた事実

    ここ数年、VRがテクノロジーの新時代を切り開くと喧伝され、オキュラスやHTCの動きが注目を集めてきた。しかし、バルセロナで開催された今年のモバイル・ワールド・コングレス(MWC)の状況を見ると、VRへの注目度は昨年から低下した。「今年のMWCの会場で展示されたVR製品の数は、去年と比べると大幅に減少 ...

  • 韓国サムスン、経営トップ逮捕でも「株価は上昇」の理由

    昨年はGalaxy Note 7の発火問題に続き、空前の大規模リコールを行った韓国サムスンをまた新たな試練が襲った。2月17日、韓国の特別検察官は事実上の同社のトップ、副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)を贈賄などの容疑で逮捕した。韓国では朴槿恵(パク・クネ)大統領をめぐるスキャンダルが取り沙汰され、国民 ...

  • 1千億円を使い果たしたウェアラブル「Jawbone」 医療向けシフトか 

    ウェアラブル端末メーカーのJawboneにとって、この2年間は試練の連続だった。同社はかつて、スピーカーやbluetoothヘッドセットを製造していたが、デザイナーにイヴ・ベアールを採用したフィットネストラッカーを開発してウェアラブル市場に参入した。そして今、同社は再び事業転換の必要に迫られている。 ...

  • 世界初の旅客ドローン「EHang」は本当に人を乗せて飛べるのか

    ドバイの首長は、2030年までに市内の輸送手段の4分の1を自動運転にするという目標を掲げている。この任務の遂行に当たっているのが、道路交通庁の責任者であるMattar Al Tayerだ。彼は「今年の夏にはドローンタクシーがドバイの空を飛び回っていることを期待する」と述べている。ドローンタクシーを開 ...

  • Fitbitが独自アプリストア開設 「企業向けヘルスケア事業」強化

    先日、スマートウォッチのペブル(Pebble)を買収したFitbitの今後の戦略が見えてきた。Fitbitはペブルのソフトフェア技術を利用し、アプリのエコシステムを構築しようとしている。Fitbit社CEOのジェームズ・パークはCESでの記者会見で、間もなく独自のアプリストアを開設する意向を表明した ...

  • サムスン S7に「安全宣言」出すも、発火問題は収まらず

    サムスンにとってスマホの発火問題が今後も続くことは、絶対に避けたいところだ。Galaxy Note 7の発火問題を経て、同社はより小型のS7シリーズには同様の問題が起きていないことをアピールしようとしている。「弊社はGalaxy S7ファミリーの品質と安全性を保証します」との声明をサムスンは11月1 ...

  • 中国、トランプに対決姿勢 「iPhoneが売れなくしてやる」と宣言

    ドナルド・トランプは選挙運動中に様々な主張を米国民にアピールしたが、11月13日にオンエアされた米CBSの番組「60 Minutes」では、その詳細についてあまり多くを語らなかった。「中国は通貨操作を行なっており、対抗措置として中国製品に45%の関税を課す」という彼の公約が、果たして実行に移されるか ...