CONTRIBUTOR

Mark Murphy

I solve the “people pain points” that keep leaders awake at night.

I am the founder of Leadership IQ, keynote speaker, leadership researcher, and developer of the online “Science of Leadership Academy.” I am the author of five books, including the New York Times bestseller "Hundred Percenters: Challenge Your People to Give It Their All and They’ll Give You Even More." My prior book, "Hiring for Attitude," was chosen as a top business book by CNBC. Some of my most well-known research studies include “Are SMART Goals Dumb?,” “Why CEO's Get Fired,” “Why New Hires Fail,” “High Performers Can Be Less Engaged,” and “Don’t Expect Layoff Survivors to Be Grateful.” I’ve lectured at The United Nations, Harvard Business School, Microsoft, Merck, MasterCard, Charles Schwab, Aflac and hundreds more.

  • 社内で広まる悪いうわさ 拡散防止への6ステップ

    うわさが存在する理由はさまざまだ。気晴らしのため、特定の意見を裏づけるため、関心を引くため、状況を操作するため、あるいは自分の心理状態と目に見える実状との折り合いをつけるための場合もある。しかしほとんどの場合、うわさの原因となるのはあいまいさだ。人はただ、情報のギャップを埋めようとしているだけなのだ ...

  • 優秀社員になりたい人へ 鍵はスキルではなく文化になじむこと

    スキルは素晴らしい財産だが、職場で優秀な存在になるためには企業文化に合致する正しい勤務態度を持つ必要がある。そうすれば、スキルだけでは決して達成できなかったような方法で優秀社員の地位を獲得できる。私が創業したコンサルティング企業リーダーシップIQ(Leadership IQ)の調査では、採用が失敗し ...

  • 仕事に退屈した話を採用面接で尋ねるべき理由

    四六時中楽しい仕事など存在しない。退屈な会議や単調な業務、魂を吸い取られてしまうような仕事など、どこかの時点で誰もが仕事で退屈な気分になる。しかし、優秀な人とそうでない人を分ける重要な違いは退屈さへの対処方法だ。素晴らしいリーダーは、退屈さを克服するのは上司ではなく、従業員の役割であることを知ってい ...

  • 米史上最長の政府閉鎖 長期的な公務員離れ生む恐れ

    米国では今、史上最長の期間にわたり続く政府機関の一部閉鎖により、300万人近くの政府職員や請負業者の生活に深刻な影響が出ている。これは、政府機関による優秀な職員の採用にも甚大な長期的影響を及ぼす可能性が高い。過去の例を見ると、採用難は数年続く可能性がある。皆さんの中には1990年代後半の「ドットコム ...

  • 褒め言葉と批判を同時に伝えてはいけない理由

    同じ会話の中に褒め言葉と批判を混ぜ込むことは、誰かにクッキーを与えて、最初の一口をかじっている間にすねを蹴るのと同じだ。クッキーを食べることで感じるはずだった喜びを相手から奪ってしまう上に、心にネガティブな関連付けを植え付けてしまう。イワン・パブロフ博士の条件反射実験で、犬がベルの音で食べ物を連想し ...

  • 「ポジティブな破壊者」と単なる破壊者の違い

    ジェフ・ベゾスやスティーブ・ジョブズ、イーロン・マスク、サラ・ブレイクリーといった著名なCEOは通常、破壊者としての評判を得ている。しかし、スマートフォンや電気自動車、体形補正下着を発明したこれらの人々は、自分が破壊的過ぎると思われないかを心配する必要はない。発明品が非常に優れているため、おとがめを ...

  • 部下を褒められない上司 問題は人間が持つ心理的クセに

    素晴らしい仕事をした部下を褒めることは、どれだけ重要だろうか? 私が最近調査を実施したある企業では、上司が自分の成果を認めて褒めてくれると感じられるかどうかが、従業員が仕事に励む上での最大の動機となっていた。端的に言えば、部下は自分が良い仕事をした時に上司が褒めてくれると感じられると、最大限の努力を ...

  • 文字より声が効果的 遠隔勤務を円滑にする「無料ツール」

    遠隔勤務の従業員の管理には、困難なこともある。良いリーダーになるには、部下にチャレンジを与えつつ、感情的なつながりを築く必要があるからだ。しかし、遠隔勤務者のチームを抱えている場合、つながりを築くことはとても難しいことがある。物理的な距離はもちろんのこと、心理的・社会的な距離の克服は大きな課題だ。感 ...

  • 部下との信頼関係 最短で築くための方法は

    筆者が創業したコンサルティング企業「リーダーシップIQ(Leadership IQ)」では、『職場での信頼関係を築く方法』と題した調査で、7000人以上に対し、自分のリーダーを信頼する/しない理由を聞いた。まず判明したのが、従業員忠誠度の約32%が、上司に対する信頼感に由来すること。つまり、従業員の ...

  • 「拒絶」に対する4通りの反応 仕事の幸福度を上げるのはどれ?

    次のような状況を思い浮かべてほしい。あなたの企業は、空席のポジションを埋めるために候補者の評価を進めてきた。あなたはこの昇進の機会を是非ともつかみたいと思っていたが、今日上司から、あなたではなく同僚のパットが昇進することを知らされた。あなたの反応は次のどれに近いだろうか?1. 上司は私と良好な関係を ...

  • 悩める人にポジティブ思考を提案してはいけない訳

    友人や同僚との会話の中で、相手が自分の抱える問題やストレスについて話すことがあるだろう。例えば、上司に叱られた、昇進機会を逃した、前触れなしに新たな部署に異動になった、といった話だ。そんな時、相手が困難に立ち向かえるよう、良かれと思ってこう言った経験があるのではないだろうか。「悪いことに思えるけど、 ...

  • ナイキ女性社員の反乱が示す、従業員調査の力とリスク

    ナイキで働く女性たちがこれまで有害な文化に直面してきたことが、米紙ニューヨーク・タイムズの先日の報道により明らかになった。現・元社員50人以上への取材に基づいた同紙の記事によれば、女性従業員たちは次のような悪夢にさらされてきた。自分はコンドームをリュックに入れて持ち歩いているのだとひけらかす上司。女 ...

  • 神経科学が示す、目標を書き出すことの重要性

    「ある目標を達成したい時は、それを書き留めておくべき」ということは聞いたことがあると思う。やや陳腐にも聞こえるが、実際に効果があることだ。私が実施した、男女差と目標設定に関するアンケート調査では、目標を書き留めるという面では男性の方が女性よりも若干優秀だったものの、男女ともに大きな改善の余地があると ...

  • 「起きたらメール対応」はNG 生産性を倍増させる朝の習慣

    毎朝目が覚めて、最初にしていることは何だろう。電子メールやボイスメールの確認だろうか。それとも、生産的な1日を送るために達成すべきことを明確化するべく、少し時間を取って計画を立てているだろうか。起床してすぐ携帯電話を手に取り、メールの確認をしている人は多い。しかし、この反射的な行動により、非常に非効 ...

  • 上司の誤り、伝える時の「禁句」とは

    自分の間違いを正されることを好む人はいない。自分が上司の立場であれば、なおさらだ。上司は一般的に、自分に対する批判は自分の上から来るもので、下からは来ないと考えている。実際に多くの上司は、部下からいさめられた時はおろか、問題を報告された時であっても、建設的な対応さえできない。私は最近、2万7048人 ...

  • プレゼン発表者の67%が犯す大きな過ち

    ひどいプレゼンテーションを最後まで聞かなければならなかったつらい経験は、誰にでもあるはずだ。発表者が単に下手くそだった、発表が非常に味気なかった、などの理由もあるかもしれないが、最もありがちな原因は、聴衆が聞きたかった情報を伝えていないことだ。実は多くのプレゼン発表者が、聴衆が聞きたがっている質問に ...

  • 「強烈な個性」4タイプ 会議でうまく活用する方法

    誰しもがその人特有の癖を持っており、大半の人は長所と短所を所属するチームに持ち込む。しかし中でも強烈な個性には4つのタイプがあり、特に会議の場面で良くも悪くもチームの力関係に影響を与えている。その4タイプとは、「挑戦者」「分析者」「実行者」「協力者」だ。「挑戦者」壮大なアイデアを持ち、既成概念に反す ...

  • 勝負のプレゼン 始める前に聞くべき一つの質問とは

    ビジネスに関するプレゼンテーションの際、すぐにスライドの説明に入ろうとする人は多い。スライド資料の準備は完璧で、説明内容も頭に入っている。スライドを1ページずつ説明する際、誰にも邪魔はさせないと言わんばかりだ。これ自体は悪いことではない。もしあなたが特定の題材について具体的なプレゼンを依頼され、聴衆 ...

  • 謝罪の強要は無意味 人を変える対話法とは

    誰かと口論になった時、相手に謝罪させれば成功だというのは、大きな誤解だ。自分の使命は間違いを犯した相手に苦悩や罪悪感、責任を感じさせることにあるとか、「すみません」と謝らせることが相手のためになると、あなたは信じているかもしれない。だが「すみません」を言わせたからといって、相手の行動が変化する保証は ...

  • 圧迫面接をしてはいけない2つの理由

    面接で候補者に冷や汗をかかせれば本性が分かる、という根拠のない考え方は、昔から存在してきた。候補者同士を激しく競わせるグループ面接を受けた、面接室に30分放置された、複数の面接官から矢継ぎ早に質問された──こうした話を人から聞いたり、自身が経験したりしたことは、誰にでもあるだろう。私は過去に、営業志 ...