CONTRIBUTOR

Ben Sin

I write about consumer tech such as smartphones and gaming in Asia

I'm a journalist with a passion for tech, film, and basketball. My writing has appeared in the New York Times, Sports Illustrated, New York Magazine, South China Morning Post, and Wall Street Journal.

  • 中国スマホメーカーOPPOが実現した「ノッチ」の便利機能

    iPhone Xで登場した「ノッチ」(画面の切り欠き)が、最近では様々なアンドロイド端末で採用されるようになった。ノッチについて多くの人々は当初、否定的だったが今では広く受け入れられている。ノッチがあることで本来ベゼルだった部分に、ステータスバーなどを表示することができ、画面を有効利用できるメリット ...

  • ファーウェイ幹部が語る「野心的なスマホとノッチの関係」

    ファーウェイのスマホ「P20」シリーズは、同社にとって大きなブレークスルーとなった製品だ。欧米メディアはこれまでもファーウェイ製品を高く評価してきたが、そこには「中国製にしては優れている」というニュアンスが含まれていた。しかし、「P20 Pro」に対しては偏見抜きで最大級の賛辞を送っている。例えば、 ...

  • 売上10兆円も間近、中国ファーウェイが「増収増益」の理由

    中国のファーウェイは、新フラッグシップ端末の「P20」シリーズの発表イベントをパリの「グラン・パレ」で開催し、名実ともにプレミアムブランドになったことを世界に印象づけた。会場には2000名を超えるメディア関係者が集まり、期間中はヨーロッパ全土にファーウェイのビルボードが出現した。最上位モデルの「P2 ...

  • 自動運転にも使える「ファーウェイMate 10 Pro」驚異の実力

    テック系のジャーナリストにとって、企業が流行りのバズワードを乱発することを耳障りに感じることは多い。最近ではAI(人工知能)がその顕著な例といえるだろう。台湾の「ASUS」は、新型スマホをリリースしてAIを全面的にアピールしたが、記者から突っ込まれて、「我々は広義の意味でAIという言葉を用いている」 ...

  • ファーウェイ幹部が激白、米国進出は「競合に妨害された」

    バスケットボールの神と呼ばれたマイケル・ジョーダンはかつて、ナイキ以外のシューズを履いているNBA関係者を見つけると、必ずそれを指摘したという伝説が残っている。中国ファーウェイのコンシューマー・ビジネス・グループCEOのリチャード・ユーも、それと同じことをスマホ業界で行っているようだ。筆者は2月25 ...

  • ファーウェイの新端末、iPhone Xに激似の「ノッチ」搭載で発売か

    中国のスマホケースのメーカーから、ファーウェイの新端末「P20」の外観が分かる画像がリークされた。そこには以前から噂されていた通りの、背面のトリプルカメラや前面のノッチ(画面の切り欠け)が映っていた。この画像はまずリーク情報サイトの「Slash Leaks」が掲載した。P20の最上位機種とされるデバ ...

  • 150ドルで顔認証に対応、中国の無名スマホの驚異のクオリティ

    スマホ業界では“プレミアムモデル”と呼ばれる一部のメーカーの高額な製品が市場の大半を占める一方で、それ以外のメーカーは苦戦を強いられている。つまり、LGやソニー、HTCといった企業はアップルやサムスンとの戦いに苦しんでいる。背景には世間の人々がiPhoneとGalaxyの2大 ...

  • ファーウェイの「トリプルカメラ」端末、P20に向けて高まる期待

    筆者は1月9日にこのニュースを報じたが、23日に韓国のニュースサイト「ET News」がほぼ同じ内容の情報を伝えると、大きな注目を集めた。ファーウェイの次期モデルの名称は、「P20」か「P11」になると噂されている(筆者の得た情報では「P20」の可能性が高いが、様々な情報が錯そうしている)。報道によ ...

  • 米国進出頓挫のファーウェイCEOの「不屈の闘志」と5Gへの期待

    スマートフォンの出荷台数で世界第3位の中国ファーウェイは、今年から米国のキャリア「AT&T」と提携し、フラッグシップモデル「Mate 10 Pro」の販売を開始する予定だった。交渉は順調に進んでいると伝えられていたが、直前でこの契約がAT&Tから白紙撤回された。その報道が伝えられたの ...

  • ドコモとコラボで話題の中国メーカー「ZTE」の知られざる素顔

    日本のモバイル端末市場はかなり独特だ。80年代から90年代にかけてエレクトロニクス分野をリードした日本はその後、内向きな姿勢を強めた結果、世界のスマホ市場でほとんど姿を見かけなくなった。さらに日本のモバイルユーザーらは現在、2極化を進めている。高年齢層の消費者は今や時代遅れとなった国産のフィーチャー ...

  • 知られざる深センのトップ企業「Bestek」 アマゾンで高評価連発

    中国深センに本拠を置くエレクトロニクス企業「Bestek」が手掛けるのは、コンバーターや電源タップ、車載用インバーターなど地味な製品ばかりだ。しかし、外出先で仕事をする事が多い人にとって信頼のおける充電器や電源アダプターは欠かせない。同業の「Anker」の携帯用バッテリーはアマゾンでベストセラーとな ...

  • 中国の自転車オタクが作った「自転車専用コンピュータ」の実力

    中国で昔から庶民の足だった自転車が、IoTと融合し復興を遂げている。主要都市では「Mobike」や「ofo」といった自転車シェアリングサービスの台頭で、人々は自転車を所有する必要がなくなった。しかし、現代の中国にも自分の自転車でサイクリングを楽しみたいと考える人々は多くいる。その一人だったジャン・ミ ...

  • デスクトップPCとして使えるスマホ「Mate 10」の超便利機能

    ファーウェイは10月16日、ドイツで新型スマートフォン「Mate 10」と「Mate 10 Pro」を発表した。この2モデルはファーウェイが独自に開発したプロセッサ“Kirin 970”を搭載し、先進的な人工知能(AI)機能を実現。写真を撮る際には、AIが被写体や撮影シーンを ...

  • 150ドル以下で「Galaxy S8に激似のスマホ」を売る中国メーカー

    サムスンが今年発表した2つの端末、「Galaxy S8」と「Galaxy Note 8」が2017年のスマホ業界を代表するハイエンド端末であることに異論はないだろう。欠点があるとすれば価格の高さぐらいだ。中国の低価格メーカーは相次いでGalaxy S8のクローン端末を市場に投入している。筆者は先日、 ...

  • iPhone X、売上の10%は「サムスンの収入」 2年間で1.6兆円増収へ

    アップルのiPhone Xの発売が迫るなか、このデバイスの性能がいかにサムスンの最新モデルGalaxy Note 8を上回っているかに注目が注がれている。930ドルで販売されるGalaxy Note 8は、価格面で見てもiPhone Xの競合製品と言える。アップルとサムスンはスマホ業界の2大巨頭とし ...

  • シャオミが進める「脱中国」化 新端末は米国でも利用可能に

    中国のシャオミはアジア市場において、各地のニーズに合った異なる端末を展開している。同社の「Mi Mix」は中国のみでの販売を念頭に置き、中国専用にカスタマイズされたアンドロイド「MIUI」で動作する。中国ではグーグルのサービスの使用が禁止されているため、シャオミのMIUIではグーグルのアプリが動作し ...

  • ファーウェイ、世界初の「AI内蔵チップ」発表 新スマホに搭載

    ファーウェイは9月2日、ベルリンで開催の国際見本市IFAで、AI機能を統合した新型プロセッサ「Kirin 970」を発表した。同社のコンシューマー・ビジネス・グループCEOのリチャード・ユーは「Kirin 970は世界初のニューラルプロセッサユニット(NPU)内蔵型のチップで、世界最速のモバイルモデ ...

  • 香港のデザイナーが製作「ラジオ風USBスピーカー」が話題に

    香港を拠点とするプロダクトデザイナーのTim Chuは、これまでTCLやスカイワース等の中国メーカー向けの製品デザインを行ってきた。クライアントの多くはガジェットに未来的なデザインを求めるが、彼自身は古き良き時代を思わせるビンテージ風のデザインに思い入れがあった。そんなChuは自分のこだわりを形にす ...

  • 中国の格安スマホ台頭で「中価格帯メーカーが全滅」の未来

    ハリウッドで中規模予算の映画が死に絶えたというのは、周知の事実だ。映画会社が求めているのは、巨額予算をつぎ込んだ超大作か、低予算のコメディ映画のいずれかだと関係者らは口を揃える。中途半端な金額を投じて収支がトントンのドラマを製作するよりも、大金を投じて大ヒットを狙うか、低く抑えてニッチ映画を製作する ...

  • 中国ファーウェイが米国に本格進出 AT&Tと契約締結との報道

    中国のファーウェイは米国のガジェットマニアの間では既に高い評価を獲得し、サムスンやアップルに対抗し得るメーカーと見なされている。しかし、ファーウェイはまだ、米国で一般的な知名度を獲得しているとは言い難い。そんな状況に変化が訪れようとしている。ニュースメディア「The Information」は8月4 ...