CONTRIBUTOR

Laura Heller

I write about mass-market retail.

I'm a retail geek, having reported on consumer electronics and mass-market retail trends since 1995, for trade and consumer magazines and Web sites. I'm the Executive Editor at FierceRetail (get our newsletter) and teach journalism at Columbia College Chicago. Follow me on Twitter: @lfheller

  • ボットを悪用する「転売屋」を追放しろ、米議員が抗議声明

    オンラインの売れ筋商品を買い占めて、法外な値段で転売する悪徳業者たちがクリスマスを台無しにしている。業者たちはボットを用いて商品を自動購入し、わずか14ドル程度のオモチャを1000ドルもの価格で転売するケースも報告されている。この状況を見かねた米上院議員のチャック・シューマーらは、小売業組合(Nat ...

  • 米消費者の約半数、「ファッションもアマゾンで」

    インターネット通販大手の米アマゾンで洋服を買うことについて、多くの人たちはどのように考えているのだろうか。明けても暮れてもスマートフォンの画面を見つめ、買い物ばかりしているように見える22歳になる筆者の娘は、「絶対に買わない」という。それは、「信用していないから」だそうだ。商品が「本物かどうか」「品 ...

  • 「ロボットが小売業の仕事を奪う」は本当か?

    ロボットはいずれ、小売店の従業員たちに取って代わる存在になるのだろうか?実店舗の状況や調査結果からは、実際のところは分からないだろう──人間が仕事を失う可能性はそう高くはないと考えられる。金融サービス会社の米コーナーストーン・キャピタル・グループが5月18日に発表した報告書によると、600万を超える ...

  • アマゾン新サービス「アマゾンキャッシュ」、ウォルマート顧客を奪えるか

    小売業界のトップの座を巡るアマゾンとウォルマートの戦いは、ますます激しさを増している。アマゾンは新たに開始した「アマゾンキャッシュ」サービスで、ウォルマートの中心顧客層の取り込みを強化する計画だ。アマゾンの新サービスは、銀行口座やクレジットカードを持たない人にインターネット通販の利用を可能にするもの ...

  • 商品・店舗・サービスに変化 米スーパー業界の4大トレンド

    食料雑貨店の業界で、その根本が揺らぐような変化が起きている。それにより、顧客の買い物体験はより良いものになると見られている。しかしそれは、小売各社にとってはあまり魅力的な変化とは言えず、中にはこの変化を乗り切ることができない企業もあるだろう。その一連の変化とは、以下のとおりだ。顧客がより健康志向によ ...

  • ウォルマートのデジタルが好調、アマゾンからの「称号奪還」に前進

    米小売大手のウォルマートが、オンライン売上の伸び率でアマゾンを上回った。ウォルマートによれば、2016年第4四半期(10~12月期)の売上高の伸び率は前期比29%。対するアマゾンは22%だった。このニュースは驚きだ。というのも、このところのニュースでは、著名投資家のウォーレン・バフェットが手持ちのウ ...

  • 進むアマゾンの「独占企業化」、米経済への脅威となるか

    小売業界にとどまらず、米国の経済にインターネット通販大手アマゾン・ドット・コムが及ぼす影響力が大きくなり続けている。玄関先まで荷物を届けてくれることや魅力的なインターフェース、シームレスなサービスはアマゾンを常に、高評価企業のランキングの上位に位置付けてきた。一方でアマゾンはひそかに、私たちの日々の ...

  • アマゾン vs. ウォルマート、激化する戦いの主戦場はマーケットプレイスに

    アマゾンとウォルマートの激しい戦いが続いている。そして、その主戦場はインターネット上へと移行しつつある。アマゾンとウォルマートはいずれも、複数の企業やブランドが同じ一つの場所でそれぞれの商品を販売できる「マーケットプレイス」を提供。その規模を拡大している。マーケットプレイスでは、プラットフォームやテ ...

  • 米小売各社が「スタートアップ」化? 大手の態度に変化

    「スタートアップのように考えろ」──ここ数年、米小売大手に向けられてきたメッセージだ。成熟企業、あるいはレガシー企業であるこれら各社は、時流に乗り遅れないための努力を続けてきた。小売業に関連のある会議ではほぼ必ず、考え方を変え、自由な発想を取り入れ、若い従業員たちに力を与えること、そして一部のルール ...

  • 米小売ターゲット、19億円超で全店に「第三のトイレ」設置へ

    米小売大手ターゲットはこのほど、2,000万ドル(約19億9,700万円)をかけて一部店舗内のトイレを改修し、性別にかかわらず使用可能な個室型のトイレを設置する方針を明らかにした。同社は今年4月、来店者が自分自身の性別認識に一致したトイレや試着室を使用することを容認する考えを表明。これに反発する全米 ...

  • ポケモンGO、小売各社が失敗してきたモバイル集客を軽々と達成

    小売各社はこれまで、店舗での体験を向上させるモバイルテクノロジーの活用に苦慮してきたが、その取り組みはどれもパッとしないものばかりだった。しかし「ポケモンGO」の開発を手掛けたナイアンティックが、これを見事にやってのけた。大人気を博しているモバイルゲーム「ポケモンGO」は、プレーヤーを“ ...

  • トランスジェンダーのトイレ問題で不買運動の米小売大手、方針貫く理由とは

    トランスジェンダーの人たちの公衆トイレ使用にかかわる政治的な問題、これらの人たちの権利、社会的道徳観──これらに関連する米小売大手ターゲットの最近の対応は、ケーススタディーの対象として興味深い。顧客重視の公開会社が、表面的にはなかなか見えてこない根本的な問題について、あえて自らの立場を表明した事例だ ...

  • 米小売ターゲット、トランスジェンダーのトイレ問題で不買運動の「標的」に

    米小売大手ターゲットは先ごろ、トランスジェンダー(心と身体の性が一致しない人たち)の公衆トイレの使用に関する問題について、自社の見解を表明した。これを受け、反発した市民らが不買運動を開始するなど、米国内ではこの問題に関する議論が一層の高まりをみせ始めている。全米規模で事業展開する小売チェーン大手とし ...

  • GAPに学べ? 小売業で成功するための10か条

    現在の小売業は、かつてのそれとはまったく異なる。もちろん、製品を消費者に売るということ自体は同じだが、商売の仕方は大きく様変わりし、いまや昔とは基本的に別の業種、別の職業とも言えるほどだ。店をオープンするということも、わずか10年前とはまったく違う。以下に挙げるのは、経営者たちが肝に銘じておくべき小 ...

  • 米小売業界にみられるホットなトレンド?──相次ぐ店舗閉鎖

    米国で今春、店舗の閉鎖に踏み切る小売業者が増加している。その一連の社名にこのほど、ステープルズが加わった。赤字を計上している50店舗を閉鎖し、業績改善に向けた計画に着手する方針だ。苦境にさらされている小売大手は、ステープルズだけではない。スポーツオーソリティは3月2日に連邦破産法第11条の適用を申請 ...