CONTRIBUTOR

土橋 克寿

テックジャーナリスト

1986年東京都生まれ。大手証券会社、ビジネス誌副編集長を経て、2013年に独立。欧米中のスタートアップを中心に取材を行い、Forbes JAPAN、The Huffington Post Japan、Yahoo!ニュース個人などで執筆。2015年夏、IT先進国・エストニア政府主催の20代ジャーナリスト招待プログラム(25人の25カ国出身者で構成)の日本人枠に選ばれる。ramyu代表、ご連絡はinfo@ramyu.com まで。

  • 新たなVCの形? 仏発「コミュニティ型VC」の姿

    欧米中日でコミュニティを形成するハードウェア特化型ベンチャーキャピタル「ハードウェアクラブ」は、新ファンドを約31億円でファーストクロージングしたがその狙いは。ハードウェアクラブは2015年1月、仏パリを本拠として始動。17年7月までの2年半、コミュニティへの加盟申し込みは3000社を超え、審査を通 ...

  • ホンダのオープンイノベーションを舵とる、シリコンバレーの水先案内人

    ベンチャー企業との協業を掲げ、2000年からシリコンバレーで活動を始めたホンダ。舵取り役の杉本直樹は「オープンイノベーションは、ホンダの原点への立ち返り」と語る。米シリコンバレーを拠点とする「ホンダイノベーションズ」。2017年4月に米国法人として独立したこの組織は、それ以前からホンダ・シリコンバレ ...

  • 世界屈指のCVC牽引役が語る「成功の秘訣」

    世界屈指のソフトウェア企業セールスフォース・ドットコムが世界で積極的にベンチャー投資をする狙いと方法論とは。「日本は非常にワクワクさせられる存在です。年2回の来日のたびに興味深い投資先と出会えます」セールスフォース・ドットコムは2009年にCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)「セールスフォ ...

  • 世界を目指すアグリテックの「ザッカーバーグ」

    菊池紳が2014年に創業したプラネット・テーブルは、生産地と都市を繋ぐ農産物流通プラットフォーム「SEND」、生産者とバイヤーの取引管理プラットフォーム「SEASONS!」を提供している。鈴木絵里子がインベストメント・グループ ディレクターを担うミスルトウは、16年8月に投資を実行した。鈴木:初めて ...

  • ポラリス流デイサービスで実現する「脱・介護保険」

    「ポラリスは自立支援特化型デイサービスを通じて、要支援・要介護の高齢者の心身機能改善と共に、国庫による介護保険の負担を削減しています。我々の投資判断基準は強い社会的インパクトと経済的リターン。ポラリスの活動が広がり日本の社会保障が変わることを期待します」KIBOW社会投資ファンドを運営する山中礼二は ...

  • 「画像診断」で医療現場に革新を与えるエルピクセルの野望

    島原佑基が2014年に東京大学研究室のメンバーと3人で創業したエルピクセルは、ライフサイエンス領域の人工知能・画像解析ソリューションを提供する。応用範囲が広い中、現在力を入れるのは医療画像診断だ。医療機器の高度化に伴い、医師の取り扱うデータ量が急増する現状に対し、同社の医療診断支援システムは、CTや ...

  • ユーザー接客で目指す、「ウェブの歴史に名を刻む」インパクト

    倉橋健太と柴山直樹が2011年に創業したプレイドは、あらゆるサイトへの訪問者をリアルタイムに可視化し、会員登録や購買につなげるウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」を提供。KARTEを導入したサイト運営者は、訪問者一人ひとりの名前、性別、年齢、閲覧履歴などのステータスに合わせて、データに ...

  • LVMH系列投資会社、日本への投資を本格化

    高級ブランドLVMH系列の投資会社、L キャタルトン。同グループによる日本への投資本格化が新たな価値を生み出す。「日本は、非常にクリエイティブかつエネルギッシュなブランドの宝庫です。それらの価値は、アジア各国との橋渡しが叶うことで最大限発揮されるでしょう」そう話すのは、Lキャタルトンアジア会長のラヴ ...

  • 日本の47銀行とコンソーシアム、リップルの狙い

    “インターネット”と同様に社会的に大きなインパクトを与える新技術・ブロックチェーン。その旗手たちが描く「革命後の世界」の姿とは。「国際間のお金の動きを、迅速に確実かつ低コストにしていきたい。この実現によって、インターネット黎明期のようなビジネスモデルのカンブリア爆発が起こるで ...

  • 「ビットコインとは対照的」 R3CEVが目指すブロックチェーンの未来

    “インターネット”と同様に社会的に大きなインパクトを与える新技術・ブロックチェーン。その旗手たちが描く「革命後の世界」の姿とは。「ブロックチェーンは発展の初期段階です。その中で我々は、グローバルファイナンスにおける“参加者間の信用で構築された世界”を意 ...

  • 世界トップを目指すベンチャーキャピタルの新たな挑戦

    専門人材30人が徹底支援を行う“ハンズオン投資”を掲げる独立系VCグローバル・ブレイン。純投資とCVCの双方を手掛けるハイブリッドスタイルで、世界的にも稀な“VCの新たな姿”を描き出す。シリコンバレー本流企業にもリードインベスターとして参画し、グローバ ...

  • ビットコインに次ぐ仮想通貨「イーサ」生みの親が語る、ブロックチェーンの理想

    “インターネット”と同様に社会的に大きなインパクトを与える新技術・ブロックチェーン。その旗手たちが描く「革命後の世界」の姿とは。イーサリアムの生みの親にして天才ハッカー、ヴィタリック・ブテリンが語る。「ブロックチェーンが実現する“分散している世界”は、 ...

  • 成功事例から探る、大企業xスタートアップ連携の未来

    世界的潮流で日本でも注目を集める大企業とスタートアップの連携。グローバル企業だけでなく日本でもその果実は出始めている。その成功事例から新たな連携の姿を模索する。「『100社中68社』『100社中32社』─。この数字の差こそ、世界的に見ると大企業のスタートアップ連携が企業業績と相関関係にあることを表し ...

  • キャリア20年、日本を代表するベンチャー投資家が語る「成功の秘訣」

    「日本版Midas List」1位に輝いたのは日本を代表するベンチャー投資家、仮屋薗聡一。ベンチャーキャピタル業界の牽引者が語る成功の秘訣とは。「私というよりは“日本のベンチャーエコシステム”の成果。様々な登場人物の中の一人に私がいた。それが本日伝えたいメッセージです」 グロ ...

  • スタンフォード大学教授が語る「日本の起業家シーンの現在」

    日本のスタートアップ・シーンは海外からどのように見えるのか。日米イノベーションアワードの運営委員会会長も務め、その事情に詳しい、スタンフォード大学特任教授 リチャード・ダッシャーに聞いた。日本のスタートアップの資金調達額は2016年上半期で928億円(ジャパンベンチャーリサーチ調査)。年間予想では、 ...

  • デジタル業界のキーマンが俯瞰する企業のマーケティング戦略

    デジタル重視へとシフトする企業のマーケティング戦略ー。ソフトバンクのデジタルマーケティング部門を統括する藤平大輔氏に現状を聞いた。「欧米に比べ、日本のマーケティングは遅れていると言われています。それはよい商品をつくれば売れるんだという、商品開発力を重視する文化が非常に根強いからです。その流れで、マー ...

  • トヨタやNTTと協業、圧倒的な人工知能技術で「グーグルの先」へ

    「人類が抱える未解決問題に挑み、米グーグルの先を目指す」人工知能技術のプリファード・ネットワークスが描く未来は壮大だ。抜きん出た技術力と大企業との連携で、新しい価値を生み出していく。「我々の根底には、多様性を重んじる文化があります。自動車、ロボット、バイオなどの広範な事業領域を手がけていく中、技術的 ...

  • ソフトバンクの新サービス、デジタルマーケティングの最前線

    ソフトバンク株式会社が10月に発表した新サービス「SoftBank Ads Platform」。企業が自ら収集・分析したデータに基づいて最適な広告配信が行えるという本サービスについて、同社デジタルマーケティング事業の責任者である藤平大輔氏に話を聞いた。「通信キャリアであるソフトバンクならではのデータ ...

  • 「企業として」と「起業家として」 楽天・三木谷浩史のイノベーションの秘訣

    米Forbesが選ぶ「世界で最もイノベーティブな企業ランキング2016」。日本トップは、楽天だ。世界17位と昨年19位から上昇した。世界的革新企業を率いるのは、日本を代表する起業家・三木谷浩史だ。「イーロン・マスクとは仲がいいので、よく会いますが、彼なんか『アントレプレナーは国家に立ち向かえ』と言う ...

  • 日本企業は“インドの変化”を直接見てほしい

    インドソフトウェア・サービス協会(NASSCOM)会長のR・チャンドラシェーカーが語る日本への期待。インドのスタートアップにおけるエポックメイキングな出来事は、ユニコーンが数社台頭したことでしょう。エコシステム全体にとって、若い起業家の活躍と国内デジタル市場の盛り上がりは目覚ましいものでした。例えば ...