CONTRIBUTOR

Doug Newcomb

Driving the conversation on the connected car and mobility

I’ve covered car technology as a profession and passion for more than two decades. My goal as the president and founder of the C3 Group is to drive the conversation on the connected car and mobility in this rapidly evolving space through the C3 Report, the Connected Car Council and by bringing together top thought leaders from automotive, technology, research and policy at C3 events. Prior to launching C3, I served as senior technology editor at Edmunds.com and executive editor of Road & Track Road Gear and editor of Car Audio and Electronics magazines. I’ve also written on the topic for Wired, Rolling Stone, Popular Mechanics and many other media outlets. In addition to testing more than 50 vehicles a year for a hands-on perspective on how technology is transforming today’s cars, I’m fascinated by how innovation is reshaping personal mobility to make transportation safer, more efficient and more enjoyable.

  • フォード、音声認識で「ドライバーの感情に寄りそう車」開発へ

    映画「her/世界でひとつの彼女」には、人工知能型音声アシスタントのサマンサというキャラクター(姿は見えない)が登場する。サマンサは主人公が何を望んでいるか、何を必要としているかを予測するだけではなく、主人公の声のトーンから生活や恋愛についても詳しくなっていく。現在バルセロナで開催中(2月28日〜3 ...

  • 中古車をコネクテッドカーに変える「ビンリ」、提携で業務拡大へ

    自動車の生産工場の組み立てラインからは毎日、何千台ものコネクテッドカーが生み出されている。一方、アフターマーケットには何年も前から「ソリューション」があるにも関わらず、現在も何百万台という車が「コネクト」されないまま使用されている。1996年以降に生産された車には、故障診断システム(OBD)が搭載さ ...

  • 車両管理サービス企業を買収のベライゾン、輸送業者向け業務を強化へ

    米ベライゾン・コミュニケーションズはこれまでも、自動車を「つなぐ」ことにおいてはライバルの通信大手AT&Tほど、自動車メーカーとの提携に積極的ではなかった。先ごろ発表した車両管理のフリートマティクス(Fleetmatics)の買収により、ベライゾンはその戦略の方向性をより明確に打ち出したとい ...

  • ドイツ自動車大手3社が買収した地図情報サービス「ヒア」の大きな可能性

    ドイツの高級自動車メーカーBMW、アウディとダイムラーは2015年、通信大手ノキアから地図情報サービスのヒア(HERE)を31億ドル(約3,163億円)で買収。その目的は自動運転技術に不可欠な同社のデジタルマッピング技術の獲得だというのが大方の見方だった。だがベルリンに本社を置くヒアと同社の新しいオ ...

  • レンタカーより配車サービス、出張者の移動手段が変化

    私は5月に、ミルケン研究所が主催するグローバル・カンファレンスに出席するため2日間の予定でロサンゼルスを訪れる。その際レンタカーをしようか、それとも配車サービスのウーバーかリフトを使うか、頭の中で計算をしている。タクシーはもはや選択肢として思い浮かばない。そしてレンタカーも、近いうちに同じような運命 ...

  • カーシェアリングのZipCar、自動運転車の導入に向け準備を加速

    自動運転車が今後、各国のカーシェアリングサービス市場で重大な役割を果たすようになることは明らかだ。配車サービスの米ウーバーは、将来的には運転手の採用を中止する可能性があることを示唆している。また、ゼネラルモーターズ(GM)は今年1月、米リフトに5億ドル(約561億円)を投資すると発表。自動運転車を重 ...

  • ミラーレス車の登場はいつ?サイドミラーに代わる技術も進歩中

    最新のテクノロジーを採用した変速機は人間の誰よりスムーズに、そして迅速にシフトを変えられる。だが、それを分かっていても、マニュアル変速機などの古い技術がなくなっていくことは、熱狂的な車好きにとってはさみしい限りだ。次に車から消えてなくなるのは、昔から車には不可欠だったサイドミラーかもしれない。そして ...

  • 英ジャガー、CESでスタートアップ育成宣言 120社に直接投資

    英国の自動車メーカー、ジャガー・ランドローバーは今後10年をかけ、120社のスタートアップ企業を育成することをアナウンスした。同社はポートランドにある2300平方メートルの広大な敷地を参加企業らに開放。各社に25万ドルの直接投資を行ない、6ヶ月に及ぶ“特訓”でエンジニアリング ...