CONTRIBUTOR

Caroline Ceniza-Levine

I cover career advancement, career change, and entrepreneurship.

I am the co-founder of SixFigureStart® career coaching. I have worked with executives from American Express, Goldman Sachs, Condé Nast, Gilt, eBay, Google, McKinsey, and other leading firms. I'm also a stand-up comic, so not your typical coach.

  • 面接で重要な非言語コミュニケーション 避けるべき7つの動作

    求職者の間では、採用面接に向けて口頭での回答しか準備していない人があまりに多い。しかし、コミュニケーションの大部分は、言葉ではなく、話し方や非言語コミュニケーションに基づいている。さまざまな研究によると、人が伝えるメッセージのうち55%からなんと90%が、非言語コミュニケーションの影響を受けると推定 ...

  • 就業中の転職が有利な理由 失業者ができることは?

    米ニューヨーク連邦準備銀行とコロンビア大学経営学大学院は先日、3000人の求職者を対象にある調査を実施した。その結果、就業中の求職者は失業中の求職者に比べ、内定で提示される給与額が平均48%高いことが分かった。また、内定に保険や退職金など福利厚生が含まれない割合は、失職中の候補者の間で63%に達した ...

  • 面接で必ず聞かれる「退職理由」 答えるときの5つの注意点

    私は先日、10人の候補者を電話で次から次へと面接する、いわゆる「面接マラソン」を経験した。複数の異なる役割の採用だったが、各候補者には前職を辞めた理由を必ず質問した。また、多くの候補者には、その前の仕事を辞めた理由も全て一つずつ説明してもらった。採用担当者は前職を辞めた理由を聞くはずだし、その前の仕 ...

  • キャリアチェンジに必要な7種類の人脈

    ネットワーキング(人脈作り)は、新たな仕事を探す上で欠かせない。しかし、自分が持つ既存のネットワークは、新たに進出したい分野では役に立たないかもしれない。既存のネットワークでは、あなたに対する期待値や認識が既にできているため、新たな分野で働く自分を想像しにくいかもしれない。そのため、キャリアチェンジ ...

  • 志望企業で働く友人がいたら コネを最大活用する8つの方法

    多くの求職者は、次のような間違いを犯してしまう。ある企業の求人広告に興味を持ったあなたは、知り合いに同社の社員がいないかとソーシャルメディアを確認。ある友人が従業員として勤務していると知ると、自分の履歴書を人事部に渡してもらうよう友人に頼む──。雇用主は推薦された候補者を好むと聞いたため、友人に推薦 ...

  • スペシャリストとゼネラリスト キャリアに有利なのはどちら?

    キャリアを急速に進展させる上で、スペシャリストとゼネラリストのどちらが有利なのだろう? 特定の分野やスキルを深めている方が良いのか、それとも幅広い知識とさまざまなスキルを身につけた方が良いのか?会社はスペシャリストに同じ役割ばかりさせるだろうか? また、ゼネラリストは薄っぺらいと思われ、スペシャリス ...

  • 今の仕事、もう自分に向いていない? 変化が必要な7つのサイン

    自分のキャリアが、正しい道を進んでいるかどうかは、どうすれば分かるのか? 自分の成長度が今の仕事を追い越してしまったかどうかを知るには? 自分が仕事上の停滞期にあることを示す兆候とは?私はこのような質問を何度も受けてきた。スマートで意欲的なプロフェッショナルでさえも、この疑問を抱いている。自分のキャ ...

  • 米国の「現代の面接」 過去20年で変化した5つのこと

    受付での気まずい待ち時間や、ささいなようで実は重要な面接官との世間話、「自己紹介をしてください」といったありふれた質問など、採用面接は昔と比べてあまり変化していないようだ。しかし、私は過去20年以上にわたり採用活動を行ってきた中で、採用面接の5つの変化に気付くようになった。1. ビデオ面接が一般的に ...

  • 高収入を得る方法は? 米職業ランキングが示す4つのヒント

    求人情報サイト「キャリアキャスト(CareerCast.com)」は、米労働統計局による2017年の年収中央値の統計データを分析し、今年収入が高かった職業トップ10をまとめた。1位は外科医で、年収中央値は40万9665ドル(約4600万円)。2位と3位は歯科矯正医と精神科医で、年収中央値はそれぞれ2 ...

  • 今年中に転職したい! 実践すべき5つの時間管理法

    年末が迫る中、「今年中に新しい仕事を見つける」ことを抱負とする人は多い。来年までに新たなスタートを切りたければ、残りは3か月ほど。時間を賢く管理すれば、まだ十分間に合う時期だ。残りの3か月で何を、どのようなタイミングで実行すればいいのだろう? ここでは、新年までに新たな仕事を獲得したければ実践すべき ...

  • 求職中でなくとも求人情報をチェックすべき4つの理由

    求人情報が役立つのは職探しの時だけではない。今の会社に満足していたとしてもさまざまな機会にはアンテナを張っておくべきで、求人情報はそのためにも役立つ上に、キャリア計画や発展にも利用できる。就職活動中でなくとも求人情報をキャリアに役立てる4つの方法は次のとおり。就職時の求人情報と現状を比較する。自分は ...

  • 「新しもの好き」の上司に振り回されない方法とは

    高度なサポート職(リサーチアナリストや役員補佐など)に就く人々を対象としたワークショップの参加者の一人に、プロジェクトを始めては止める上司に困っていた人がいた。多くの人が共感してうなずいていたことから、新しい技術やアイデアにすぐ飛びつく「きらきらしたもの症候群」がまん延していることは明らかだった。私 ...

  • キャリア強化のための大学院は本当に正解? 考えるべき10の質問

    大学院に行くべきか、やめるべきか──。この疑問に直面するのは、社会に出て数年後にキャリア強化を目指す人かもしれないし、仕事を始めて何十年もたって大きな変化を求める人かもしれない。大学院教育にかかる時間と費用を考えれば、この決断は慎重に下した方が良いだろう。ここでは、キャリアアップの次の段階として大学 ...

  • 副業を昇進につなげる5つの方法

    昇進を狙っている? あなたは今の職務で素晴らしい成果を出しているかもしれないが、それだけで昇進ができるとは限らない。人事責任者の多くは、ある役職への適任者を選ぶ際、既に必要な専門性を持っている候補者を探すものだ。今より上の地位に就くために、パートタイムの仕事を引き受けてみてはどうだろう。もし会社の許 ...

  • 経験がない仕事に就職するためにできる4つのこと

    キャリアを変更して新たな分野を開拓したいとき、関連した経験がない職種に採用してもうためにはどうすればいいのだろうか? 率直に言えば、雇用者があなたの潜在能力を信じて採用してくれることはないため、希望する職種に関係する経験は必須だ。だが有給・フルタイムの業務経験である必要はない。ただ雇用主にとっては、 ...

  • 強気に交渉しても嫌われないための秘訣

    私の交渉術ワークショップでよく聞く不安の一つに、自分の要求を明確にして強気に交渉しつつ、良好な関係やオープンな対話を保って相手を敵に回さないという、一見相反する2つの目標にどう折り合いをつけるか、という疑問がある。給与や昇進、働き方についてなどの交渉の実例を見てきたが、関係を壊すまで激しく交渉する人 ...

  • ビジネスマンが実践したい 新年12の誓い

    キャリアアップや収入を増やすことを2016年の目標にしたのなら、毎月テーマを決めて異なるジャンルのスキルを磨くことに取り組んではどうだろう 12の比較的小さな目標を立て、段階的にそれに取り組むのは、大きすぎる目標に取り組むのよりも、きっと容易に実行できるはずだ。1月:計画を立てる今年の最終的な仕事の ...