Joshua Cohen

I'm an independent healthcare analyst with over 22 years of experience analyzing healthcare and pharmaceuticals. Specifically, I analyze the value (costs and benefits) of biologics and pharmaceuticals, patient access to prescription drugs, the regulatory framework for drug development and reimbursement, and ethics with respect to the distribution of healthcare resources. I have over 110 publications in peer-reviewed and trade journals, in addition to newspapers and periodicals. I have also presented my work at numerous trade, industry, and academic conferences. From 1999 to 2017 I was a research associate professor at the Tufts Center for the Study of Drug Development. Prior to my Tufts appointment, I was a post-doctoral fellow at the University of Pennsylvania, and I completed my PhD in economics at the University of Amsterdam. Before pursuing my PhD I was a management consultant at Accenture in The Hague, Netherlands. Currently, I work on freelance basis on a variety of research, teaching, and writing projects.

  • 軽症の新型コロナ患者 長期的には深刻な影響も?

    新型コロナウイルスとその感染症の存在が知られるようになったのは、ここ半年以下のことだ。そのため、その正確な病因が完全には明らかになっていないのも当然だ。また、この時点でもう一つ不明な点は、新型コロナウイルス検査で陽性になった人が病気から受ける特異な影響だ。自覚症状なし、軽症、重症の3つのカテゴリーに ...

  • エボラ出血熱、コンゴで2カ所目の流行 対応でWHOの重要性浮き彫り

    アフリカ中部のコンゴ民主共和国で、過去2年弱で2回目となるエボラ出血熱のアウトブレイク(流行)が発生した。世界保健機関(WHO)のチームがすでに現地で対応を支援している。コンゴでは麻疹(はしか)も猛威を振るっているほか、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者も3000人を超えており、公 ...

  • 新型コロナ対策で「賭け」に出たスウェーデン、結果はどう出るのか

    スウェーデンは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)への対応として、都市封鎖(ロックダウン)を行った世界の大半の国・地域と大きく異なる選択をした。スウェーデン政府は、手を洗い、物理的な距離を取り、不要不急の移動を避けることによって、いかに国民それぞれが感染者増加の抑制に貢献できるかを示したガ ...

  • ルクセンブルクの「全国民コロナ感染検査」が注目される理由

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて実施していた外出制限などの段階的な解除を進めているルクセンブルクは、全面的な経済活動の再開に向け、およそ60万8000人に上る全国民の感染検査を行っている。ルクセンブルグは今年2月下旬に感染者が確認され始めた当初から、積極的に感染検査を行ってきた。すでに実施率は、 ...