Sergei Klebnikov

I am a New York City-based reporter for Forbes, covering breaking news - with a focus on financial topics. Previously, I've reported at Money Magazine, The Villager NYC, and The East Hampton Star. I graduated from the University of St Andrews in 2018, majoring in International Relations and Modern History. Follow me on Twitter @skleb1234 or email me at sklebnikov@forbes.com

  • 米家具チェーン大手「ピアワン」が破産、身売りに向け協議へ

    米国の家具チェーン店「Pier 1 Imports(ピアワン・インポーツ)」が2月17日、破産宣告を行い、売却先を探すと発表した。同社はアマゾンやウォルマートとの戦いに苦戦し、約1カ月前に450店舗の閉鎖を宣言していた。ピアワンは声明で、連邦破産法第11条の適用を申請したとアナウンスし、既に複数の買 ...

  • ネット証券「Eトレード」株価25%急騰、モルガンによる買収で

    米国の大手銀行モルガン・スタンレーは2月20日、米ネット証券大手の「Eトレード」を買収すると発表し、Eトレードの株価は25%の急騰となった。買収額は130億ドル(約1.4兆円)に及ぶという。モルガンは伝統的な投資銀行だが、金融危機後は富裕層ビジネスに注力してきた。Eトレードの買収には、新たな顧客の取 ...

  • ビジョンファンドの再起狙うソフトバンク、25億ドルを自社注入

    「ビジョンファンド2号」の立ち上げを目指すソフトバンクが、自社で25億ドル(約2700億円)の資金を注入したことが2月18日のロイターの報道で明らかになった。同社の第2弾の巨額ファンドに対する投資家の関心は、当初の予想を下回っており、自社の投資を呼び水にして、より多くの投資を呼び込む狙いがあると見ら ...

  • アマゾンCEOが1兆円を「地球温暖化防止」に寄付宣言

    世界一の富豪として知られるアマゾンCEOのジェフ・ベゾスは2月17日、気候変動と戦うために100億ドル(約1兆1000億円)を、新たに立ち上げたファンドの「ベゾス・アース・ファンド(Bezos Earth Fund)」に寄付すると宣言した。「本日、ベゾス・アース・ファンドの立ち上げを宣言する」とベゾ ...

  • 米カジノ大手、営業停止で「1日の赤字2億7000万円」発表

    米国のカジノ大手「ウィン・リゾーツ」は2月6日の2019年第4四半期決算発表の場で、新型コロナウイルスの感染拡大でマカオのカジノを閉鎖したことにより、1日あたり最大260万ドル(約2億7500万円)の赤字を出していると述べた。中国政府は感染拡大を阻止するため、マカオのカジノの営業停止を要請した。ウィ ...

  • 物言う株主がソフトバンクに突きつける「経営改革」の中身

    ビリオネアのポール・シンガーが率いる「エリオット・マネジメント」が、25億ドル(約2725億円)を超えるソフトバンクグループの株式を取得し、物言う株主として経営改革を求めていることが2月6日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によって報じられた。エリオットは水面下でソフトバンクグループ株を買 ...

  • マットレスのD2Cで急拡大の米キャスパー、IPO価格を引き下げ

    ハイテクで洗練されたマットレスをEコマースで直販する企業「Casper(キャスパー)」は、ここ数年のトレンドとなったD2C(ダイレクト・トゥー・コンシュマー)分野を代表する企業だ。同社は1月、ニューヨーク証券取引所に上場申請を提出したが、IPO価格を当初の予定から大幅に引き下げ、12〜13ドルのレン ...

  • グーグルを襲う検索広告の減速、過去5年で初の「予想以下」に

    グーグルの親会社、アルファベットの時価総額は1月16日に初めて1兆ドル(約109兆円)を突破し、アップル、マイクロソフト、アマゾンに次いで4社目の1兆ドル達成企業となっていた。しかし、アルファベットの株価は2月3日の第4四半期決算を受けて下落し、時価総額は再び1兆ドル以下に沈んだ。同社の株価は3日の ...

  • テスラの株価急騰の一因となった「空売り投資家」の心理

    テスラの株価は昨年末から急騰が続き、2月3日午後に800ドル近くまで上昇した。背景には先週発表された、第4半期の好調な決算内容がある。アナリストらは同社の株価見通しを大幅に引き上げた。テスラの株価は2月3日の一日で100ドル以上も上昇し、780ドルで取引を終えた。アーガスリサーチは第4半期決算を受け ...

  • 米商務長官、新型肺炎で「米国の雇用が拡大」と発言し炎上

    米国商務長官のウィルバー・ロスは1月30日、中国での新型コロナウイルスの感染拡大が、米国の雇用拡大に前向きな効果をもたらす可能性があると発言した。このコメントに対し、あまりにも無神経な発言だとの反発があがった。中国での感染者が7000人を超えた新型ウイルスで150人以上の人が亡くなり、感染地域は海外 ...

  • ヴィクトリアズ・シークレットが身売り、82歳CEOが退任へ

    米女性向けアパレル大手「ヴィクトリアズ・シークレット」の親会社、エル・ブランズCEOのレスリー・ウェクスナーが、同社の株式を売却する方針であると1月29日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。ウェクスナーは少女買春疑惑で告発された富豪の、ジェフリー・エプスタインの顧客だったと報道され ...

  • ゴールドマンCEOが語る「ウィーワーク問題」で学んだ教訓

    1月21日、ダボスで開催された世界経済フォーラムの会場で、ゴールドマン・サックスCEOのデービッド・ソロモンは、ウィーワークの問題について尋ねられた。彼は自らが率いる投資銀行がウィーワークを支援したことを弁護すると同時に、テック系スタートアップの評価額が異様に高まっている状況を指摘し、現実に即した評 ...

  • 中国の新型肺炎「感染者数を過少申告」の疑い、英機関調査

    英国のインペリアル・カレッジ・ロンドンの公衆衛生の研究者らの試算によると、新型コロナウイルスに感染した中国の患者数は、これまで報告された件数をはるかに上回っているという。中国政府は過去に、国内で発生した疫病の被害を実際よりも少なく報告していた。インペリアル・カレッジの疾病モデリングの専門チームは、1 ...

  • ウィーワークの新規オフィス契約が激減、米国では4件のみに

    昨年9月にIPO計画を頓挫させ、ソフトバンクからの救済案を受け入れたシェアオフィス企業「ウィーワーク(WeWork)」は、依然として資金を燃やし続け、2019年の第4四半期の業績もふるわなかったことが明らかになった。第4四半期にウィーワークが、米国で新規で結んだリース契約はわずか4件だった。新規の貸 ...

  • テスラ株高騰でイーロン・マスクに380億円の特別報酬の可能性

    テスラの株価はここ数カ月の間、上昇が続き、時価総額の1000億ドル突破も視野に入ってきた。そんな中、ロイターは1月14日、テスラCEOのイーロン・マスクが3億4600万ドルに及ぶ巨額のストックオプションの受け取りに近づいたと伝えた。テスラの株価は先週から約10%の上昇となり、1月13日には一株500 ...

  • アルファベット時価総額が1兆ドル間近、米テック界で4社目

    テック業界でまた1社、時価総額が1兆ドル(約110兆円)を上回る企業が生まれようとしている。株式市場ではグーグルの親会社、アルファベットの評価が高まり、同社は4社目の時価総額1兆ドル超えの企業になろうとしていると、1月13日、英フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。アルファベットの時価総額は現在 ...

  • ディカプリオも出資する米「マットレス企業」がNYでIPO申請

    ハイテクで洗練されたマットレスをEコマースで直販する企業「Casper」が1月10日、ニューヨーク証券取引所にS-1書類(上場申請)を提出した。同社は現時点で黒字化を達成しておらず、今後しばらく収益化を見込んでいないが、睡眠分野の新たな市場である「スリープ・エコノミー」をリードすることを目指している ...

  • クラウド市場で急伸のマイクロソフト、アマゾンを撃破へ

    ゴールドマン・サックスの直近の報告で、クラウド分野ではマイクロソフトが企業幹部の間で最も人気のサプライヤーとなり、競合のアマゾンから着々とシェアを奪いつつあることが示された。ゴールドマン・サックスは半年に1度、大手企業の幹部を調査対象にした「IT Spending Survey」と呼ばれるレポートを ...

  • 中国でiPhone売上回復、12月は320万台 アップル株が再び最高値

    アップルの株価は昨年90%近い上昇となったが、1月9日に再び最高値を更新した。これは、12月の中国でのiPhoneの売上が予測を上回ったことを受けてのものだ。米国とイラン間の緊張の高まりの中においても、9日のダウ平均は200ポイント以上の上昇となった。中でも注目を集めたのが、前日から2.1%も値をあ ...

  • ビル・ゲイツが提案する「米国の超富裕層」への課税強化

    マイクロソフトの共同創業者で世界2位の富豪のビル・ゲイツは以前から、富裕層への課税強化を訴えているが、先日のブログの投稿で再びその主張を繰り返した。米国の格差の改善に向けて、ビリオネアの税率を引き上げることが有効だと彼は述べた。「リッチな人にはより多くの税金を払ってもらおう」と題した投稿でゲイツは、 ...