Sergei Klebnikov

I am a New York City-based reporter for Forbes, covering breaking news - with a focus on financial topics. Previously, I've reported at Money Magazine, The Villager NYC, and The East Hampton Star. I graduated from the University of St Andrews in 2018, majoring in International Relations and Modern History. Follow me on Twitter @skleb1234 or email me at sklebnikov@forbes.com

  • トランプのアマゾン嫌いを鮮明にした「1兆円クラウド」の入札

    アマゾンは11月14日、米国防総省が110億ドル(約1.2兆円)相当のクラウド事業の委託先にマイクロソフトを選んだことに対する抗議声明を発表した。この案件は「JEDI(ジュイダイ)」と呼ばれるもので、アマゾンは当初、入札段階でマイクロソフトよりも有利と見られていた。アマゾンは「ジェダイの評価過程にお ...

  • 中国で2人がペストに感染、世界各地で「不気味な再流行」

    中国の病院で2人の患者がペストと診断された。当局によると、患者らは中国北部の内モンゴル自治区の出身で、現在は北京市内の病院で治療を受けているという。ペストは14世紀のヨーロッパで黒死病と呼ばれ大流行し、約5000万人が亡くなっていた。今年の初めにもモンゴル人の夫婦が生肉を食べた後に腺ペストを発症して ...

  • グーグルが「銀行業務」参入、当座預金でアマゾンと激突へ

    フェイスブックやアップルが金融サービスの提供に乗り出し、様々な困難に直面する中で、グーグルがこの分野への参入を開始した。グーグルが来年から消費者向けの当座預金口座サービスを立ち上げると、11月13日のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が伝えた。このプロジェクトはグーグル社内で「キャッシュ」と ...

  • テスラ工場の「ブラック労働」の実態、月に3回の労災が発生

    米国の各州は近年、大企業の工場を誘致し地元の雇用を創出しようとしているが、USAトゥデイの報道で、テスラがネバダ州で運営中の「ギガファクトリー」が、勤務中の怪我や住宅難などの様々な問題を引き起こしていることが明らかになった。USAトゥデイの11月12日の記事によると、ネバダ州リノ郊外のギガファクトリ ...

  • データで振り返る「独身の日」 海外製品では日本1位、米国2位

    11月11日に開催されたアリババ主催の世界最大のEコマースの祭典、「独身の日」の取扱高は24時間で384億ドルという新記録を達成した。アップルやロレアル、ネスレなどのブランドは1日で数億ドル単位の売上を記録した。アリババによると、今年は15の企業が10億元(約155億円)以上の取扱高を達成した。中国 ...

  • 「独身の日」売上4兆円突破、米国製品ボイコットは起きず

    今年で11回目を迎えたアリババ主催のEコマースの祭典「独身の日」の売上が、またもや新記録を更新した。11月12日午前0時に終了した今年のセールは、24時間で384億ドル(約4.1兆円)の取扱高を記録し、アマゾンの四半期あたり売上の半分以上に達した。独身の日の取扱高は、開始から1分強で10億ドルを突破 ...

  • 24時間で3兆円を売る中国「独身の日」が今年もスタート

    「独身の日」として知られる世界最大のEコマースの祭典が、今年も中国で11月11日から開催中だ。このイベントはアリババなどの中国のオンラインショッピング企業が、24時間にわたり大規模なディスカウントを提供するものだ。2009年にアリババが立ち上げた独身の日は、今では20万社を超えるブランドが参加するよ ...

  • 米株式市場で個人情報の「流出疲れ」、大手28社調査で判明

    企業にとって顧客データの流出は恐ろしい事態であり、上場企業の場合は株価の下落要因にもなる。しかし、近年は巨大な情報流出が相次ぐ中で、株式市場では「流出疲れ」とも呼べる現象が起きていることが判明した。テック関連の調査企業Comparitechは100万件以上のデータを流出させた28社の大手企業の事例を ...

  • サウジ系ファンド、元ウーバーCEOの新事業に400億円出資

    ウーバーの創業者でビリオネアのトラビス・カラニックが新たに立ち上げたスタートアップ「クラウド・キッチンズ(CloudKitchens)」が密かに、サウジアラビアの政府系ファンドから4億ドル(約437億円)の資金を調達していたことが11月7日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道で明るみに ...

  • 中国人の8割が米国製品をボイコット、「独身の日」直前予測

    中国で毎年11月11日に開催される世界最大のEコマースの祭典「独身の日」が近づくなか、80%に及ぶ中国人消費者が米国製品のボイコットを検討中であることが分かった。米中の貿易摩擦の高まりは中国人の愛国心を高め、小売業界にも影響を与えそうだ。米国のコンサルティング企業「アリックスパートナーズ」の調査で、 ...

  • 米中の対立懸念を払拭のアップル好決算、年末も楽観見通し

    アップルが10月30日に発表した7〜9月期決算(第4四半期)は、予想を上回るiPhone 11の売上やサービス部門の拡大により、対中関税引き上げに絡む懸念を払拭する内容となった。7〜9月期の売上高は前年比1.8%増の640億ドル(約6.9兆円)で、アナリスト平均予想の630億ドルを上回った。さらに、 ...

  • ウィーワーク、eスポーツに参入か 「Play By We」商標出願

    先週、ソフトバンクからの95億ドル(約1兆円)の支援策を受け入れたウィーワークが最近、「プレー・バイ・ウィー(Play By We)」と呼ばれる新たなプロゲーム事業の商標登録を出願したことが分かった。これは、英知的財産庁が先週公表し、ブルームバーグが他社に先駆け29日に報じた出願書類により発覚したも ...

  • 「地球温暖化防止」技術の世界トップ企業、米投資銀行が公開

    地球温暖化の防止やカーボンニュートラルの実現に必要なコストは、様々な機関が試算しているが、米国の投資銀行大手「モルガン・スタンレー」のアナリストらが新たな予測を発表した。それによると、5つの主要エリアで炭素排出ゼロを実現するために、2050年までに50兆ドル(約5400兆円)の投資が必要になるという ...

  • 時価総額120兆円、アップル株が「史上最高値」更新の理由

    アップルの株価は、10月に入り史上最高値を更新し続けている。背景にあるのは、iPhone 11の予想を上回る売上や、11月1日から始まる動画ストリーミングの「Apple TV+」への期待だ。アップル株は10月23日、史上最高値の243ドルをつけたが、株価は今年に入り50%以上の上昇となった。また、過 ...

  • スナップチャットが年内に「黒字化」見通し、最新決算で

    スナップチャットの運営元のスナップ(Snap Inc.)は10月22日、第3四半期決算を発表し、ユーザー成長率や売上がアナリスト予測を上回った。しかし、年末に向けて売上の減少を予測し、株価は下落した。スナップの今四半期の売上は、前年同期比で50%増に迫る4億4600万ドル(約484億円)を記録。アナ ...

  • ソフトバンク救済でウィーワーク創業者「ビリオネアに復帰」へ

    資金繰りに苦戦中のシェアオフィス「ウィーワーク」が、ソフトバンクグループの救済案を承認し、ウィーワークの経営権をソフトバンクが取得することが決まった。これにより、ウィーワーク創業者で元CEOのアダム・ニューマンは17億ドル(約1800億円)近い大金を手にして、経営から退くことになる。ウィーワークの取 ...

  • 好調だった「FAANG株」に危険信号が点滅し始めた理由

    かつて株式市場を牽引したFAANG銘柄(フェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの親会社のアルファベット)の大半のパフォーマンスは、ここ1年ほどの間、S&P 500インデックスを下回っている。この事実は、市場が新たなリーダーを探していることを示している。唯一の例外と言え ...

  • 苦渋の決断迫られるウィーワーク、ソフトバンクの提案に難色

    ウィーワークを取りまく状況は混迷を極めている。外部からの資金調達により、事業の継続を望む同社は、2つの救済プランのどちらを選択するかを迫られている。英紙ガーディアンによるとウィーワークは早ければ今週、少なくとも2000人のレイオフに踏み切る見通しという。従業員らは社内の調整が進まず、混沌とした状況に ...

  • 株価下落のネットフリックス、来週の決算発表で復調なるか

    ネットフリックスの株価はここ数カ月の間下落したが、10月16日の第3四半期決算発表の内容次第で、以前の勢いを取り戻せるかもしれない。近年のテクノロジー株の強気相場を牽引したネットフリックスの株価は、7月中旬から30%以上の下落となり、現在は280ドル付近で取引されている。同社の第2四半期決算では、2 ...

  • 米国人の50%が「大不況の到来が近い」と予想、保険会社調査

    経済成長の減速や地政学的な懸念の広がり、さらに長引く米中の貿易摩擦により、今後の景気見通しを悲観する米国人が増加中であることが、保険会社アリアンツのレポートで示された。アリアンツによると米国人の50%が大規模な不況が目前に迫っていると予想している。この数値は今年前半の46%から上昇した。また、現在が ...