Brad Templeton

I founded ClariNet, the world's first internet based business, am Chairman Emeritus of the Electronic Frontier Foundation, and a director of the Foresight Institute. My current passion in self-driving vehicles and robots. I worked on Google's car team in its early years and am an advisor and/or investor for car OEMs and many of the top startups in robocars, sensors, delivery robots and even some flying cars. plus AR/VR and software. I am founding faculty and computing chair for Singularity University, and I write, consult and speak on robocar technology around the globe.

  • インテル傘下モービルアイ、2022年に自動運転タクシーを本格始動

    インテル傘下で車載向け画像処理チップを開発する「モービルアイ(MobilEye)」の創業者でCEOのアムノン・シャシュアは、5月18日から開催されたモビリティ関連のカンファレンスEcoMotionで、2022年の初旬からロボットタクシーサービスの提供を開始すると宣言した。同社が運行するロボットタクシ ...

  • 自動運転のユニコーンZooxが身売り、コロナで資金調達に苦戦

    完全自動運転のロボットタクシー向けの車両を開発する、シリコンバレー本拠の「ズークス(Zoox)」が身売りを模索中の模様だ。ニュースサイトThe Informationの報道によると同社は投資銀行カタリストと組んで、新たな出資元を探しているという。ズークスは直近の資金調達で27億ドル(約2900億円) ...

  • 大手メーカーの自動運転への出資額は累計1.8兆円、米調査

    テック系ニュースサイト「ザ・インフォメーション」が、自動運転車開発プロジェクトへの投資額が160億ドル(約1.8兆円)に達したという調査結果を発表した。最も投資額が大きかったのはウェイモとGM傘下のクルーズで、いずれも30億ドル以上だった(ただし、この金額にはM&Aに投じられた資金は含まれて ...

  • 自動運転車は「悪徳ドライバーの妨害」にどう対処すべきか?

    米国のアリゾナ州でロボットタクシーサービスの試験運行を実施中の「ウェイモ」は1月30日、同社のミニバン「パシフィカ」が公道上で接触事故に巻き込まれたと発表した。同社によると、この事故で車両に乗っていた人間のセーフティドライバーが軽傷を負ったという。一部の報道では、ウェイモの車両の前方に他の車両が強引 ...

  • 米「自動運転シンポジウム」に集結した世界トップ企業の主張

    米フロリダ州オーランドで7月15日から開催された、自動運転に関するシンポジウム「The Automated Vehicle Symposium 2019」は、オーロラ(Aurora)CEOのクリス・アームソンが司会を務めるセッションで幕を開けた。自動運転の技術開発に特化したオーロラは、これまでに6億 ...