CONTRIBUTOR

Ashley Stahl

キャリア、求職活動及び労働人口の中のミレニアル世代について執筆

世界中の求職中のミレニアル世代のためにキャリアに関する指導やスピーチを実施。対テロ戦争の最前線で備える政府当局者を支援し受賞経験もあるテロ対策専門家としての顔も持つが、国防総省での仕事よりもキャリア指導者への情熱が勝り、アシュリースタールインターナショナル社を設立。同社は20代と30代が自身の目的を見出し、より多くの求人を得、収入を増やす手助けをするため、プライベートコーチングと比類なきオンラインプログラムを提供。オンラインプログラム「Limitless Career Lab」において何千人もの20代と働いた経験があるほか、個人的にも未来の指導者を育成している。フォーブスのほかにハフィントン・ポスト、LinkedIn、そして自分自身のキャリアブログにも記事を執筆。あなたのキャリアにおいて大きなゲームをする準備ができているならhttp://www.ashleystahl.comにアクセスして、考え方や求職について収めた音声とキャリア成功キットを無料で入手しましょう!

  • 遠隔勤務者が苦しむ孤独感 緩和する4つの方法

    孤独感は、特にミレニアル世代とジェネレーションZ世代で多く見られるようになった。私は、携帯電話を手に取れば瞬く間に数千人とつながることができる世界でなぜ孤独を感じるのかとかつて不思議に思っていた。私はビジネスコーチ、そしてキャリア指導者としての役割から、仕事に不満を抱える多くの顧客の手助けをしてきた ...

  • 面接で良い第一印象を持続させる5つのコツ

    第一印象を与えるチャンスは1度しかない。面接は人生の中でも特に大きなストレスを生む体験になり得る。私はキャリアコーチとして多くの顧客の面接準備を支援する中で、多くの人にとって最も恐ろしい瞬間は、単にドアを開けて面接室に入る時だということを学んだ。面接に入る時は、緊迫感が高まり、心の中では感情が駆け巡 ...

  • あなたの上司がメンターにはなれない理由

    「人は自分の周りにどんな人を置くかで決まる」と言われるが、実際に自分の周りに置く人を変える人は、どのぐらいいるだろうか?私はビジネスとキャリアのコーチとして、仕事面での前進や人としての成長に行き詰まりを感じる多くのクライアントと仕事をしてきた。だがそんなクライアントに、あなたのメンター(指導者)は誰 ...

  • 残業を避ける3つの方法

    「Work smarter, not harder.(懸命にではなく賢く働け)」というのは使い古された格言だが、これは実際に正しいアドバイスなのだろうか? 私はキャリアコーチとして、そして過去にひどい燃え尽き症候群を経験した者として、働き過ぎはキャリアパスを突如としてストップさせてしまうことを知って ...

  • ポジティブ思考が夢の仕事につながる理由

    「ポジティブ思考を持ちましょう」というのは、滑稽なアドバイスのように聞こえるかもしれないが、私はキャリアコーチ業を営む立場から、ポジティブなエネルギーを醸しだすことが就職活動の全プロセスを通じて大きな違いにつながり得ると、自信を持って言える。他のどんな競争とも同じく、就職活動では自分に合った就職先を ...

  • 昇進にまつわるプレッシャー はねのける3つの方法

    あなたは最近昇進の機会を与えられ、給料や責任が増えることを知らされた。収入が増えることはとてもうれしいものの、責任やプレッシャーも多くなることを改めて認識するようになったあなたは準備ができていないと感じ、さらには自分がまるで詐欺師であるかのように思えるようになる──。まずは呼吸し、こうした状態を経験 ...

  • 従業員に遠隔勤務を許すべき4つの理由

    遠隔勤務は近年、確かに注目を集めている。企業がコスト削減に関心を向ける一方、若い従業員は個人的な自由を求めるようになり、遠隔勤務は双方にとってますます有益な選択肢になりつつあるようだ。私はキャリアコーチとして、オフィス勤務では集中できない、仕事が中断される、さらには生産性が下がるなどの多くの話をこれ ...

  • 職場での不安とストレスに打ち勝つ方法

    キャリア指導者として働く私は、想像できる限りのありとあらゆる仕事のストレスや不安について耳にしてきた。人前で話すことへの深刻な恐怖心(科学的にはスピーチ恐怖症と呼ばれる)を抱える顧客から、職場で期待通りのパフォーマンスができない恐れや自己破壊行動から降格を希望してしまう顧客まで、さまざまな例がある。 ...

  • 業務を改善する食生活の3つの心得

    私は、食に関するドキュメンタリー初期作品の一つである『スーパーサイズ・ミー』を見て、ファストフードや健康に関する自分の考え方が大きな影響を受けたことを覚えている。フライドポテトと不健康をつなげることは簡単だとしても、数々のドキュメンタリー番組や社会運動、食に関する近年の広告などを見ていると、生産的な ...

  • 瞑想がキャリアアップにつながる理由

    現代の米国で働く人は、これまでにないほど多くのストレスにさらされている。付与されている休暇を消化することなく、過剰に働く生活を送っている。国際労働機関(ILO)によると、米国人の年間労働時間は日本人と比べ137時間多い。米国は先進国の中で最も働き過ぎている国で、男性の85%、女性の66%が週40時間 ...

  • 自分にぴったりのキャリアを見つける5つのステップ

    あなたは自分が正しいキャリアパスを歩んでいるかどうかについて、ふと立ち止まって考えたことがあるだろうか? 私はある。20代前半で、テロ対策専門家からキャリアコーチに転身し、劇的なキャリアの変化を経験した時だ。長い時間をかけて構築し、努力を重ねてきたキャリアが自分に合っていないことに気付くことはつらか ...

  • サイドハッスルを検討すべき3つの理由

    自己啓発書作家のトニー・ロビンズは「今までずっと続けてきたことをしても、それまでいつも得ていたものしか得られない」と述べている。私はキャリアコーチとして、ビジネスを改善し、より多くの仕事を獲得して、自分の情熱を追い求めるにはどうすればよいか顧客に尋ねられることが多い。こうした質問は全て、簡単に答えが ...

  • キャリアで充実感を得る5つの方法

    働く目的が給与だけにとどまらない人がますます増えている。人は今、充実感を求め働いているのだ。しかし、充実感を得ることはそれほど簡単ではない。米調査会社ギャラップが2013年に発表した「State of the American Workplace Report(米国の職場の現状に関する報告書)」では ...

  • 仕事のモチベーションを取り戻す方法4選

    先日、よくあるジレンマを抱えたクライアントが私のもとにやってきた。仕事でのモチベーションがなくなり、その結果として自分の幸せも消えてしまったという。従業員のモチベーションと幸福度は密接な関係があることは、研究結果でも示されており、モチベーションを失ったことがクライアントのアマンダにここまで強い影響を ...

  • 「心の知能指数」を向上させる5つの方法

    心の知能指数(EQ)は、ビジネスで強力な指標の一つだ。EQは、自分の感情を認識・管理するだけでなく、他者の感情を理解する能力だからだ。ジョンソン・エンド・ジョンソンの調査では、優秀な従業員は高いEQレベルを示すことが分かった。また、EQに特化したコンサルティング企業、タレントスマート(TalentS ...

  • 睡眠改善で仕事のパフォーマンス向上 良い眠りを得る5つの方法

    睡眠と仕事のパフォーマンスとは、密接な関係がある。プロのアスリートなら誰しもが、休息が良い成績を残すためにいかに重要であるかを認識している。睡眠不足は認識能力を損ない、遅かれ早かれ仕事にも影響を及ぼす。キャリアコーチである私は、くたくたで燃え尽きた状態で相談に訪れたクライアントにはまず、毎晩どれだけ ...

  • あなたもフリーランスを試すべき3つの理由

    フリーランサーになろうと考えたが、結局思い直したという経験、あなたには何度あるだろうか? 仕事のかたわらサイドビジネスをしたり、あるいは会社員をきっぱりと辞めて独立したりすることに興味があるが、不安が先に立ち躊躇(ちゅうちょ)している──。そう思っているのは、あなただけではない。私はミレニアル世代に ...

  • 人脈作りのスキルを上げる3つのコツ

    ネットワーキング(人脈作り)の重要性は、消えるどころか増しているかもしれない。リンクトインに掲載された、米人材コンサルティング企業アドラー・グループ(The Adler Group)の調査によると、求人の85%は、何らかの人脈を通じて採用が決まっている。自分のネットワーキング能力を考え直すには十分な ...

  • あなたにMBAが必要ない4つの理由

    あなたが経営学修士(MBA)の取得を考えている場合、実はその必要はないかもしれない。上級学位を持っていなくても、起業したり新たな分野に転職したりすることはできるし、学業に戻って2年以上を投資しない分、より早く(学生ローンも少ないまま)キャリアチェンジができる。私がキャリアコーチをする中で、数人の顧客 ...

  • 職場でこそ実践したい「恩送り」 簡単にできる3つの方法

    人から褒め言葉や予期せぬ贈り物をもらうと、私はすぐに幸せな気分になる。先日、同じ街に住んでいる友人からはがきが郵送されてきた。その理由は、ただ単に「送りたくなったから」とのこと。その優しい行動に触発され、私は思いやりを持った1日を送ることができた。米国では「ペイ・イット・フォワード(恩送り)」の哲学 ...