CONTRIBUTOR

Ashley Stahl

キャリア、求職活動及び労働人口の中のミレニアル世代について執筆

世界中の求職中のミレニアル世代のためにキャリアに関する指導やスピーチを実施。対テロ戦争の最前線で備える政府当局者を支援し受賞経験もあるテロ対策専門家としての顔も持つが、国防総省での仕事よりもキャリア指導者への情熱が勝り、アシュリースタールインターナショナル社を設立。同社は20代と30代が自身の目的を見出し、より多くの求人を得、収入を増やす手助けをするため、プライベートコーチングと比類なきオンラインプログラムを提供。オンラインプログラム「Limitless Career Lab」において何千人もの20代と働いた経験があるほか、個人的にも未来の指導者を育成している。フォーブスのほかにハフィントン・ポスト、LinkedIn、そして自分自身のキャリアブログにも記事を執筆。あなたのキャリアにおいて大きなゲームをする準備ができているならhttp://www.ashleystahl.comにアクセスして、考え方や求職について収めた音声とキャリア成功キットを無料で入手しましょう!

  • 嫌いな同僚に対処する6つの方法

    私は先日、キャリア指導サービスのクライアントであるステイシー(仮名)からアドバイスを求められた。彼女は現在の会社を退職したいと考えており、その主な理由は同僚と合わないことだった。仕事自体はとても楽しく、会社もおおむね好きなので、非常に残念だと彼女は語った。毎日仕事に行き、好きでもない人たちに囲まれる ...

  • 大嫌いな仕事でも心の健康を保つ3つの方法

    完璧な世界では、アイスクリームを食べても太らず、渋滞に巻き込まれることはなく、仕事には常に満足できることだろう。だがあなたが実際に生きているのは不完全な世界であり、課題に直面することも多い。過去にひどい仕事に就いてきた私の経験から言わせてもらえば、好きな仕事ができることは保証ではなく、目標だ。翌朝仕 ...

  • 性格診断がキャリアに役立つ3つの理由

    キャリアコーチである私は、人生の岐路に立ち変化を求める依頼人への対応には慣れている。こうした依頼人には通常、深い自己分析をしてもらい、私たちの誰もが得るに値する、真にやりがいのある仕事を見つける支援をする。またこうした依頼人は当初、自分で決断が下せない状態にあることが多い。だが、ケビンほど決断力のな ...

  • 難しい上司に対処する7つの方法

    ようやく天職にめぐり逢い、仕事も楽しく、同僚とも上手くやっているのに、上司だけが我慢ならない──これは昔からよくある悩ましい状況だ。細かい指摘ばかりし、あなたがどんなに努力しても期待していたような良好な関係を築けそうもない上司。もしあなたがそんな状況にあるとしても、ストレスを感じすぎないようにしたい ...

  • キャリアを台無しにする「職場不安」の克服法

    「職場不安」はあなたが思っている以上に一般的な問題だ。放っておくと、自分の人生を支配されかねない。アメリカで不安障害に悩んでいる人は4,000万人にのぼるが、実際に治療を受けている人はその3分の1程度。不安は健康に悪影響を及ぼし、慢性的な疾患を引き起こす可能性がある。また、職場での生産性を下げ、同僚 ...

  • テクノロジーの進化の一方で重要度を増す「人間味」とは

    11月上旬、実業界のリーダーらが集まるセミナー「サミット・アット・シー2016」が開催され、グーグルのエリック・シュミットCEOやベイナーメディア創業者のゲアリー・ベナチャックらが登壇。人工知能(AI)やバーチャル・リアリティー(VR)などのテーマで展開され、これらのテクノロジーが今後どのように時代 ...

  • 仕事をサボる人が急増中? 米調査で「怠け者」が明らかに

    仕事中にただ何となく、ネットサーフィンをしていることはないだろうか? 新作のハンドバッグを探したり、お気に入りのスポーツチームのランキングを確認したり──。だが、どうやらそれはあなただけではないようだ。私たちの多くは自ら認めている以上に、勤務中に時間を無駄にしているらしい。企業の給与支払い業務を請け ...

  • 最悪の面接、その時どうする?

    面接で完全に失敗したと感じて落ち込んだことはないだろうか。チャンスを逃した事を悔やみ、そしてそのことを忘れようと努める。だが、ネガティブな捉え方をしていても何の得にもならない。最悪の面接を経験した後にやるべき7つの事柄をここで紹介しよう。 1. 面接中に何があったかを振り返る まず、良かった点を思い ...

  • 就活のウェブ活用で絶対避けたい5つの過ち

    ネットを通じた情報収集や、エントリーシートの提出など、現代の就職活動にウェブの利用は欠かせない。 しかし、面接に臨む前に意外と忘れがちなのが、自分のツイッターやフェイスブックの書き込みの確認だ。調査によると、米国では六割以上の企業の採用担当者が、応募者のSNSアカウントのチェックをしているという。 ...