ビジネス

2023.07.18 08:00

生成AIは日常的なビジネスコミュニケーションの「質」も高める、MITの研究

安井克至
1821
これらを述べた上で、著者たちは研究の限界を強調した。彼らは、プロジェクトの予算や時間の制約から、厳格なファクトチェックが問題にならないタスクを特別に選んだ。その結果著者たちは、技術の利用による生産性向上を、ファクトチェックに費やす時間が相殺する可能性について、結論を導くことができなかった。

この研究は、ChatGPTやグーグルのチャットボットBard、OpenAIの画像生成ツールDALL・E 2などの生成AIアプリが、AIが労働の未来をどのように変えるかについての大きな興奮と失望を引き起こしている中で行われた。マッキンゼーは、生成AIが生産性に与える効果が、年間で世界経済に2兆6000億ドル(約359兆8000億円)から4兆4000億ドル(約608兆8000億円)の価値を加える可能性があると見積もっている。OpenAIは、80%の業務が生成AIの機能をワークフローに組み込むことができると見積もっている。ハリウッドの脚本家たちが5月にストライキに突入したとき、生成AIは契約交渉の中心的な焦点となった。

研究に参加した人々はまた、フォローアップのアンケートにも答えている。ChatGPTを使用した人々は、実験後2週間に尋ねられた際、AIに対して興奮と懸念の両方を抱いていた。また、彼らは自分たちの本当の仕事でチャットボットを使用する可能性が2倍になるとも答えていた。しかし、研究後2カ月に再度調査したところ、その可能性は約20%減少していた。

それでも、著者たちはこの技術が広まるにつれてどのような大きな傾向が現れるかを予測することは難しいと述べた。ノイは「それは大きな問題になるでしょう。それが何をし、経済にどのように影響を与えるかを語るには、時期尚早だと思います」という。「それについては、私たちは根本的に不確定な状態なのです」

forbes.com 原文

翻訳=酒匂寛

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事