ビジネス

2023.07.18

生成AIは日常的なビジネスコミュニケーションの「質」も高める、MITの研究

Getty Images

先にギズモードが掲載したスターウォーズについての記事は、数々の間違いが散見され、ニュース編集室を混乱に陥れた。これは生成AIの課題を浮き彫りにし、一部の企業が複雑な文章作成を自動化する計画に対して重大な疑問を投げかけることとなった。

しかし、サイエンス誌に掲載された新たなMITの研究によれば、メールや短いレポートのような日常的なコミュニケーションについては、生成型AIは大いに役立つものであると示唆されている。ChatGPTを利用することで、これらのタスクの生産性が40%向上し、品質も18%向上する。

この研究では、論文著者であるマサチューセッツ工科大学の博士課程の学生のシャケッド・ノイとウィットニー・ジャンが、大学卒業者453人を集め、一般的な文章作成タスクを行わせている。内容は、新製品のプレスリリース作成、新しいポリシーについての社内メール、新しいトレンドについてのコンサルティングレポートなどだ。各参加者は、特定の分野でプロフェッショナルが行うであろう2つのタスク(例えば、パブリックリレーションズ関連のタスクを2つ行う)を行うように求められた。参加者は、研究者と被験者をつなぐプラットフォームであるProlific(プロリフィック)で募集され、以前に同様のタスクを行った経験がある人間が対象とされた。

1番目のタスクが終わったあと、参加者の半数にはChatGPTに登録して、2番目のタスクで使用する許可を与えられた。半数の参加者のうち80%がこのツールを使用した。文章作成課題の結果は、その分野の専門家グループにより採点された。参加者は各課題の時間も計測され、ベースとなる報酬10ドルに加えて、より良いパフォーマンスを奮起するきっかけとして、品質によるボーナス最大14ドルを得る金銭的なインセンティブが与えられた。

「初めてChatGPTを使ったとき、これは今までにない新しい突破口であることは明らかでした」とノイはフォーブスに語った。「そしてそれが労働市場に何らかの影響を与えることも明らかでした」

生産性が向上したという研究の結果は驚くべきものではないかもしれない。通常初稿には時間がかかり、ボタン1つで生成できることは強力なサポートだからだ。しかし、品質も向上したという結果は予想外のものかもしれない。ノイは、品質が向上した理由は、ChaGPTが単純なタスクに対する十分な文章を作成するのがうまいからだと述べている。
次ページ > ファクトチェックの負荷は取り込まれず

翻訳=酒匂寛

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事