Close RECOMMEND

世界が直面する課題の解決方法

Getty Images

現状を打破し、真の進歩をもたらす可能性を秘めた新たなテクノロジーが次々と誕生しています。世界経済フォーラムのアジェンダからご紹介します。


・世界経済フォーラムが発表した「新興テクノロジートップ10レポート(Top 10 Emerging Technologies Report)」の10周年記念版では、今後3年から5年の間に世界に影響を与える可能性を秘めた新技術を紹介しています。
・世界経済フォーラムとサイエンティフィック・アメリカンが招集した専門家たちは、農業、健康、宇宙に革命をもたらすとされる技術の進歩に注目しています。
・自家受精型の作物、オンデマンドでの医薬品製造、呼気診断、3Dプリンター住宅などの技術がリストアップされています。

COP26では、各国がこの10年間で温室効果ガスの排出量を削減するため、新たな野心的な目標を約束しました。この目標を達成するためには、グリーンテクノロジーの開発と拡大が不可欠です。

「グリーン」アンモニアの製造や、自ら肥料を作ることのできる遺伝子組み換え作物の研究といった、農業をより持続可能なものにする2つのテクノロジーが、今年の新興テクノロジーとして選ばれています。

新興テクノロジートップ10


病気を診断する呼気センサーから低消費電力機器のワイヤレス充電に至るまで、今年のトップテクノロジーリストには、環境、健康、インフラ、コネクティビティに関連する革新的な技術進歩が多く見られます。数多くの候補の中から、現状を打破し、真の進歩をもたらす可能性を秘めた新たなテクノロジーを、専門家が厳選しました。

2021年の新興テクノロジートップ10をご紹介します。

脱炭素化の進展


大気中の二酸化炭素が過剰になると、大気が熱を保持するようになり地球温暖化を引き起こすと科学者が提唱してから一世紀が経ち、日常生活のあらゆる面で脱炭素化を推進するための世界的な取り組みが続いています。こうした中、各国政府と産業界は、二酸化炭素の排出量を削減するため、将来にとって重要な意味を持つ約束をしました。

これらの公約を実現するためには、今後3年から5年の間に、大規模なエネルギー貯蔵、低炭素や無炭素の化学物質源、再整備された鉄道輸送、炭素隔離、低炭素農業、ゼロエミッションの自動車や電源などの新技術を、かつてないほど革新的に産業レベルまで拡大することが求められます。同時に、合意に基づくコンプライアンスを、世界規模でモニタリングしていくことも必要になります。

文=Mariette DiChristina/ Dean, College of Communication Boston University、Bernard Meyerson/ Chief Innovation Officer IBM

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ