Close RECOMMEND

I help people advocate for themselves and leverage opportunities.

Getty Images

誤解は、至るところで頻繁に生じている。人間は単純な生き物だ。複雑な事柄に対処する際に、面倒を避けて人生を簡単にしようとして、ごくわずかな情報をもとに性急な判断を下してしまう。その結果、誰かの行動の意図であれ、企業の製品についてであれ、人々は誤った結論を下してしまいがちなのだ。

しかし、誤解が生じたとしても、直ちに対処すれば、自分自身や、自分が働く企業について誤った情報が流れたり、信頼が失われたりする事態を防ぐことは可能だ。そこで、誤解が生じたときにうまく対応するための5つのスキルを紹介しよう。

1. 「心の知性」を発揮する


何かがおかしいと感じたら、その感覚をじっくり分析してみよう。たとえば、同僚や報告者と話をしているときに、ちょっとだけ腑に落ちない点があったり、「この人は何を考えているのだろうか」と自分に問いかけたりしていないだろうか。

そうした手がかりについて、敏感に気が付く必要がある。手がかりは、相手の言葉の選び方かもしれないし、その口調かもしれない。深読みしすぎるのはよくないが、何かが変だと感じたら、詳しく調べてみる価値はあるかもしれない。直感をガイドにしよう。

2. 詳しく調べる


「何かがおかしい」という違和感の正体を突き止めよう。違和感の原因や、歯車がかみ合わない理由を解明するには、詳しい調査が必要だ。

おかしいと思い始めたのはどの時点だったのか。誰かが発したひとつの単語がきっかけだったのか。会話をしていて、自分にとっては脈絡がないと思える人物名が挙げられたときか。自分の発言に対して、表情や身振りなどを使った非言語的なリアクションがあったときだろうか。

誤解されているのではないかという不安が生まれた瞬間を振り返ってみよう。場合によっては、ネットを検索して、ニュースメディアやソーシャルメディアで拡散されているであろう事柄を探す必要があるかもしれない。そうしたことに相手が感化された可能性があるからだ。

情報を収集し、前後関係を踏まえて全体的に状況を見直し、誤解の原因を突き止めよう。

3. 頭を働かせて臨機応変に対処する


注意深い調査を行って、誤解を生んだと思われる原因を把握できれば、誤解への対処法が見つかるだろう。

ときには、単刀直入に対処する必要がある。口頭や文書ではっきりと何かを伝えなくてはならないこともあるだろう。その場合は、「……について誤解があるようなのですが」と切り出し、自分の立場や見解を正確に伝えよう。

逆に、正面切って対処すべきではないときもある。そんな場合は、論点を変えたり、言葉遣いに細心の注意を払ったりしなくてはならない。

翻訳=遠藤康子/ガリレオ

PICK UP

あなたにおすすめ